品格と機能を備える、端正なビジネスウォッチ 五選

2018年2月9日
「腕時計を見れば、その人の格がわかる」とは、もはや男性だけではなく、女性にも向けられる言葉。働くアラフィー女性ならなおのこと、これまで築いてきたキャリアにふさわしい一本を身につけたいもの。実用性と品格ある高級感を兼ね備えつつ、決して華美ではない、エグゼクティブらしい格上げ時計が一堂に集結!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.世界最高水準を誇る、洗練のステータスウォッチ
パテック フィリップのスタイルを象徴する、最も美しいモデルとして世界中に知られている「カラトラバ」。なかでも、この7200はローズゴールドのベゼルやシンプルな文字盤、パーリーベージュのストラップが、控えめな中に圧倒的なクラス感を漂わせている。ジャケットの色とリンクさせれば、初春のさわやかさも感じさせるリュクスな手もとが完成。

「カラトラバ7200」(34.6㎜径、RoG、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥2,970,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) ジャケット¥142,000(マックスマーラ)・ブラウス¥25,000(スポーツマックス)/以上マックスマーラ ジャパン ピアス¥397,000・リング¥285,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)
2.重厚感があり華やか。機能性も群を抜く安定の一本
女性用クラシックモデルとして人気のレディ デイトジャストから、’17年発表の新モデル。ロレゾールと呼ばれる、ステンレススチールとゴールドとのコンビが重厚な光を放ちつつ、小ぶりなので、高級感がいや味にならずビジネス向き。

「レディ デイトジャスト 28」(28㎜径、SS×WG、自動巻き)¥710,000/日本ロレックス(ロレックス) メモパッド¥25,000/和光
3.センスのよいフォントや繊細な輝きが
上品なエルメスの名作
小さめの25㎜ケースで薄型。ラッカー仕上げされた文字盤には、オリジナルのタイポグラフィーがセンスよく配置。0.29ctのダイヤモンドとアリゲーターストラップの上品な輝きが、端正な中に女性らしさを添えている。

「スリム ドゥ エルメス」(25㎜径、SS×D、クォーツ、アリゲーターストラップ)¥741,000/エルメスジャポン(エルメス) 地球儀¥20,000/和光
4.ひねりの効いたデザインが
仕事服に抜け感をプラス
革新的なデザインの本格派機械式時計で知られるブランド。大ぶりのサイズ感、余白を生かした個性的な文字盤や4時位置につけられたリュウズがアクセントに。

「グラン・セコンド オフセンター」(39㎜径、ReG、自動巻き、アリゲーターストラップ)¥2,120,000/ジャケ・ドロー ブティック 銀座(ジャケ・ドロー) メガネ¥27,000/モスコット トウキョウ(モスコット)
5.知的ムードを漂わせる流線形デザインが
手もとを凛々しく装う
ティファニーのアーカイブ作品から着想を得たという、アシンメトリーなケースデザインが優美な印象。色鮮やかなネイビーストラップは、紺や黒などの、ビジネススーツに品よく映える。リュウズにはシリアルナンバーつきのラウンドブリリアントカットダイヤモンドがあしらわれ、細部にもリッチ感が宿る。34㎜ケースの機械式タイプもエグゼクティブにおすすめ。

「ティファニー メトロ」(28㎜径、SS×D、クォーツ、アリゲーターストラップ)¥500,000・ピアス¥705,000・リング¥325,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ジャケット¥164,000・ワンピース¥147,000/エスカーダ・ジャパン(エスカーダ)

What's New新着記事

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング