富岡佳子が着こなす!村山ワードローブでつくる「秋の日の5Days」 五選

2018年10月1日
エクラのファッションスタイルを牽引する村山佳世子さんが、この秋のミニマム・ワードローブを提案! 厳選のアイテムを使って、今年らしいコーディネートが完成。ベーシックとトレンドの、絶妙バランスを楽しんで!

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.最旬のジャケットスタイルを楽しむ日は、女らしさを忘れずに
「旬のジャケットとコーデュロイパンツを合わせて、鮮度の高いパンツスタイルをつくりました。白の分量を多めにし、ヒール靴を合わせることで、ジャケットスタイルに女らしさをトッピングしました」。

ジャケット¥84,000/サードマガジン(Officine Generale) パンツ¥23,000/ドレステリア 京都店(ドレステリア) 白Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ベルト¥17,000/ドレステリア 銀座店(メゾン ボワネ) バングル¥39,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥145,000/マルティニーク 日本橋(ザンケッティ) 靴¥44,000/ユナイテッドアローズ 横浜店(ネブローニ)
2.シックな華やかさがエクラ世代にはちょうどいい!
「ニット×スカートのワンツーコーデが、ボリュームスカートのおかげでこんなにも華やかに。ネイビー×ブラックという配色は、シックに見えて実は着映えする組み合わせです。"がんばってる感"のない華やぎは、エクラ世代を素敵に見せる秘訣だと思います」。

ニット¥29,000/スローン(スローン) スカート¥120,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) バングル¥43,000/マユ アトリエ(マユ) バッグ¥310,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥76,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)
3.奥行きたっぷりの甘辛ミックスコーデを堪能!
「甘いアイテムにこそ、辛口のアイテム足しが有効です。フェミニンなスカートにクールなジャケットと男前のサイドゴアブーツを合わせて、甘辛のミックスコーディネートを完成。ワードローブに甘いアイテムを入れたからこそ生まれた、奥行きたっぷりの着こなしです」。

ジャケット¥84,000/サードマガジン(Officine Generale) 白Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) スカート¥120,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ストール¥48,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥース グロワール) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)靴¥128,000/ジミー チュウ
4.普通の服を特別に仕上げる、旬トレンチの力を借りて
「今年らしいアウターさえあれば、どんな着こなしもたちまちトレンド顔に仕上がります。この日は、シンプルなニット×デニムに旬トレンチをさらりと。トレンチコートがもつ特別感も後押しして、どこかドラマチックなコーディネートに」。

トレンチコート(共布ベルトつき)¥125,000/アマン(アンスクリア) ニット¥29,000/スローン(スローン) デニム¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) 3連ブレスレット¥5,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
5.白トップスを一点投入して、デニムスタイルを華やかに
「フェミニンな白ブラウスの華やかさで、デニムスタイルがたちまち女らしく。小さなピアスをつけたのですが、髪で隠れてしまって。でも、ノーアクセサリーでも、着映え力満点! この秋らしいこっくりとした色みを、ボルドーのスエードバッグで添えました」。

ブラウス¥29,000/FUN Inc.(フォンデル) デニム¥14,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) バッグ¥160,000/プレッド PR(ミチノ) 靴¥32,000/ドゥロワー 日本橋店(ポルセリ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング