「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選

シンプルな着こなしも計算されたような奥行きを感じさせ、しゃれたたたずまいに見せてしまう、そんな頼もしい色「グレージュ」。今回、グレージュを使った素敵なコーディネートがエクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。おしゃれを華やがせる、絶妙バランスに注目を!
「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選_1_1-1

1/5

「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選_1_1-2

2/5

「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選_1_1-3

3/5

「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選_1_1-4

4/5

「グレージュ」を主役カラーにすると、大人のカジュアルが華やぐ! 五選_1_1-5

5/5

1.グレー寄りの色みでクールな女っぽさを演出
「ともするとグレーは地味に見られやすい色ですが、グレー寄りのグレージュは、グレー本来の洗練されたたたずまいにベージュの女らしさがプラスされ、より柔らかな印象に。主役のグレージュを贅沢素材で取り入れれば存在感のあるコーディネートが完成します」(森さん)。

グレー寄りグレージュのムートンコートを主役に、ブラックをブリーチしたダメージデニムや、グレーのケーブルニットで、微妙に異なる色みを重ねたワントーンに。強い色はどこにもないのに全体が引き締まり、シンプルなデニムスタイルが大人っぽく決まる。
コート¥350,000(ハウント代官山/ブランカ)・パンツ¥23,000(アッパーハイツ)/以上ゲストリスト ニット¥29,000/スローンバッグ¥125,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴(ひもつき)¥47,000/クローチェクロス(ホーマーズ) ソックス/スタイリスト私物
2.ベージュ寄りグレージュならウォーミーなたたずまいに
「ベージュ寄りのグレージュは上品で暖かみがあり、優しくフェミニンなムードが特徴。小物にも効かせ色を入れず、全体が自然になじむベージュトーンでまとめると今っぽい。素材の軽さと重さで変化をつけて、リズミカルに見せます」(森さん)。

流れるような軽い質感のプリーツスカートでも寒々しくならないのは、ウォーム感のあるグレージュのおかげ。明るめのグレージュは肌映えアップ効果も。
トップス¥170,000/ブランドニュース(テン) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ネックレス(チェーン)¥760,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バッグ¥58,000/CPR トウキョウ(レフラー ランダル) 靴¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ) タイツ/スタイリスト私物
3.グレージュの中和力でブラックの強さを引き算
「黒がベースカラーの人にとって、どうしても冬の着こなしは単調でダークになりがち。柔らかさのあるグレージュを投入することで黒のもつ強さが中和され、シャープな中にもフェミニンさやほどよいすきが生まれて威圧感のない女らしい黒が楽しめます」(森さん)。

少しパープルがかった知的で洗練されたグレージュのロングコートが、ブラックのコーディネートの迫力を弱めてしゃれたムードへと導いてくれる。
コート¥180,000・ニット¥42,000(セオリーリュクス)・パンツ¥22,000(J Brand Theory luxe)/以上リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥26,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥185,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
4.白コーデを大人ムードに導いてくれる余裕
「大人にとって白は実は勇気のいる色。冬こそ挑戦してみたいオールホワイトのコーディネートも、まろやかなグレージュを組み合わせることで、気負いを感じさせないリラックス感と抜け感のあるムードに。白が単調にならず深みのあるたたずまいに」(森さん)。

柔らかなベージュ寄りのグレージュニットが、オールホワイトのコーディネートを優雅なムードにシフト。ホワイトのもつ清潔感をクリアにきわだたせる効果も。
カーディガン¥68,000/アンデコレイテッド ニット¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000(レッドカード)・靴¥46,000(ルチェンティ)/以上ゲストリスト ピアス¥28,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)
5.スポーティなデニムもグレージュベースなら上品
「今シーズン注目のスポーティな着こなしもグレージュを主役にすると、洗練された雰囲気に仕上がります。軽やかなトーンのデニム素材との組み合わせは、落ち着いたイメージのあるグレージュの印象もぱっと明るく新鮮に映るはずです」(森さん)。

スウェットパンツ型のニットパンツがグレージュでよそ行き顔に。ノーカラーコートとパンツのワントーンにデニムのブルーを効かせて。
コート¥122,000(アルマローザ)・シャツ¥48,000(R13)/以上アパルトモン 青山店 パンツ¥58,000/アンデコレイテッド リング¥12,500/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック) バッグ¥67,593/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) 靴¥61,000/クローチェクロス(ホーマーズ) ソックス/スタイリスト私物

「グレージュ」を選ぶ理由 記事一覧

  • グレージュ上手なブランドPRのイチ押しアイテム 五選

    大人のおしゃれさを高めてくれる「グレージュ」。実際におしゃれプロたちはどんなグレージュアイテムを買って、どのように着こなしているのか? グレージュが得意なブランドスタッフと、スタイリスト&エディターたちがいち早く購入したアイテムとは?

What's New新着記事

FEATURE
ランキング