新しくて、おいしくて、楽しい 奈良の新グルメスポット五選

2016年11月12日
豊かな地元の食材とともに独自の食文化を育んできた奈良。そんな奈良を訪れた際にぜひ足を運びたい、国内外で研鑽を積んだ料理人の新店や、古都の情緒あふれるカフェ&菓子司をご紹介。

1.京都、NY、ロンドンで培った技と感性を奈良で開花 白 Tsukumo

夜の懐石の一例。色絵金彩松図大鉢に盛り合わせた大根や菜大根、市松生麩の炊き合わせ。器は琳派の香りたつ田端志音作。海のない奈良ゆえ造り盛りは出さず、昼は精進料理も提供
『京都吉兆』で10年、ニューヨークの精進料理店『Kajitsu』、ロンドンの日本料理店『UMU』で各3年勤務。10年後の自分への投資と考え、世界をめぐり、日本料理を俯瞰(ふかん)する目や感性を身につけた店主の西原理人さん。「"未完の美" という古く日本の文化で培われた感性に美意識を感じます。かぎりなく百に近い九十九に永遠や究極が存在すると思っています」。昨年12月に開店して以来、奈良の行事や風習をテーマに、独自のコースを月替わりで提供。11月は炉開きにちなみ、口切新茶と発酵茶葉のブレンドを大和牛に添えて楽茶碗に盛り、炊き合わせは大鉢に盛って絵柄の松を景色に見立て、自由な発想と大胆な表現がなされる。
  • 口切の新茶をテーマにした大和牛の口切新茶重ね
  • 自家製のきんとんは焙煎ココアやビーツで色づけし、飾りのピスタチオで食感を添え、和菓子にない取り組みも 
真行草の行の料理を目ざし、空間もそれに合わせ、栗のカウンターと土壁、それに石煉瓦を基調にした行のしつらえに
奈良県奈良市三条町606の2南側1F 
☎0742・22・9707
12:00~13:30(LO)、17:30~20:30(LO)
㊡月曜、火曜昼、毎月最終日、毎月1日昼 
カード可 
要予約
昼の一汁三菜、精進四菜 各¥5,000、夜の懐石¥12,000

What's New新着記事

  • "合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

    目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • 指名買いコスメはコレ!「50歳美容」に新しい時代が到来 五選

    今季は、大人の複雑な肌悩みに真正面から向き合い、応えてくれる、革新スキンケアが続々と登場。この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。あなたの肌運命が変わる、最良の一品に出会える予感。

    eclat五選

    2018年11月20日

  • おいしさの小宇宙、缶入りクッキーの世界へようこそ 五選

    見た目よりずっしりと重い包みをほどくと現れる、店名があしらわれた缶。そっと蓋を開けると、いっせいに幸せがあふれ出して、小さなクッキーがぎっしりとお行儀よく詰められている姿に、思わず歓声が。この冬のおもたせや贈り物、そして自分や家族のとっておきのおやつに、どれにしようか迷うのもまた幸せ。

    eclat五選

    2018年11月19日

  • 亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

    若いころは、「フェイクなもの」を持っていることに恥じらいがあったという亜希さん。年齢を重ねていろんなものがふっきれた今、エコファーだからこそ楽しめる冬のおしゃれに開眼したのだそう。ふわふわ&もこもことかわいらしく進化を続ける、暖かな大人のエコファーに、この冬すっかり夢中!

    eclat五選

    2018年11月18日

  • 大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

    「素材が豊富になる冬は、大人が色をまとうのにちょうどいい季節」と語る、エクラ世代に大人気のスタイリスト・大草直子さん。色使いでつくり上げる、大人にちょうどいいフェミニンスタイルを新たに発見して!

    eclat五選

    2018年11月17日

FEATURE
ランキング