品よくこなれ感を演出できる、大人の「さらさらボブ」 五選

フォルムはベーシックなボブでも、表面はレイヤーを入れてしっかり動きをつけるのが旬。この"動き"で大人に必要なボリューム感や華やかさを演出! ストレート系のボブは、つるっとさせすぎないことが、老けないポイント。適度なレイヤーとトップの高さで、大人の上品ボブを目ざして。

3.前上がりボブは短め前髪でバランスをとって

品よくこなれ感を演出できる、大人の「さらさらボブ」 五選_3_1-1

1/3

品よくこなれ感を演出できる、大人の「さらさらボブ」 五選_3_1-2

2/3

品よくこなれ感を演出できる、大人の「さらさらボブ」 五選_3_1-3

3/3




かわいい印象になる前上がりボブには短め前髪でカジュアル感を加えて。片側を耳にかけ、アシンメトリーにすることで、コンサバになりすぎず、人目をひくポイントに。カラーは「セピアアッシュ」というブラウンとアッシュのミックス。エクラ世代なら、さりげなくハイライトを入れるのがおすすめ。ヘアには立体感が出て、顔色もよりクリアに。

モデル/原千登世さん(主婦) ヘア/林 麻美 カラー/太田桂子(kakimoto arms LaLa terrace MUSASHIKOSUGI) メイク/高松由佳
ニット¥19,000/ストックマン(ヨーロピアン カルチャー) ロングネックレス¥43,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)

What's New

Feature
Ranking