パリ&ミラノマダムたちは、パワーのある「赤」に夢中だった! 五選

2018年1月13日
2017年は、バッグで「赤」を取り入れていたヨーロッパマダムたち。この冬は主役級アイテムで、よりパワフルな「赤」が好まれている傾向に。「赤」の効力でさらにおしゃれが加速中!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.PARIS
シルヴィ(モデルエージェンシー経営)
ブラウンのワイドパンツに合わせたのは、オレンジみの強い赤のヴェンティーロのコンパクトなブルゾン。大人の余裕漂うラージサイズのエルメスのバーキンや、サングラス、そして、ラフにアップしたヘアスタイルまでもが見事にマイスタイルに仕上がっている!
2.PARIS
マルティナ(ブランドマネージャー)
ネイビー×ビビッドな赤のコートはボッテガ・ヴェネタ。バレンシアガのクロップトデニムと合わせて、バランスのよいカジュアルスタイルに仕上げて。ボッテガ・ヴェネタのボルドーのチェーンバッグもさりげなく上品。
3.PARIS
カトリン(インテリアデザイナー)
赤のニットストールで表情までもが明るい印象に。イザベル マランのパンツのグレンチェックの赤、スニーカーのコム デ ギャルソンのマークの赤もさりげなくリンクさせて。太縁のメガネをおしゃれの仕上げに投入。
4.PARIS
アニエス(エディター)
圧巻の存在感を放つ真っ赤なコートがハイレベルなおしゃれ上手。パワフルなジバンシイのゴールドのスタッズサンダルや、ピアスとサングラスなど、迫力小物を上手に散らばせて、単なる派手で終わらせないコンシャスな着こなしに。
5.MILANO
マルティーナ(ファッション関係)
ニットキャップからデニムまでグレーのワントーンでまとめ、さらにライト×ダークグレーの大判ストールをオン。足もとのこっくり赤のエナメルショートブーツがおしゃれのカギに。パンチの効いた赤の一点投入で装いを昇華。

What's New新着記事

  • 楽しげなムードがただよう「大きめトート」で出かけよう! 五選

    ショッパー風のデザインや、アーカイブロゴ、遊びのきいた素材使いなど、ハイブランドのトートバッグが旬! とくに今年は大きめサイズの人気が上昇中。ラグジュアリーながらパッと目を引く楽しげなデザインが気分を盛り上げる!

    eclat五選

    2018年8月20日

  • 「思い込み」を捨てると大人のジュエリー使いはもっと素敵になる! 五選

    「ジュエリーの新境地を開くには、まずは思い込みを捨ててみて」と語るのはジュエリースタイリングの第一人者・伊藤美佐季さん。「耳、首、手首の3点づけ」「パーティーのためだけのジュエリー」の思い込みを捨てれば、欲しい大人のツヤが手に入る!

    eclat五選

    2018年8月19日

  • やっぱり素敵! 50代の「同窓会ワンピース」 五選

    50代の同窓会では、一枚で即効性のある着映えワンピースが最善のチョイス。久しぶりに会うメンバーに"やっぱり素敵"と思わせるデザインを、シチュエーション別に選ぶのが正解! 座敷で恩師を囲う会や、ホテルの立食パーティで装いたいきちんとスタイルをお届けします。

    eclat五選

    2018年8月19日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

FEATURE
ランキング