【ビューティフル メノポーズ】2.髪は命(前編)… 頭皮環境を整えて美髪を育てる

更年期を美しく生きる。第2回は、年齢髪の対処術(前編)。ダメージに効果的なケアと商品をご紹介します。

春爛漫です

こんにちは。とげまる子です。

エクラブログ初投稿から、少しご無沙汰してしまいました。
ごめんなさい。

早いもので四月も終わりに近づき、首都圏では桜もすっかり新緑の装いです。
吹く風にも草木の香が混じる時節となりました。

春爛漫です。

この間、三男の卒業と入学がありました。
大切な方の葬儀と、遠方での法事もありました。
嬉しいことと悲しいことがいっぺんにやってきて、無為に心急く日々でした。

それもどうにか落ち着いて、こうしてPCに向かう日常が戻ってきたところです。

あくまでマイペースにのんびりとですが、また更新していこうと思います。

改めてどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

【ビューティフル メノポーズ】髪のトラブル編(前編)

 
女性の40代~50代は、閉経に伴う卵巣機能の低下により、女性ホルモン(エストロゲン)が著しく減少する更年期世代です。

病気じゃないのに何となくだるい、あちこち痛い、気分が滅入る・・・
女性ホルモンの減少と共に多発する不調、更年期障害に、私もここ数年悩まされてきました。

でも、悲観したり諦めたりはしたくありません。

胸に掲げたモチベーションは「ビューティフル メノポーズ」。
年齢を重ねた美を原点に、変化する自らの心身と正面から向き合って、颯爽と今を乗り切りたいと思っています。

更年期は十人十色、私のケースが万人に通用するわけではないと思いますが、現在進行形で悩んでいる人にとってのささやかなヒントになれば幸いです。


髪を梳く女性
 
「ビューティフル メノポーズ」2回目の今回は、年齢髪のトラブル対処術です。

更年期世代の見た目や印象を大きく左右する変化の一つは「乾燥」です。

エストロゲンには身体の水分量を保持する働きがあり、減少と共に、肌や髪、瞳のうるおい不足を自覚するようになります。

私の場合、幸い肌に大きなトラブルは出ていません。
が、第1回で取り上げたドライアイと共に、髪にも乾燥からくるダメージ変化を感じていました。

具体的な症状としては、「髪のパサつき」「ハリ・ツヤ・コシ不足」です。

私は夜、洗髪した後、ドライヤーで乾かし軽くセットしてから休みます。
翌朝しっとりまとまっていた髪が、最近どうも寝癖が酷いような・・・と気付いたのが3年前。

そう言えば直毛なのに変なうねりが出る、静電気で広がったり逆立ったりもする、と次々思い当たり、美容師さんに相談したところ、開口一番、「ああ、典型的な年齢髪サインですね」

年齢髪サイン??

聞けば、更年期世代に突然現れるものらしい(実際は徐々に変化しているのですが、ある日気付いて慌てる人が多いそう)です。

それは大変と、取り急ぎトリートメントを所望した私に、美容師さん、まさかの「この状態じゃ意味ないですよ」発言。

ええっ?!

「トリートメントは良い状態を維持するため髪表面をシリコンコーティングして護るもので、傷んだ髪に施しても期待する効果の半分も得られません。お金と時間の無駄です」
・・・
打ちひしがれる私に、「そもそも、髪は死滅した細胞なんですから」と美容師さん。

毛髪は毛根(髪の地肌の中にある部分)の奥の毛乳頭で作り出され、作られる端から毛先側へ押し出される形で伸びていきます。
これが髪の生成メカニズム。
この押し出された瞬間に、毛髪は既に細胞として死滅した状態なのだそうです。

肌や粘膜には水分保持機能がありますが、髪は死滅細胞なので生産的働きは一切行いません。
それゆえ、一度酷く傷んでしまうと修復はとてもとても難しいのだそうです。

それよりも、髪の生成メカニズムに直接働きかけ、良い髪を育てることを第一に考えるべき。

そのためには、頭皮を清潔に保ち、毛乳頭に血液から栄養をたっぷりと送ることです。

具体的方法としては、刺激が少なく育毛効果の高いシャンプーで毛穴から皮脂を取り除き、頭皮の血行を促進するマッサージを行って、頭皮を内部の毛根から鍛えます。

「傷んだ髪にお金をかけても意味が無いんです。いっそバッサリ切りましょう!」

逆転の発想でしたが、すとんと腑に落ちました。
まさに目から鱗でした。

勧められるがまま髪を25㎝カットして、月1回のヘッドスパと、同時進行でホームケアも始めることに・・・
ロクシタン「ファイブハーブス リペアリングシャンプー&コンディショナー」
ホームケアといっても、行うのは洗髪と頭皮マッサージのみ。
美容師さんからの注意事項もたった一つ、「毎日やってね」だけでした。

そもそも毎日の洗髪なら当然のことだし、何だか想定外に敷居が低いような。笑

と思ったら、実は、髪を育てる上で一番大切になるのがそのシャンプーだ!というのです。

血行を促進する頭皮マッサージは確かに有効です。
が、その頭皮が皮脂で汚れ毛穴が詰まっていては、毛乳頭の働きは鈍り、うまく髪を生成できなくなってしまいます。

頭皮が清潔であれば、頭皮環境はおのずと育毛寄りに整ってくれる、というわけですね。

そんな大切なシャンプー、私は髪への優しさにこだわって選んでいます。
 
ロクシタン「ファイブハーブス リペアリングシャンプー&コンディショナー」
ロクシタン「ファイブハーブス リペアリングシャンプー」(500ml 4,180円) 「ファイブハーブス リペアリングコンディショナー」(500ml 4,840円)
 
ロクシタン「ファイブハーブス リペアリングシャンプー&コンディショナー」。

リペアを謳っているだけあって、髪と頭皮に効く5種類のハーブ(アンジェリカ、イランイラン、ゼラニウム、スウィートオレンジ、ラベンダー)を配合しています。

洗い上りはさっぱりと軽く、手触りはサラサラ。
ブラックオーツエキスとレシチンのダメージ補修成分の働きで、ドライヤーで乾かすとツヤが出て、次第に毛先までしっとりとしてきます。

効果もとびきり優秀ですが、何より気に入っているのが、エッセンシャルオイルから抽出したというその素晴らしく良い香り。
毎日使うものだから、気分が上がる好きな香りは私にとって重要なファクターです。

人気の高いシャンプーですが、人によっては「泡立ちにくい」と感じることがあるようです。
「二度洗い必須」とのレビューも読んだことがあります。
必要な皮脂まで落とさないため、洗浄力を調整して低刺激に作られているからなのかな?

個人差はあるかと思いますが、使ううちに髪質に馴染むものなのか、愛用して3年の私は泡立ちで不満に思うことはありません。

が、確かに使い始めの頃は、泡立ちにくさを感じることもあった気がします。
そんな時は、二度洗いをしなくても、シャンプー前に髪をお湯ですすぎ、汚れをさっと流しておくと良くなるようです。
ちょっと一手間ですが、目に見えて泡立ちが違ってくるので、困ったらぜひお試し下さい。

それでも、やはりシャンプーは泡立つ方が良い!という人には、こちらをおすすめします。
スギ薬局のハウスブランド「エスセレクト」の「ダメージケアシャンプー」。

美容系コラムニストの友人が「安いのに良いもの見つけた!」と教えてくれた商品です。

半信半疑で使ってみたら、これが本当に優れモノでした!
 
エスセレクト「ダメージケアシャンプー」
エスセレクト「ダメージケアシャンプー」(詰め替え用1000ml オープン価格)
 
良質な原材料で作られた、髪と地肌に優しい弱酸性シャンプーです。

洗浄力に優れ、もっちりきめ細かな泡がたっぷり立つのに泡切れも素早く、地肌の汚れをすっきりさっぱり気持ち良く洗い流してくれます。

刺激が少ないマイルド系の界面活性剤と洗浄成分に、アルガンオイルやツバキ種子油、ヒアルロン酸、アミノ酸、シルクプロテインといった良質な高保湿成分が配合されており、洗っている最中からずっと嬉しいしっとり感が続きます。

さらには、細胞を活性化させる働きがあり、医薬品にも使われるプロビタミンB5をダメージケア成分として配合。

プロビタミンB5の別名は「パンテノール」です。
・・・何やら聞いたことがある名前だと思いませんか?
そう、あのCMでお馴染みの有名なシャンプーに配合されているものと同じ、安全で有効性の高い成分がこちらにも配合されているんです。

それでいて同等品の3分の一以下というお値頃設定は、ハウスブランドならでは。
使い心地の良さ、効果の確かさと共に、コスパの良さも大きな魅力のシャンプーです。

香りに関しては、フローラルとのことですがやや控えめなので、コンディショナーでお気に入りの香りを楽しむという使い方をすると良いのかなと思います。
 
エスセレクト「ダメージケアシャンプー」
 
自分に合ったシャンプーを見つけて、頭皮環境を清潔に整えたら、いよいよ次は、マッサージやアウトバストリートメントといったスペシャルケア!

【ビューティフル メノポーズ】髪のトラブル編(後編)に続きます。



注:あくまでとげまる子個人の経験に基づく内容です。
同じ効果をお約束するものではありません。
実践する場合は、個人の責任において行って下さい。
 
とげまる子

とげまる子

埼玉県在住。画家。家族は夫と息子3人。趣味は音楽(スピッツ最愛です)、野球観戦(ホークス命です)、料理(作るのも食べるのも)。心身のアンチエイジングを大切に、ゆっくりと丁寧な暮らしを心がけています。

Instagram:yukiko_ohchi

What's New

Feature
Ranking