葵祭に伝わる、知る人ぞ知る御利益餅 『さるや』の申餅(さるもち)

2016年10月21日
食都・京都は、おみやげ選びもやっぱり楽しい! 名パティシエのスイーツや老舗の新名物など、今まさに旬の和洋のお菓子をご紹介。
下鴨神社境内の茶店だけで提供する、小さな餅菓子。葵祭の申の日に無事息災を祈願し神前に供えた故事にならい、140年ぶりに復元。あずきのゆで汁でついた餅は、はねず色という薄いえんじ色で、中のあずきは甘さも控えめ。氏子の『宝泉堂』特製ゆえ、味もお墨つき。5個入り¥760(税込) 
●京都市左京区下鴨泉川町59下鴨神社明橋休憩処 
☎090・6914・4300 
10:00~16:30(神社の閉門時間により変わる) 無休

What's New新着記事

FEATURE
ランキング