年齢に合わせてアップデート!50歳のリトルブラックドレス 五選

2017年12月12日
古くはA・ヘップバーン。少し前は日焼けした肌で着こなすミラノマダムをお手本にと、’90年代に大ブレイクしたリトルブラックドレス。"一生もの"と思った一着も、時の流れとともに今の自分に合わせた選び直しがマスト。成熟した女性にふさわしい、進化したデザインに注目!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ツヤと揺れ感で華やぐ時代性を感じる究極の一着
とろみのある素材、ドロップショルダーから膨らむビショップスリーブ、イレギュラーなスカートラインがこれからの媚びない女らしさを引き出す。

ドレス¥45,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 手に持ったファージレ¥190,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(カールドノヒュー) ピアス(片耳)¥48,000/カラット アー バッグ¥235,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)
2.フィット&フレアがドラマチックなニットマキシ
シンプルなリブタートルからすそに向かって流れるような曲線を描くニットドレスは、「ニット=カジュアル」という素材の概念を超えたミニマムな美しさ。腰まわりや両わきにロックステッチを配し、ゲージを変えることでスイングするすそが生まれる。遊び心のある小物合わせで。

ドレス¥39,000・ファーバッグ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥12,500・リング¥9,000(ともにルーカス ジャック)・靴¥41,000(参考価格・アン アワー アンド シャワー)/以上CPRトウキョウ バングル¥14,000/ウィム ガゼット 青山店(メゾン ボワネ)
3.贅沢な異素材を組み合わせてカットソーを格上げ
スポーティな襟がつき、袖口にリブを配した一見カジュアル見えするカットソードレスのフロントと背中の一部をシルク、ベロア、シフォンで切り替えた、時代性を感じる抜け感のある一着。ゆったりとしたシルエットながら、歩くたびにすそが揺れて軽やかな一面をのぞかせる。自分らしくありたい女子会などに活躍すること間違いなし。

ドレス¥92,000(コシェ)・バッグ¥160,000(フォンタナ ミラノ 1915)/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター ピアス¥30,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 靴¥64,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル)
4.ベルベットの上質なツヤでフェミニンな品格をまとう
フォーマル度の高いベルベットだが、張りのある従来の素材と異なりしなやかで美しいドレープが特徴。ドロップした肩から広がるフレアスリーブとアシンメトリーなすそが、ボートネックとの組み合わせによって甘さが抑えられ着こなしやすい一着に。定番のパールネックレスも淡水パールを選び、長さ違いで幾重にも重ねて遊び心を感じるこなれた印象に仕上げたい。

ドレス¥84,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) ネックレス¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店(コン チー) バッグ¥36,000(参考価格)/CPRトウキョウ(フリン)
5.着る人の魅力を最大限に引き出すミニマルマキシ
控えめな胸もとのあきとキャップスリーブに、ウエストの両わきをつまんだドレープがスカートに表情を与える、大人しか着こなせないシンプルシックドレス。シルバーの大ぶりなジュエリーとミュールで辛口な輝きを添えて。

ドレス¥35,000/ヴェルメイユ パー イエナ 東京ミッドタウン店 ストール¥56,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー) ネックレス¥24,000・バングル¥42,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥110,000/ハイブリッジ ショーケース 六本木店(WAKA TAKAHASHI) 靴¥49,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル)

What's New新着記事

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • 品格小物と美脚靴でワンランク上の装い、今夜はデニムでレストラン 五選

    デニムがファッションとしての地位を確立した今、ドレスアップする場面でもデニムが市民権を獲得。デニムをはきこなしてきたエクラ世代だからこそ楽しめる、きちんと感とこなれ感のある大人な上質コーディネートで、さあ、レストランへ出かけよう!

    eclat五選

    2018年1月15日

  • パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

    2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

    eclat五選

    2018年1月13日

  • お箸がとまらない! ワタナベマキさんが教える、香りでメリハリをきかせた和の「香り鍋」五選

    スープはシンプルな味付けにして、香味野菜や柑橘類の香りでメリハリをきかせるのが今どきの“香り鍋”。eclat2月号では料理家のワタナベマキさんがレモン鍋・梅干し鍋・柚子こしょうすき焼き・柑橘鍋・塩鍋の作り方をご紹介。

    eclat五選

    2018年1月12日

  • 女らしさが際立つ、大人の個性派ウォッチ 五選

    今、注目するなら、女らしさをきわだたせる時計。文字どおりの"フェミニンさ"だけでなく、女性が身につけることでつややかに見える名品も存在する。大人っぽく時計を装いたいなら、ベルトと文字盤が同系色のワントーン。「女らしさ」の大本命には、小さく上質なダイヤモンドウォッチなど、とっておきの美時計を厳選!

    eclat五選

    2018年1月11日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング