今から始められる!アラフィーのスポーツ選び5つのポイント

日本列島がスポーツムードにざわつく中、「久しぶりに運動したい」「新しいスポーツをやってみたい!」と思う人も多いのでは。運動の専門家がアラフィーにおすすめのスポーツを解説!
教えてくれた人
須永美歌子先生(日本体育大学教授)

須永美歌子先生(日本体育大学教授)

女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの研究・開発に取り組む。日本オリンピック委員会強化スタッフとしても活動。著書に『女性アスリートの教科書』がある。

1分間の心拍数120を目安に体力に合ったスポーツを選んで

オリンピック効果もあり、「新しいスポーツをやってみたい」というアラフィー女性が増えている。ただし、仕事や子育てが忙しく「本格的な運動は久しぶり」という人の場合、始めるにあたって注意が必要だ。

「同年代の友人が楽しんでいるスポーツなら私もやってみたい、と思うかもしれません。でも50歳前後になると体力や身体能力の個人差が大きくなるので、健康効果を高め楽しみながらスポーツを続けるには、自分の体をよく知って選ぶ必要があります」

ひとつの目安になるのが心拍数。

「リラックスした状態で測った心拍数と運動後の最大心拍数を比べて、増加率50〜60%くらいが理想です。読者世代の場合、1分間の心拍数が120前後に上がる強度を目安にしましょう。心拍数が高くなると血管内で“ずり応力”が生まれて血流が改善、また脂肪を燃焼する効果も期待できます」

体を動かすことが心や脳に与えるプラスの働きも見逃せない!

「運動すると脳内にβエンドルフィンが分泌されて爽快感が生まれ、前向きな気持ちになれます。また、ゲーム性を楽しみながらできるスポーツは脳のトレーニングになり、認知症の予防にもつながります」

アラフィーの「スポーツ選び」、5つのポイント!

アラフィーの「スポーツ選び」5つのポイント

1. “がんばる”よりも“楽しい”と感じるもの

スポ根物語に親しんで育ったエクラ世代は、スポーツというと気合を過剰に入れがち。「体を動かすと心が前向きになって毎日が楽しい!」くらいの軽やかな気持ちで取り組もう。

2. 心拍数が120程度の運動強度のもの

息がゼーゼーするような高強度の運動はアラフィーには不向き。運動後の心拍数が1分間に120程度の激しすぎないスポーツでも、健康&ダイエット効果を十分期待できる。


3. 無理なく続けられるもの

健康効果を保つためには週3日のペースで体を動かすのが理想……、とはいえ、忙しいエクラ世代。週1日でもむだではなく、効果は維持できるので、“無理なく長く続ける”を目標に。

4. 人との競争を意識せずできるもの

一番でなきゃダメ!? いやいや、誰かと競い合うより自分の心&体と向き合い、自身に課したテーマをクリアするのが、エクラ世代の正しいスポーツのあり方と心得て。

5. 頭も使うゲーム性の高いもの

パワーや持久力など身体能力の高さを中心に競うスポーツより、できるだけゲーム性や戦略性があるものを選ぼう。脳トレや集中力アップの効果が期待できる。

  • 一日たったの4分で脂肪を燃やす「HIIT(ヒット)」の正しいやり方

    ダイエットがなかなか続かない、すぐに痩せないとあきらめがち。そんなエクラ世代にこそおすすめしたい、1回4分で体脂肪を燃やすと話題のダイエット「HIIT(ヒット)」。必ず効果を出すための正しいやり方を、パーソナルトレーニングジム「pml」代表の瀧井真一郎さんが伝授。

What's New

Feature
Ranking