50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…

男性と女性では、脳のつくりが違うのだそう。長くつきあっていると考え方が少しずつ似てくるような気もするけれど、ふとした時に、たしかに男女の間には深い深い溝があることを思い知らされる。でも、だからこそおもしろかったり、夫や恋人がかわいらしく見えたり。そんな男たちの生態について、Jマダムのみなさんに改めて聞いてみた。
50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…_1_1
「女ゴコロがわかってないな、と思う瞬間」については、「いつまでたっても気がつかない……」(S・53歳)という声が多数。「美容院に行ってきても気づいてくれない……」(M・50歳)、「誕生日などの記念日は出張先からでも、サプライズでお花を贈ってくれるとか、そういったこともなかなかない…」(C・49歳)。「スキンシップをしようと思って夫の首に手を回したら、彼は手に持っていた棒つきのアイスクリームを私の口に突っ込んできた」(K・47歳)。ひょっとして照れてる? それとも、女ゴコロがわからないフリをして実はこちらを焦らしてる? んー、わかりにくい。
50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…_1_2
続いて、「夫(恋人)あるある」を聞いてみた。多かったのは「ちょっと熱が出ただけなのに『いつもと違う。重病かもしれない』と大騒ぎ(笑)、心配してくれているのはうれしいけど」(R・49歳)。それなのに「私が風邪を引いてご飯が作れないと言うと、『じゃあ、外に食べに行ってくる』。おかゆでいいから作って」(T・53歳)。以下、「あるある」続きます。「趣味がどんどん増えて、私より物持ち」(N・52歳)、「携帯電話でも家電でも、新製品が出るとすぐに買い換える」(E・48歳)……若い頃より経済的に余裕ができたから? 「家の中の片づけより、外の掃除や草刈りをする。だから、近所の人によれば『よくできたご主人』。だったら、自分の部屋を早く片づけて!」(H・55歳)、「何組かの夫婦で出かけると、いつも気が利かない夫が、ほかの奥さんたちの世話をやく。『やさしくて、気が利くご主人ね』と言われるのがうれしいらしい」(F・53歳)……男って、基本”ええかっこしい”? 

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング