あきらめないで! もう一度“上向き美乳”講座【50代のお悩み・上向き美乳】

2018年10月7日
ツンとハリのあったバストも、年齢とともになだれのように形がくずれてくる……。でも「そういう年だから」とあきらめるのは早い! 50代女性の胸なだれの実態と維持の方法を専門家に徹底取材。正しい知識があれば、アラフィーも“上向き美乳”が可能です!

アラフィーのバスト悩み、本音は…

ピタニットを着ると、バストの形も質感もあらわに。まさに"おばさん"になる!――O.Iさん(52歳)
以前は、ぷるんと丸いお椀型。それがあたりまえと思ってたけど、もう、お椀型はありえないと実感中…。――K.Yさん(46歳)
バストトップの位置が明らかに下がった。おしゃれ服の着こなしはバストの位置に左右されると痛感。――N.Mさん(54歳)

ショック! 50代バストの形はこんなに変わる!

1/4

2/4

3/4

4/4

【Step0 理想バスト】
お椀のように丸みがあって、たれていない。バージスライン(下側ライン)もくっきりと美しい。
【Step1 そげる】
デコルテ部分がそげてくるのが第1段階。40代の46%、50代の10%がこの状態のバスト。
【Step2 たわむ】
バストの下部がたわみ、バストトップが下向きになってくる第2段階。40代で38%、50代で43%。
【Step3 外に流れる】
バストが外に流れて、バスト自体が下がってくるのが第3段階。40代で16%、50代は47%!
形がくずれるのは運命。意識しだいで維持はかなう!
「上図のようにバストは大きく3つのステップで変化します。理想的なバストをゼロとすると、第1段階ではデコルテがそげ、第2段階では下部がたわんで乳頭が下向きになり、第3段階で外に流れ、バスト自体が下がっていきます。変化の度合いは個人差がありますが、50代の47%がステップ3の状態にあることもわかっています」(白鳥さん)。

 なぜ、バストはそげ、下向き、そして流れてしまうのだろうか。「バストの内部構造が変わってくることにありますね。バストは乳腺と脂肪、それを支えるクーパー靭帯で構成されています。若いころは脂肪より乳腺の割合が多いですが、加齢により脂肪の割合が増える。そのため、バストを支える力が弱まります」(白鳥さん)

 さらに、問題はクーパー靭帯。「クーパー靭帯は、バストを吊り上げて形を保つ役割なのですが、バストに揺れや重力など刺激が加わることで伸びたり切れたりします。一度伸びたクーパー靭帯は再生されないため、バストを支えきれず変化が進んでしまうのです」(白鳥さん)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング