【2020年春のおしゃれ靴】 春の着こなしを盛り上げる「いい靴」でおしゃれを格上げ!

上質かつ適度な“押し感”のある靴選びに定評のあるスタイリスト・戸野塚かおるさん。シンプル服でも見違える「いい靴」を誰よりも知る彼女に、この春の新作を例に、靴から始まるおしゃれについて教えていただきました。

 

スタイリスト 戸野塚かおる

スタイリスト 戸野塚かおる

とのつか かおる●スタイリスト歴30年以上という揺るぎのない経験値に基づく、大人のための洗練されたスタイリングに定評あり。本誌をはじめとする女性誌、広告などで活躍。ハイブランドの買い付けにも携わる。

 

悪目立ちさせず、品格を上げるのが靴選びの正解

「おしゃれは足もとから」とは言い古された言葉ではありますが、スタイリストを30年以上続けてきた経験からも、これはつくづく言い当てていると思います。靴は、装いの最端である脚先にあしらうもの。でもその小さなパーツを飾る靴には、その人の「人となり」がにじみ出てしまう。そう、靴はとても雄弁なのです。

男性にとっての時計や車に近い感覚でしょうか。単にハイクラスな靴を履いていれば上品かというと必ずしもそうではありません。もちろん美しい靴を履いたときの高揚感や、自信を後押ししてくれるそのスペシャル感は女性を潤わせてくれる美容液のようなもの。とても大切です。ところが、それだけに頼って、これ見よがしに靴を履いてしまったり、薄汚れていたり、サイズが合っていなかったりすると、逆に悪目立ちしてしまって、途端に残念なことに。

上質な靴をTPOに合わせながら自分のものとして美しく履きこなすことができる。それこそが真なるエレガンスなのです。そのことを、どうぞ心にとどめておいてくださいね。
この春の装いのイメージに合う靴
この春の装いのイメージに合う靴をピックアップ。新作ばかりではなく、定番を改めて見直すのもマダム戸野塚流。
〈右上から時計回りに〉「洗練ベージュは旬のスリングバックで抜群のこなれ感」。靴(7)¥112,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク) 「つま先のグリッターは、まさにネイルと同じ効果が」。靴(0)¥71,000/ジミー チュウ 「シャイニー素材でローファーのイメージを見事に刷新」。靴(2.5)\100,000/ブラミンク(ジェイエムウエストン) 「この春注目しているのが白。デザインもパーフェクト!」。靴(6)¥97,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) 「長きにわたり愛用している靴は、今春はスモーキーなブルーを」。靴(4.5)¥89,000 /ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

 

①50代におすすめ!2020春の靴トレンド最新ニュース

マダム戸野塚発!春シューズのトレンド情報をお届け。インスタでも熱いパリ発の注目靴から、芸術品のように美しいバレエシューズ、春ファッションとの合わせ方まで、知っておきたい情報をピックアップしました。

【トレンド-1】

春はパイソン柄を一足! 合わせやすさも抜群よ

セレクトショップの展示会で数多く目にしたパイソン柄。なかでも人気なのは『ジョゼフ』! パイソンはグレーからホワイトまでの色幅をもつ柄。ハードに見えてとても合わせやすいはず。

ジョゼフ パイソン
甲を深く包み込みながら、ポインテッドトゥですっきりと見える大人向けデザイン。一見パンチの効いたパイソン柄も、抜け感のあるスリングバックだから、軽やかで小じゃれた印象に。
靴(0.5)¥56,000/エクラプレミアム通販(ジョゼフ)

 

トレンド-2】

若い子ブランドにも、おしゃれのヒントが

ロックなイメージのドクターマーチン。定番タッセルローファーは、レザーの光沢感とゴツッと強めな存在感が◎。ローファーがトレンドの春、周囲と差をつけるならこれ!

ドクターマーチン・エアウエアジャパン
象徴的な黄色のステッチ、スムースレザーのアッパーにボリューミーなタッセルと厚めなラバーソール。少しやんちゃな足もとが大人の装いを活性化。
靴(3)¥22,000/ドクターマーチン・エアウエアジャパン(ドクターマーチン)

 

トレンド-3】

ハイクのコラボ靴はショーで見てひと目惚れ!

ランウェイで見て目が釘付けに。「春はレザーの白い靴を履きたい」と感化されました。実際に履くと、ショートブーツ感覚でバランスよく装いになじむのもいいんです。

ボウルズ
靴に一家言あるおしゃれ上級者にファンの多い、ビューティフルシューズとハイクのコラボレーションが生んだ一足。直線と曲線が生む美しい存在感が魅力。
靴 各(9)¥66,000/ボウルズ(ビューティフル シューズ×ハイク)

 

トレンド-4】

靴で魅せるおしゃれはやっぱりヴィクトリアがお上手

セレブリティは、靴で装いを格上げするのがとっても上手。ヴィクトリア・ベッカムはカラーパンプスで装いを味つけする天才! この大胆さも時には参考にしたいものです。

ヴィクトリア・ベッカム

 

トレンド-5】

インスタでも熱い! パリ発の注目株がこちら

ファッション関係者やモデルのインスタに続々とアップされているキュートなフラット靴は、仏ブランド“シャテル”のもの。才色兼備な一足は、春の装いのポイント使いにも有効でおすすめ。

フランスのブランド“シャテル”のキュートなフラット靴
全国各地で展開されるポップアップショップではタッセルのカラーをチョイスするなどカスタマイズが楽しめる。詳細はこちら。https://3rd-culture.com/
靴(1.4)¥37,000・タッセル¥3,000/サードカルチャー(シャテル)

 

トレンド-6】

バッグだけでなく、バレエシューズも美しい!

アライアといえば、カットレザーのバッグを想像するかたも多いのでは? でも実は靴もとってもおしゃれ。まるで芸術作品のような美しい靴の魅力も、ぜひ味わってください。

アライアの芸術的な一足! カットレザーのバレエシューズ
繊細なレザーカットを大胆に全面にあしらったバレエシューズ。上品な色み、スカラップのエッジやディテールへのこだわりも見事。
〈奥〉靴(0.5)¥116,000・〈手前〉靴(0.5)¥104,000/リシュモンジャパン アライア

 

トレンド-7】

ファンデーション色の靴は、迷ったときの救世主

イメージは素肌より2〜3トーン濃い色。ファンデーションのように素肌になじむので、色合わせがむずかしい春色のプリント柄のなじませ役に最適。うれしい脚長効果も!

脚長効果もうれしいファンデーション色の靴
〈コーディネート〉靴(0.5)¥33,000/エストネーション(チェンバー) ニット¥19,000/三喜商事(アリュード)パンツ¥65,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ネックレス¥53,000/チェルキ(ミッレ) バッグ¥216,000/トッズ・ジャパン(トッズ)
〈右から〉靴(5)¥39,000/エストネーション(ブレンタ) 靴(1)¥52,000/アマン(ぺリーコ)

 

②ハイブランドからセレクト!2020春の新作靴

「大人にとって、上質な靴はまるでジュエリーのように働きかけてくれる」と語る、スタイリスト・戸野塚かおるさん。ハイブランドから届いたばかりの新作から、春の装いを美しく飾ってくれる名品をセレクト。

1.BOTTEGA VENETA

BOTTEGA VENETA
流線的なカーブヒールと、足もとをすっきりと見せるアーモンドシェイプトゥに特徴のある「アーモンド」のシリーズ。リアルに履きこなせる機能的な美しさも人気の秘密。
〈右から〉極上の柔らかさが自慢のナッパレザーを使用。靴(7.5)¥85,000・靴(7.5)¥84,000・靴(7.5)¥127,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)

