“味にうるさい金沢人が通う店”として有名な『らくや』で至福の時間を

2017年12月13日
冬になると遠方からこの店の“骨まで食べれるブリ大根”を目指してやってくる常連客もいるほど。eclat1月号では、少し甘めの味つけで、ブリの骨も大根もほろっと溶ける“ブリ大根”の『らくや』をご紹介。

らくや

ゆったりと“冬の美味”を

1/3

2/3

3/3

「骨まで食べれるブリ大根」¥800(税込)。ブリは5時間水煮し、醤油と砂糖だけでさらに5時間とろ火で煮込む。実に手のこんだ一品
「げんげの天ぷら」¥1,000(税込)。幻魚は全身にぬめりのある魚でコラーゲンたっぷり。れんこんやつる豆など加賀野菜の天ぷらと盛り合わせに
お店は昭和初期の一軒家

骨まで食べられる"ブリ大根" は金沢最強の居酒屋メニューです。―金沢桐工芸・岩本清商店 岩本歩弓さん

“味にうるさい金沢人が通う店”として有名で、料理はどれもがていねいな味。ご主人・川口和彰さんの料理への愛情が伝わってくる。ここで食べるべき一品が「骨まで食べれるブリ大根」で、なんと、毎年冬になると横浜からこのメニューを目ざしてやってくる常連客もいるほど(!)。少し甘めの味つけで、ブリの骨も大根もほろっと溶ける。地元の純米酒と合わせれば、至福の時間に。
石川県金沢市香林坊2の3の18 ☎076・262・9090 11:30~なくなりしだい、18:00~21:00(LO) ㊡土曜昼、日曜、祝日 昼は定食¥880〜(税込)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング