スタイリストが指南!この春の「主役級パンツ」選びはカラーがカギに

今春のファッションは、スカートやパンツといったボトムが主役の傾向に! スカートとパンツ、それぞれの選び方に定評のある人気スタイリストが、大人が失敗しないボトムの選び方を伝授。「パンツ」の師匠として、スタイリスト・室井由美子さんが、春のパンツ選びのコツをご紹介します。

教えてくれたのは…

スタイリスト 室井由美子さん

スタイリスト 室井由美子さん

『eclat』や『BAILA』『Marisol』などの女性誌やウェブマガジンなど、幅広い年齢層の女性から厚い支持を集める。教員免許をもつ異色のキャリアと温和な人柄で、各ブランドのカタログやコラボレーションなどにも引っぱりだこ。

パンツの色を変えるだけで今どきに!

下の2つの着こなしは、パンツだけが異なるもの。「つい選んでしまいがちな黒のパンツ。スタイリッシュでもちろん素敵ですが、安心感のある、やや無難な着こなしに。これをベージュに近い、ふんわりと柔らかいイエローのパンツにシフトするだけで、同じ着こなしとは思えないほど明るく華やかになります。さらにクラス感もプラスされ、着る人のキャラクターもイメージアップされるんです」(室井さん)。

《Before》

黒のパンツコーデのゆうき

《After》

マイルドなイエローパンツコーデのゆうき

マイルドなイエローで洒脱さもクラス感もアップ!

「シンプルスタイルに旬の空気感を呼び込んでくれる、柔らかな色みのイエロー。デイリーからちょっとしたお出かけの日まで対応してくれます」。

パンツ¥54,000/クリフ(フミカ_ウチダ) ニット¥21,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) ピアス¥36,000・バングル¥85,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ストール¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(アソース メレ) バッグ¥82,000・靴¥76,000/ジミー チュウ ※上のパンツ/スタイリスト私物

 

スタイリスト 室井由美子さん's アドバイス

この春のパンツは、ズバリ「色」選びがカギに! “カラーパンツ”というとハードルが高そうですが、実はそうでもないんですよ。私もこれまで定番色に頼りっきりでしたが、リース中に気になっていたピンクのパンツに初挑戦。意外なほどのフェミニンさに気持ちも上がりますし、思い込みから一歩前進できたことは、大きな気分転換にもなりました。

カラーパンツのいいところは、トップスとの色の合わせ方が決してむずかしくないこと。この春は、はき慣れた定番色を少しだけズラした“進化系ベーシックカラー”ともいえる色みが出ていて、なじみのある配色でも、装いの鮮度は格段に上がります。鮮やかの一歩手前のようなきれいな色みのものも、白を感じさせるホイップ感がやわらげてくれ、マイルドでぐっと取り入れやすくなっています。

パンツのシルエットは、着慣れたものを選べばいいんです。気になっているパーツを美しくカバーできる安心の形、例えばクロップト丈のテーパードや、ストレートシルエットのものならしっくりなじみますよね。もうひとつのポイントは、素材感。ストレッチが入ったもの、落ち感のあるとろみ素材など、ていねいに試着を重ねて、自信をもってはける美脚パンツを吟味することには、どうか手を抜かないでくださいね。そうやって試着を重ねるうちに、自分に合う色にも出会えると思います。ぱっと見たままの色みと、実際にはいてみるのとでは、印象が全然違うことも実感していただけるのではないでしょうか。

顔から離れたボトムなら、新しい色みにもトライしやすいと思います。この春はカラーパンツから元気をもらいましょう!
  • スタイリストが伝授!「3タイプの華やぎスカート」で大人の装いをランクアップ

    今春のファッションの顕著な傾向が、スカートやパンツといったボトムにパワーがあふれていること。スカートとパンツ、それぞれの選び方に定評のある人気スタリストが、大人が失敗しないボトムの選び方を伝授。まずは「スカート」の先生として、スタイリスト・徳原文子さんが注目の“スカート3タイプ”をお教えします。

What's New

Feature
Ranking