50代女性のホンネ:私の”女の磨き方”

2017年11月11日
”美魔女”や”女子力”といった言葉は今ひとつしっくりこないけれど、「いつまでも若々しく、キレイでいたい!」というのは本当のところ。そんなエクラ世代ならではの、大人の女の磨き方。Jマダムたちはどうやって自分をぴかぴかにしている?
「年齢を重ねるほど、見た目もきっちりキレイにしていなければ。女を磨くというよりは、自分への警告というか」(MC・49歳)。ちなみにMCさんの心がけとしては「楽だから、という理由でファッションを決めない。楽ちんというだけでローヒール、ウエストゴムのパンツを選ぶのは厳禁」。見習わなければ。ヒールの高いパンプスを履くという声は多く「7センチ以上」(UH・49歳)と自らに課している人も。「ヒールが高いと姿勢や歩き方が崩れがちだけど、そこをなんとかキープしようと頑張る。30代の頃より背筋が鍛えられ足首もキュッとしてきたような」(YY・50歳)。ジムに行かなくても、おしゃれして歩くだけでボディラインが引き締まるなんて!ほかに、「電車では座らない」(KO・49歳)、「椅子には(ソファでも)浅くかける」(YS・51歳)……重力に打ち勝つには、こうした地道な努力が大切なのだ。
磨くパーツもエクラ世代ならでは。肌や髪の手入れを入念に、というのはほぼ全員だったが、中でも「手」がトップ。「手は生活感がいちばん出やすい場所。保湿を欠かさない+ネイルで仕上げ。とっても信頼しているネイリストさんにおまかせしています」(KK・47歳)、「50歳になってからネイルのおしゃれを始めたのですが……ここだけの話、同窓会でほかの人たちに差をつけることができたみたい!」(GY・53歳)。やはり、「美は細部に宿る」のです。
ほぼ全員が、と言えば「内面磨き」。「いろいろな人との関わりを持ち、世間知らずな主婦にならぬように心がけているつもりですが……」(HK・52歳)、「新聞2紙を毎日読み、本を週に1冊。これでホントに教養が身につくのか、単に小うるさいオバサンになっただけかもしれませんが(笑)」(KM・48歳)。いやいや、自分でそう思っているなら大丈夫。ほかに「家の中でも外でも、美しい日本語を使うようにしている。すると相手もきれいな言葉になってお互いに笑顔に、心穏やかに」(NM・51歳)。笑顔は女性ホルモンの分泌を促すと言われているから、これはいい心がけかも!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:アンチエイジング対策、どうしてる? 美容編①

    ナチュラルに歳を重ねていきたいとは思うものの、現実には、東に「シミが薄くなる方法がある」と聞けば行き、西に「5歳若く見える方法がある」と聞けば転びながらも走っていく……。そこでJマダムのみなさんに聞いてみた。「アンチエイジング対策、どうしてる?」多くの情報が寄せられたので、まずは「美容編、その①」を。

    裏エクラ

    2018年5月12日

  • アラフィー女性のホンネ:ナイショの買い物がバレた、その時

    ドキドキして、日常生活のスパイスともなっている(?)ナイショ買い。けれど、夫やパートナーにまったく気づかれない、あるいは無反応でもつまらないもの。ナイショ買いがバレた時、はたしてJマダムたちの家の中では何が起きたのでしょう……。

    裏エクラ

    2018年4月28日

  • 50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?

    洋服、バッグ、ジュエリー……買い物って、なんて心が踊るものなのだろう。それがナイショで買ったものなら、なお一層、ドキドキするもの。Jマダムのみなみなさまの、”ナイショ買い”事情を探ってみた。

    裏エクラ

    2018年4月14日

  • 50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・失敗編

    「成功の裏には失敗あり」。ダイエットに成功したJマダムたちに、失敗談を寄せてもらった。思わず涙してしまうものからクスッと笑ってしまうものまで、いろいろ。それで尽きない美への探究心、ダイエットは永遠に続くのだ。

    裏エクラ

    2018年3月24日

  • 50代女性のホンネ:ああ、涙のダイエット・成功編

    3月に入り、寒さも少しゆるんできた今日この頃。街に春の服が並び始め、急にウエストまわりやフェイスラインが急に気になり出した人も多いはず。そこで、今回のテーマは「ダイエット」。まずは、成功編からまいりましょう。

    裏エクラ

    2018年3月10日

FEATURE
ランキング