誰よりも輝いて見える「ザ・同窓会メイク」のポイント 五選

2017年12月9日
同窓会という名の社交場では、"いきいきと幸せそう"こそ最高のほめ言葉! がんばりすぎの若見せメイクや、生活感丸出しの手抜きメイクで失敗しない、同窓会メイクのコツを、岡野瑞恵さんが伝授!
岡野瑞恵さん
ヘア&メイクアップアーティスト。数多くの女優やタレントを担当、大人の女性を輝かせるメイクが評判。石田ゆり子さんがモデルを務めるメイク本『大人のMake Book』(ワニブックス)は大人の女性のバイブルに。

1.透明感の正体は白ではなくツヤ。極上ファンデーションで!

「素敵な暮らしを想像させ、もともとの肌がきれいであるかのように見えるファンデーション選びが大事」という岡野さん。つややかで上質、理想の肌に仕上がるファンデーションを、キメをならすように指で塗るだけ。ファンデーションだけは先行投資しても損なし!

1/2

2/2

ファンデーションを少量、顔全体に薄くなじませたあと、中指と薬指の腹を使い、目の下など気になるところに重ねていく。指で軽くトントン、タップするように定着を。

肌のアラをカバーしながら生命力あふれるツヤ肌に仕上げる最高峰のファンデーション。クレ・ド・ポー ボーテ ル・フォンドゥタン SPF20・PA++ オークル10 ¥30,000/資生堂インターナショナル

What's New新着記事

FEATURE
ランキング