50代女性のホンネ:私の”女の磨き方”

2017年11月11日
”美魔女”や”女子力”といった言葉は今ひとつしっくりこないけれど、「いつまでも若々しく、キレイでいたい!」というのは本当のところ。そんなエクラ世代ならではの、大人の女の磨き方。Jマダムたちはどうやって自分をぴかぴかにしている?
「年齢を重ねるほど、見た目もきっちりキレイにしていなければ。女を磨くというよりは、自分への警告というか」(MC・49歳)。ちなみにMCさんの心がけとしては「楽だから、という理由でファッションを決めない。楽ちんというだけでローヒール、ウエストゴムのパンツを選ぶのは厳禁」。見習わなければ。ヒールの高いパンプスを履くという声は多く「7センチ以上」(UH・49歳)と自らに課している人も。「ヒールが高いと姿勢や歩き方が崩れがちだけど、そこをなんとかキープしようと頑張る。30代の頃より背筋が鍛えられ足首もキュッとしてきたような」(YY・50歳)。ジムに行かなくても、おしゃれして歩くだけでボディラインが引き締まるなんて!ほかに、「電車では座らない」(KO・49歳)、「椅子には(ソファでも)浅くかける」(YS・51歳)……重力に打ち勝つには、こうした地道な努力が大切なのだ。
磨くパーツもエクラ世代ならでは。肌や髪の手入れを入念に、というのはほぼ全員だったが、中でも「手」がトップ。「手は生活感がいちばん出やすい場所。保湿を欠かさない+ネイルで仕上げ。とっても信頼しているネイリストさんにおまかせしています」(KK・47歳)、「50歳になってからネイルのおしゃれを始めたのですが……ここだけの話、同窓会でほかの人たちに差をつけることができたみたい!」(GY・53歳)。やはり、「美は細部に宿る」のです。
ほぼ全員が、と言えば「内面磨き」。「いろいろな人との関わりを持ち、世間知らずな主婦にならぬように心がけているつもりですが……」(HK・52歳)、「新聞2紙を毎日読み、本を週に1冊。これでホントに教養が身につくのか、単に小うるさいオバサンになっただけかもしれませんが(笑)」(KM・48歳)。いやいや、自分でそう思っているなら大丈夫。ほかに「家の中でも外でも、美しい日本語を使うようにしている。すると相手もきれいな言葉になってお互いに笑顔に、心穏やかに」(NM・51歳)。笑顔は女性ホルモンの分泌を促すと言われているから、これはいい心がけかも!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング