体の芯から温まる! 鶏団子のおろしれんこん鍋【絶品鍋レシピ28days】

2019年1月17日
シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに! とろりとしたすりおろしれんこんと鶏団子を、柚子の香りとともに味わう“鶏団子のおそしれんこん鍋”のレシピを料理家の冷水希三子さんがご提案。

“香り豊かな、和み鍋”

香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。

【冷水さんの鍋THEORY1】ハーブやスパイスで味や香りにメリハリを

なんでもない鍋ほど、ハーブやスパイスで香りや辛味を加えると新しい味わいになる。慣れないうちは、複数のハーブやスパイスを合わせて使うのがおすすめ。カレーと同じで全体にバランスがとれて、メリハリもつく。

【冷水さんの鍋THEORY2】鍋中の味はシンプルにして辛味ダレや香りオイルで味わう

鍋自体に濃い味をつけると、食べすすむうちにだんだん辛くなってくることも。鍋中は控えめな味つけにして、辛味ダレや香りオイルをつけて食べると、好みの味にできるし、食べ飽きない。

【冷水さんの鍋THEORY3】少ない材料とていねいな下処理で最後のスープまでおいしく

材料の数は最小限にすることも可能。そのほうが素材のうま味がきわだつ。少ない材料のときは、下処理をていねいにするのがコツ。アクや雑味をきちんととると、澄んだスープになって味わいがよくなる。

鶏団子のおろしれんこん鍋

とろりとしたすりおろしれんこんに、柚子の香りがたって、体が芯まで温まる。ふわっとした鶏団子も優しい味わい。
材料(2~3人分)
鶏ひき肉..................300g
れんこん..................200g
長ねぎ.....................15㎝

A 
パン粉.....................20g
牛乳.......................大さじ4
塩..........................3g

しょうが汁、酒........各大さじ2

B
だし.....................1ℓ
酒........................50㎖
みりん..................大さじ2
塩.......................小さじ2/3

柚子の皮..................適量
作り方

1.長ねぎはみじん切りにする。Aは合わせておく。

2.ボウルに鶏ひき肉と塩を入れて練り、しょうが汁と酒を加えてさらに練り、1の長ねぎ、Aを加えて混ぜる。直径2〜3㎝に丸め、沸騰した湯で表面が白くなるまで下ゆでする。

3.鍋にBを入れて温め、2を入れて10分ほど煮る。

4.れんこんは皮をむいてすりおろし、3に加えて3 〜4分煮る。仕上げに柚子の皮をすりおろして散らす。

鍋奉行ポイント
すりおろしたれんこんは、混ぜながら加えていくのがコツ。混ぜないとかたまりのまま加熱されて、ダマになってしまう。煮汁に加えるタイミングは、沸騰する直前に。
教えてくれたのは……
料理家 冷水希三子さん
雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/

What's New新着記事

FEATURE
ランキング