"合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

2018年11月20日
目立ちすぎず、何を重ねても引き立ててくれる黒ニット。首にタイトに沿うタートル、上質なハイゲージ、ほどよくフィットするコンパクトなシルエットの3つを基準に選んで。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.黒タートル+スカーフがチノパンをシックに格上げ
ネイビー×ブラウンの旬度の高い配色スカーフを引き立ててくれる、シンプルな黒のタートルニット。ツヤを感じさせるほど細かく編まれたハイゲージで、シルクやカシミヤのスカーフの質感とも違和感なし。カウボーイ風にラフに巻いて楽しみたい。

ニット¥25,000/スローン スカーフ¥18,000/ドレイクス 銀座店(ドレイクス) パンツ¥38,000/ストラスブルゴ(サポート サーフェス) バッグ¥58,000/ドレステリア 銀座店(ファーリング バイ グイコーニ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
2.薄手ニットでウールワンピとの
レイヤードもすっきり軽やかに
小物はもちろん洋服ともレイヤードしやすいのも、黒ニットが名脇役たるゆえん。ストンとしたシルエットのワンピースと重ねるときは、少し透け感があるぐらいの薄さのハイゲージニットでスタイリッシュに。ほっこりすることなく、ワンピースの新しい着こなしを演出する。

ニット¥55,000・ワンピース¥85,000/ブラミンク ピアス(片耳)¥17,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
3.黒ニットで上半身をコンパクトに。
スタイルアップの王道バランス
ツインでそろえれば、アレンジの幅も広くなる。かわいげのあるボリュームスカートには、コンパクトな辛口黒タートルがベスト。同色のカーディガンを斜めがけすることで立体感がプラスされ、ボディラインもカムフラージできる。

ニット¥30,000/フレームワーク 自由が丘店(ジョン スメドレー) カーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥88,000/マディソンブルー バッグ¥64,000/アマン(エレメ) 靴¥115,000/レリタージュ マルティニーク(ニコラス カークウッド)
4.ストールを主役にしたい日は
名脇役・黒ニットの威力に頼って
肩から大きくざっくりはおって楽しむのがこの冬のストールの楽しみ方。ストールの色柄を最大に引き立ててくれるのはやっぱり黒ニット。どんな華やかな色柄も受け止めてくれる。

ニット¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) パンツ¥16,800/マーコート(ミズイロインド)バングル(四角)¥5,000・バングル(丸)¥6,000・バングル(多角形)¥8,000/デ・プレ 丸の内店(ポーノ) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(パオロ マージ)
5.上品で繊細な黒ニットなら
モノトーンがぐっとエレガントに
ライダースジャケットと重ねてもきれいな、薄手のタイプ。柔らかい印象なので、ライダースがハードになりすぎない。

ニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) レザージャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) スカート¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 帽子¥42,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロック&コー) ネックレス¥83,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥98,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング