50代女性のホンネ:やってしまった! 断捨離の失敗あるある

断捨離のさまざまな効果を実感している、チームJマダムたち。でも、成功の裏には数々の失敗が存在していた……。そのエピソードはきっと、断捨離にトライしようと考えているアナタの役に立つはず!
50代女性のホンネ:やってしまった! 断捨離の失敗あるある_1_1
失敗あるあるナンバー1は、「思い切って捨ててしまったものが後で必要になり、もう一度、買い直すことになった」(MM・49歳)。「雑誌やパンフと思って捨てたものの中に、車の説明書が混じっていた。有料で買い直しました」(FN・47歳)、「黒のタートルネックのニットを断捨離したものの、やはり着回しに必要で買い直し。あれ? もしかして私、断捨離で損してる?」(NR・44歳)。ちなみに、取っておいたほうがよかったものとしては、こんなものが。「デザインがちょっと古くここ数年履いていないので、思い切って処分した黒いパンプス。その後、お葬式があって履いていく靴がなく……取っておけばよかった」(CS・48歳)、「おしゃれブランドのローファー。時代を超えて使えたなぁ」KS・53歳)。流行に左右されない、流行を意識しなくていい定番は、残しておいてもいいのかも。
50代女性のホンネ:やってしまった! 断捨離の失敗あるある_1_2
どうやら断捨離は、スイッチが入るとその勢いが止まらなくなるものらしい。「”ものを捨てられる自分”に酔ってしまい、後で悔やんでも悔やみきれないミスをしたことも」(CN・54歳)という声も多かった。「両親の服を断捨離。スッキリしたと思いきや、父の勤続30年記念にいただいた旅行クーポン券がコートの中に入っていたことが発覚。でも、時すでに遅し……」(MH・56歳)、「洋服ダンスを片づけた際、すっかりくたびれた柔道着を発見。かさばるので処分したら、それは夫にとって”青春の思い出の品”だったようで、後で泣かれました」(TA・44歳)。断捨離ハイにはくれぐれもご用心!
50代女性のホンネ:やってしまった! 断捨離の失敗あるある_1_3
「処分するつもりが、できなくなった」という失敗も少なくない。「雑誌やマンガなど処分するつもりが、ついつい読み返してしまい……」(OM・47歳)、「すぐ終わるだろうと思ってチェストの引き出しの泣かを片づけだしたものの、取捨選択ができず、時間は経過するは出したものは下に戻らないはで、結局、引き出しの中は片付ける前より量が増えたような」(KM・51歳)。そして、こんな微笑ましい(!)ミスも。「パントリーを片づけていたら、美味しいチョコレートが出てきて食べすぎてしまった」(KY・45歳)。あるある!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

FEATURE
ランキング