オフィスからパーティへ。華麗なる「ビジネス・ドレスアップ」術 五選

オフィスから華やかなパーティの場に直行して、「自分だけ地味?」と居心地の悪い思いをしたことが、キャリア女性なら少なからずあるはず。かといって昼からドレスでは浮いてしまうし、わざわざ帰宅して着替える時間もない。そんな忙しいエグゼクティブのために、昼もOK、夜は時短でドレスアップできる、スーツを利用したテクニックを伝授!
スーツスタイル1

1/5

スーツスタイル2

2/5

スーツスタイル3

3/5

スーツスタイル4

4/5

スーツスタイル5

5/5

1.昼も夜も対応可。ディテールに
華を仕込んだスーツスタイル
着丈が長めのジャケットは、付属のベルトでウエストマークすることで、よりドレスアップした印象に仕上がる。ベルトがベルベット素材なので、エグゼクティブらしいリッチ感も加わって。2枚仕立てになったジャケットの襟や、ブラウスの襟に施されたボールチェーンが夜のパーティシーンに上品に輝く。

ジャケット¥508,000・ブラウス¥253,000・パンツ¥135,000・バッグ¥177,000・靴¥170,000/ブルネロ クチネリ ジャパン(ブルネロ クチネリ) リング¥380,000/アルテミス・ジョイエリ(アルテミス・ジョイエリ)
2.女性らしさとモダンさが両立した
つややかな赤みブラウンが新鮮
赤みブラウンはパッと目をひく華やかさがありながら、日中の仕事にも着られる、今季のおすすめ色。ほんのり光沢のある素材感や、スカートのようなガウチョパンツも"ドレス見え"にひと役買っている。

ジャケット¥57,300・パンツ¥53,000/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ブラウス¥169,000/エスカーダ・ジャパン(エスカーダ) ベルト¥17,000/ANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 時計¥240,000・リング(太)¥1,320,000・リング(細)¥20,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)バッグ¥89,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ) 靴¥92,000/リエート(サントーニ)
3.ウエストフリルが取りはずせ、
2WAYで着られるツイードスーツ
立体感のあるシェイプが美しい、ノーカラージャケットとタイトスカートの組み合わせ。スカートのウエスト部分のフリルはなんと取りはずし可能。昼間のオフィスではフリルなし、夜のレセプションにはフリルをつけてスイッチング。

ジャケット¥48,000・スカート¥29,000/チェルキ(_ トモウミ オノ) ブラウス¥39,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)フープピアス¥96,000・ピアスチャーム¥152,000・チェーンブレスレット¥250,000・ペンダントトップ¥150,000・リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
4.インナーを白シャツから
ツヤありブラウスに替えて、色と光で華やかに
きちんと感が必要な場には、濃紺の正統派パンツスーツに、日中は白シャツとマニッシュ靴で端正に。夜はスーツ、小物はそのままで、インナーを光沢素材の鮮やかブルーのブラウスに替えただけで、ハレの席にも映える、華やかオーラがまとえる。首まわりのフリルやリボンがさらに女性らしさをプラスしてくれる。

ジャケット¥86,000・パンツ¥43,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ブラウス¥23,000/デザインワークス ドゥ・コート銀座店(デザインワークス) ピアス(片耳)¥147,000/ブランドニュース(リーフェ ジュエリー) バッグ¥372,000/ブルーベル・ジャパン(マーク クロス)
5.ファー小物にチェーンバッグ、
ラグジュアリー小物で速攻"華映え"
いろんな仕事シーンにも対応できる、シンプルなベージュスーツ。シャープすぎないゆるやかなVカラーが好印象を与える。このお仕事スタイルにファーを巻けば、一気にパーティ仕様に。チェーンバッグもドレスアップ感を盛り上げる、おすすめの名脇役。大きなパールモチーフが効いて。

ジャケット¥24,000・ブラウス¥16,000・スカート¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) 時計¥750,000/DKSHジャパン(ベダ&カンパニー)ファー¥29,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) バッグ¥221,000・靴¥115,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)

華麗なる「ビジネス・ドレスアップ」術 記事一覧

What's New新着記事

FEATURE
ランキング