2.Saint Laurent

Saint Laurent
コバがなく優しげなデザイン、丸紐にパテント素材と、女性らしい要素で構成されたレースアップシューズ。テイラードジャケットをはおったモノトーンのデニムスタイルの足もとに加えれば、それだけでシック。
靴(3)¥75,000・ジャケット¥250,000・Tシャツ¥43,000・ピアス¥75,000・ブレスレット¥60,000・バッグ¥162,000/サンローラン クライアントサービス(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)

3.DIOR

DIOR
靴(6.5)¥115,000・パンツ¥130,000・バッグ¥520,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

4.CELINE

CELINE
伝統的なローファーの製法と構造ながら、レザーのつやめきと、細身のアッパーがスタイリッシュな印象に。手で縫いつけられたゴールドのトリオンフエンブレムが控えめなインパクトを添えて。
〈上2足〉靴 各(1.5)¥110,000・〈下〉靴(1.5)¥95,000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ バイ エディ・スリマン)

5.Hermès

Hermès
〈右上から時計回り〉トーン・オン・トーンのフリンジと、シルバーに輝く「H」はパラディウム仕上げのメタルパーツ。春から夏にかけて、足もとから装いをノーブルかつ上品な印象に。
靴(5.5)¥144,000・靴(0)¥133,000・端正なフォルムと色彩豊かなプリントのライニングのコントラストが魅力。靴 各(4)¥128,000/エルメスジャポン(エルメス)

6.VALENTINO

VALENTINO
リラクシングなムードのマリンテイストのニットに、ネイビーパンツ。ボーダーの赤を足もとにもさして、こなれ感いっぱいのトリコロールスタイルに。
靴(4)¥107,000・バッグ¥342,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)・ニット¥289,000・パンツ¥159,000(ともにヴァレンティノ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスク ピアス¥440,000・ブレスレット¥2,548,000・リング¥390,000/ポメラートブティック 銀座店(ポメラート)

 

③50代が頼れる!信頼ブランドからの厳選靴6選

「足もとこそが装いのエッセンスになる」を実践するスタイリングが人気のスタイリスト・戸野塚かおるさん。ブランドから届いたばかりの新作から、この春、大人が頼れる“It”靴を教えてもらいました。今、目をつけておくべき戸野塚かおるさんのレコメンデーションとともにお届けします。

1.Sergio Rossi

Sergio Rossi

デニム素材で鮮度もこなれ感もアップ

デニムのカジュアルな素材感と切りっぱなしにしたかのようなフリンジがとても新鮮! 女性的でエレガントなフォルムとのミスマッチ感に、思わず心奪われました。デニムならではの軽やかさもあるので、いつものスタイリングに加えるだけで一気に春を呼び込んでくれそう!

靴(7.5)¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

2.MANOLO BLAHNIK

MANOLO BLAHNIK

マニキュア感覚で履ける、大人の赤

カラーパンプスの中でも、私は特に赤が好きです。そういうと驚かれるのですが、マニキュア感覚で取り入れられるから。特にスリングバックなら、つま先にちょこっとというイメージにぴったり。光を吸い込むマットなスエードなら、よりトライしやすいと思いますよ。

靴(7)¥112,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)

3.Roger Vivier

Roger Vivier

上品さを体現した最愛ブランドの新作

愛してやまないベルヴィヴィエに、新たなるお気に入りを見つけました。スエードの洗練されたグレージュカラーと、べっ甲の柔らかい雰囲気が絶妙です。存在感は控えめで決して強くないのですが、女性らしさがそこはかとなく匂いたつたたずまいに。これぞノーブル!

靴(4.5)¥103,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

4.TOD’S

TOD’S

匠の技が光るエレガントな一足

この靴の魅力は、女性の美しさを上品に引き立ててくれるところです。張り出したコバにあしらわれた白いステッチが上品なアクセントになっていて、旬のスリングバックのデザインとカーブの効いたヒールもポイントに。媚(こ)びることのない知的な女性像が重なります。

靴(3.5)¥89,000/トッズ・ジャパン(トッズ)

5.RENE CAOVILLA

RENE CAOVILLA

控えめながら、やっぱりゴージャス!

