パートナーと過ごす週末カジュアル 五選

カジュアルでありながら女らしく、今どきなおしゃれ感を出しつつもパートナーから見てかわいげがあること。そんな絶妙なバランスこそ、エクラ世代が目ざすべき、リラックス感のある素敵な大人の週末の着こなし。
パートナーと過ごす週末カジュアル  五選_1_1-1

1/5

パートナーと過ごす週末カジュアル  五選_1_1-2

2/5

パートナーと過ごす週末カジュアル  五選_1_1-3

3/5

パートナーと過ごす週末カジュアル  五選_1_1-4

4/5

パートナーと過ごす週末カジュアル  五選_1_1-5

5/5

1.コーデュロイパンツはライトカラーで女らしく
この冬のコーデュロイパンツは、太畝でたっぷりとしたワイド幅、さらに白やライトブルー、イエローやピンクといった軽やかなきれい色で、本来のイメージである"アメカジ風"にならないよう女らしく着こなしたい。きれい色はもちろん、ほんのりツヤを感じさせる上質なコーデュロイを選ぶのも子供っぽく見せないポイント。ブルーのグラデーションが冬にさわやか。

[女性]パンツ¥70,000・ニット¥80,000/ブラミンク ピアス¥22,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ヴィオリナ) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥141,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) [男性]カーディガン¥39,000・ニット¥22,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(カモシタ ユナイテッドアローズ) パンツ¥32,000/オーラリー 靴¥65,000/パラブーツ青山店 ソックス/スタイリスト私物
2.スニーカーはシンプルで大人な上質素材を選ぶ
ニットやレザー、ファーなど重みのある服が多い冬は、コットンスニーカーよりも、レザーやスエード、ヘアカーフが好バランス。ラグジュアリーブランドのスニーカーを選ぶのもカジュアルを格上げさせるコツ。

[女性]ノーレースで着脱しやすく、スタイリッシュなデザインのピエール アルディのスリッポン。全体がヘアカーフになっているので、レザージャケットなど重みのあるアウターと相性抜群。黒タイツとなじませやすいブラックが活躍度大。靴¥93,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ジャケット¥138,000/チンクワンタ ニット¥43,000・スカート¥53,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ピアス¥66,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥1,200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) [男性]ブルゾン¥70,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(カモシタ ユナイテッドアローズ)パンツ¥24,000/オーラリー メガネ¥34,000/コンティニュエ(イエローズプラス) 靴/スタイリスト私物
3.ハイライズデニムで女らしいシルエットに
直線的ではなくあえて腰まわりの丸みを適度に感じさせるハイライズデニムは、女らしさを備えたカジュアルさが絶妙。誰もがバランスよくはける、足首が少し出る丈感もいい。ダメージの少ないものを選んできれいめに着こなしたい。休日の定番であるニット×デニムのコーディネートも、ハイライズにアップデートするだけでぐっと旬度が上がる。顔映え抜群なピンクニットと合わせて、リラックス感のある中に華やかなかわいらしさも演出。

[女性]デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード)ニット¥33,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥19,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) 靴¥67,000/ジミー チュウ [男性]ニット¥14,800(モリス&サンズ)・パンツ¥29,000(アンフィル)/以上ビショップ シャツ¥26,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(オーラリー フォー ユナイテッドアローズ) 靴¥79,000/ビームスF(クロケットアンドジョーンズ) ソックス/スタイリスト私物
4.パーカはアウターのインに重ねて小顔に見せる
カジュアルアイテムの代名詞だからこそ、パーカはきちんと感のあるアウターと重ねてスポーティさを軽減。襟もととフードに高さのあるデザインを重ねることで顔まわりに立体感が出るので、小顔効果も期待できる。襟もととフードに立体感があるので、トレンチの中でも存在感を発揮。定番のグレーより白のほうがスポーティ度が低く、トレンチやチェックパンツと合わせたトラッドな着こなしも大人っぽい。

パーカ¥30,000/ボウルズ(ハイク) コート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) パンツ¥40,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) サングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥64,000/カオス表参道(モダン ウィービング) バングル¥376,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)
5.きれい色ストールで顔映えのよさをねらう
休日はとにかくシンプルな着こなしがいい、という人は華やかな色柄の上質なカシミヤストールを一枚用意。小さく巻くのではなく、肩から背中に広くかけることで顔映えのよさと包まれているようなかわいげを演出したい。深みのある赤とブラウン、オレンジの組み合わせが大胆なチェックのストールは、シンプルなネイビーのニットワンピースにふんわりとかけて。着こなしがシンプルであるほど華やかに映えるストールは、大人の週末カジュアルに欠かせない。顔色のトーンアップもうれしいポイント。

ストール¥52,000/エストネーション(ジョシュア エリス) ワンピース¥50,000/FUN Inc.(フォンデル) ピアス¥53,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バングル/スタイリスト私物

What's New新着記事

FEATURE
ランキング