"ちょっと濃いめ"が旬! ショコラ&ベリーの秋色ファッション 五選

2017年10月1日
軽くて鮮やかな春夏のカラートレンドから一転、秋冬はシックで深みのある、濃密な色が話題に。10月初めに秋らしいムードを盛り上げる、こっくり上品なショコラブラウンと、大人の可愛げを引き出すベリーピンクの取り入れ方をご紹介!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.深みのあるブラウンニットと素肌
の対比が女らしさをきわだたせる
"ショコラレディ"という言葉がぴったりハマる、こっくりとした深みのあるブラウンのシャギーニットが主役。カジュアルになりがちな今どき感のあるルーズなシルエットだから、トラッドな千鳥格子柄のセンタープレスパンツや、クラシカルさのあるスクエアバッグと合わせて、レディライクな着こなしに仕上げて。

ニット¥65,000/アパルトモン 青山店(ローレン マヌージアン) パンツ¥23,000/プレインピープル青山(プレインピープル) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥105,000/ロンハーマン(マノロ ブラニク)
2.本格的な寒さ直前まで満喫したい
アウター感覚のブークレニット
体をゆったりと包み込む、ローブ感覚のロングカーディガン。ショコラブラウンにコーデュロイパンツのネイビーの組み合わせが抜群に今らしい配色。

ロングカーディガン¥76,000/アパルトモン 青山店(ローレン マヌージアン) シャツ¥23,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥28,000/サザビーリーグ(マザー) ソックス¥3,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) 靴¥47,000/アングローバルショップ 表参道(チエ)
3.定番アイテムを見違えさせる
華やかな色みのレイヤード
トラッドなスタイルとも相性のいいベリーピンク。着こなしがマンネリ化しがちなトレンチやステンカラーコートからちらりとのぞかせて、去年とは違った見え方に。ハイゲージのタートルなら甘さ控えめで、やや明るめのピンクでも取り入れやすい。カシミヤ素材で着心地も抜群。

ニット¥29,000/エリオポール銀座(エリオポール) コート¥110,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) パンツ¥26,000/エージー ジャパン(エージー) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
4.柔らかさと強さのミックス感。
そのバランスが大人の女性の理想
ふわふわモヘアのベリーピンクのニットは、スカートと合わせると甘くなりすぎてしまうので、ハンサムなシガレットパンツで辛口に仕上げて。小物をブラックで統一すれば、意思のある女性像に近づける。

ニット¥33,000/ロンハーマン(ロンハーマン) パンツ¥31,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(インコテックス) バングル¥19,0
00/アパルトモン 青山店(メゾン ボワネ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 
5.クラシカルだけど現代的。
色のパワーを存分に満喫したい
一歩先行くカラー上級者は、ジャッキースタイルを彷彿とさせるベリーピンクのワイドパンツで大胆に取り入れてみては。一見むずかしそうでありながら、落ち着いたトーンの色みは、グレーなどのベーシックカラーと相性がよく、顔から離れているので派手になりすぎないのもいい。

パンツ¥98,000/ザ シークレットクロゼット神宮前(シクラス) ニット¥41,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(アンドドーター) バッグ¥264,815/ゴヤール ジャパン(ゴヤール)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング