ベトナム料理は本場で満喫、ホーチミン2泊3日食べ歩き!day1

2017年12月13日
野菜がたくさんいただける、と、流行りのベトナム料理。3年ぶりのホーチミンで、食いしん坊ライターKが、ハーブたっぷり、フルーツもたっぷりの本場ならではのグルメに舌鼓!深夜便で羽田から飛べば、早朝到着。帰りも深夜便早朝着なので、2泊でもじゅうぶん楽しめます!
 大久保、新宿、江古田や代々木公園のベトナム料理店に足繁く通っているのですが、そろそろ本場でハーブ三昧したくなり、3年ぶりのホーチミンへ。空港から近いホーチミンの中心街、ドンコイ通りのホテルに荷物を預けたら、まずは大好物の市場に向かいます。オーダーメイドできる仕立屋さん「マングローブ」(同じ通りの新店舗に移転していました)に持ち込む布を探しに、タンディン市場までタクシーで。麻布を見つけるとともに、欲しかった花の形のココナッツゼリーの型や、ライスペーパーを湿らせる網などキッチン雑貨も買い込み大満喫。
 
 朝食は、すぐ近くの「フォーホアパスター」のフォー。ライムもハーブもどっさりテーブルに用意されていて、さっぱりおいしい!!!「毎日来たい」と呪文のように唱えながら、デザートを食べに「チェーナムボー」へ。メニューがたくさんありすぎて迷うところですが、温かいチェーと冷たいチェーをチョイス。薄甘くて、やさしいデザートに癒されまくりました。フォーを小さいサイズにしたので、続いて、ランチへ(笑)。旅の目的とも言える、ブンチャーの店、「ブンチャーホータイ」。炭火で焼いたお肉と、酸味のあるタレと相性抜群で、ドクダミやパクチー、バジルとまた合う!!店内の壁に9時オープンと書いてありますが、炭火を起こすのに時間がかかるのか、10時以降が確実です。お昼どきは大にぎわいの人気店。ホーチミンの宝です。

 午後はゆっくりホテルの近く、ドンコイ通りから少し入った「マングローブ」の並びのカフェ「コンカフェ」で、流行りのヨーグルトカフェを。ハノイからやって来たカフェの人気メニューなのですが、江古田のベトナム料理店でトライしたら、目から鱗のおいしさだったので。3年ぶりなので、新しいお店がたくさん増えていて目移りしてしまいます。この後、「マングローブ」と「コンカフェ」の間のマッサージ店に吸い込まれ、、、。

 初日の夜は、これもまた徒歩圏内の「シークレットガーデン」に。1月にも来たという友人からも、前週遊びに来ていた友人からもお勧めされたカジュアルなお店です。屋上がオープンスペースという店の雰囲気もすてきで、何を頼んでもおいしかった!ランチにまた来たいほどでした。2時間の時差のため、22時には眠くなり、食べ歩き初日は早めにお開きに。
  • まずは、大好物の市場へ。市場のまえのタンディン教会
  • タンディン市場では、欲しかったキッチン雑貨と麻布を購入
  • 朝ごはんはフォー!牛肉入りをがっつりの人も肉なし小の人も
  • チェーのお店で、温かいのと冷たいのを。新鮮ココナッツミルクはお好みで!
  • ランチはブンチャーがマスト!ドクダミやらパクチーやらどっさり
  • ブンチャーの店では、サツマイモとエビのフライも。揚げ春巻きも美味
  • ヨーグルトコーヒーを飲みにコンカフェへ!二階席が落ち着く
  • 夜は、シークレットガーデン。アサリのレモングラス蒸し
  • ポークのレモングラス焼き!大人数ならなお楽しそう

What's New新着記事

FEATURE
ランキング