<有元くるみさんレシピ>高知の食材を使った「長太郎貝のパエリア」【有元葉子、美味しいものは高知にあり】

「高知はとにかく新鮮で美味しい食材がいっぱい!」。ホタテの仲間のカラフルな貝と高知野菜をたっぷり使った「長太郎貝のパエリア」のレシピを、有元葉子さんの次女・くるみさんがレクチャー。

有元くるみ’s Recipe

「長太郎貝のパエリア」

「長太郎貝のパエリア」
「海や川の幸に恵まれた高知では、東京あたりでは見かけないものもたくさんあります。長太郎貝は小さなホタテのようでおいしく、オレンジや紫色の貝殻の色も魅力。殻ごとパエリアにすれば、豪華なごちそうに。ちなみににんにくはうちの畑でつくった自家製、野菜たちも全部高知産です」

ホタテの仲間のカラフルな貝と、地元野菜たっぷりで by 有元くるみ

《この食材で!》

長太郎貝のパエリアの材料
地元で長太郎貝の呼び名で親しまれているのは、ホタテの一種であるヒオウギ貝。「もちろんホタテやアサリなどで代用しても」。高知県宇佐の西村水産という貝専門店で購入。

●2〜3人分

長太郎貝……6個

なす(8mm厚切りを焼いておく)……1本分

赤ピーマン(厚めの輪切り)……2個分

スナップえんどう(さっとゆでておく)……適量

イタリアンパセリ(粗みじん切り)……適量

米……2合

白ワイン……1/2カップ

スープストック……300ml

オリーブオイル……適量

にんにく(薄くスライス)……1片分

塩、こしょう……各適量

玉ねぎ入りトマトソース……1カップ

パプリカパウダー……適量

作り方

1.米は研ぎ、水気をきっておく。

2.蓋つきの厚手の鍋に、にんにくとオリーブオイルを入れて弱火にかける。にんにくが焦げないように注意して。

3.にんにくのよい香りがしたら、1の米を加えて混ぜる。中火にして白ワイン、スープストック、塩、こしょうを加えてさっと混ぜたあと、トマトソースを加えて蓋をする。

4.蓋のすき間から少し蒸気が上がってきたら弱火にして、長太郎貝、赤ピーマンを並べて蓋をする。

5.米が軟らかくなるまでときどき様子を見る。炊き上がり近くなったら焼いたなす、ゆでておいたスナップえんどうを加えて仕上げる。イタリアンパセリ、パプリカパウダーをふってできあがり。

“春・夏編”発売決定!

人気連載「この2皿さえあれば。」をまとめた単行本が大好評につき、春・夏編の発売が決定! 5月26日発売予定。必見の一冊。

有元葉子「この2皿さえあれば。」 私が食べたい季節の味

「この2皿さえあれば。」

私が食べたい季節の味

有元葉子

What's New

Feature
Ranking
Instagram