レッドカーペットを歩く女優をはじめ、セレブリティにファンの多いレネカオヴィラ。まるでアートピースのような美しい靴をつくるこのブランドで、フラット靴を発見! パテントの上品なベージュにベビーパールが配された一足は、まるでジュエリーのようで思わずうっとり。

靴(2)¥100,000/GMT(レネカオヴィラ)

6.JIMMY CHOO

JIMMY CHOO

フラットでもセクシーな黒パンプス

黒のパンプスだと一気に無難になってしまうのですが、メッシュとレザーのコンビネーションの黒はとってもシック。シアーなストッキングをはくように少しだけセクシーな要素も。アシンメトリーなフロントデザインもエッジーで、履いたときの美しさはひときわ。

靴(0)¥72,000/ジミー チュウ

 

④靴でこんなに変化する!コーデ実例集

黒のトレンチに白のTシャツとタイトスカートのごくシンプルな薄味コーデを、スタイリスト・戸野塚かおるさん流の靴チョイスでイメージチェンジ! コーデをぐっと洗練見えさせる、足もとのエッセンスをきかせ方をご紹介。

足もと=靴は、個性が宿るパーツ! 全身の印象は靴で簡単に変えられます

ベースとってもシンプルなコーディネート。わかりやすく説明するために、引き算しながら、うんと「薄味」にスタイリングしました。この可もなく不可もない普通の装いにポイントのあるスパイシーな靴を投入するだけで、全身の印象がまったく別のものになるんです。“ちょっと違うな”とうならせることができるのも「どんな靴を合わせたか」によるということを、ぜひ知ってもらいたいと思います。選んだ靴は三者三様。上質なフレッシュカラーのフラットパンプス、つややかなプレーンローファー、そして女性らしいコンビネーションのフラットタイプのスリングバックシューズです。足もとの靴が異なるだけで、同じコーデなのに印象が見事に変わります。さらにいうなら、装う人のキャラクターまでも、まったく別のものになる気がしませんか? そう。これこそが靴の威力。どんな靴を選んで履いているかに、その人の人となりや品格がしっかりと映し出されるのです。

ベースのコーデ

ベースのコーデ
コート¥159,000・スカート¥57,000(ともにピアッツァ センピオーネ)・Tシャツ¥12,000(アリュード)/以上三喜商事 ネックレス¥830,000/アルテミス・ジョイエリ バッグ¥240,000/マルベリージャパン(マルベリー)

+上質なカラーシューズ

カラーシューズ
春にみずみずしい色を取り入れれば、それだけで人の目には心地よく映ります。フラットシューズならではのカジュアル感、そして、光を吸い込むスエードのマットな素材感のおかげで、イエローでも決して悪目立ちしません。装いが一気に明るくフレッシュに。
カラーシューズ組合せ
靴(0.5)¥79,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) その他/上と同じ

+ツヤのあるローファー

ツヤのあるローファー
トレンチコートとローファーという王道アイテムのかけ合わせですが、ガンメタのつやめくパテントがスペシャル感を加えてくれるんです。幼さもなく、決して“守り”にはならないローファー。だから知的でありながら、とってもシック。装いをぐんと洗練させてくれます。
ローファー組合せ
靴(2)¥89,000/トッズ・ジャパン(トッズ) その他/上と同じ

+女らしいコンビネーション

女らしいコンビネーション
シアーなマテリアル、エッジーな配色、そしてクリーンな白の存在感。後ろ姿まで美しいスリングバックシューズは、コーディネートの鮮度さえも上げてくれるパワーのある存在感が魅力的。薄味コーデをここまで上品かつ女性らしい印象に仕上げてくれるんです!
コンビネーション組合せ
靴(1.5)¥85,000/ドゥロワー 六本木店(セルジオ ロッシ) その他/上と同じ
撮影/佐藤 彩 スタイリスト/戸野塚かおる 取材・原文/松井陽子 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測したヒールの高さで、単位は㎝です。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。 ※エクラ2020年3月号掲載

What's New

Feature
Ranking