富岡佳子の春ヘアはラフさと華やかさを与える万能ショート!【アラフィーのための春ヘア】

2019年2月2日
アラフィー女性の憧れ、モデル・富岡佳子さんの春ヘアを拝見! 重さを残しつつ、動きが出せる“ソフトウルフ”は、モードもベーシックにもアレンジが効く万能ヘア。

富岡佳子×ショート

1/4

2/4

3/4

4/4

エクラ世代にラフさと華やかさ両方を与えてくれる万能ショート!

「私が新しいヘアスタイルにするとき、一番に考えるのは"洋服が似合うかどうか"。仕事柄、どうしても振り幅の広い髪型を探してしまいます。モードもベーシックな服にも、どちらにもアレンジが効くことが大切。そんなことを加味して決めた今のスタイルはトレンド感のあるソフトウルフです。でもエクラ世代の私たちがトレンドをそのまま取り入れすぎるのは髪質的にもむずかしいので、重さを残しつつ、動きが出せることを大切に美容師さんにオーダー。幅広いファッションが楽しめるスタイルなんですよ」

【Front】ショートヘアでもアレンジが効く重めフロント

毛流れが生まれるよう絶妙にカットされているフロントには、富岡さんのこだわりが。「顔まわりやトップの動きと丸みは、エクラ世代に一番重要な顔まわりを華やかに見せたり、ファッションになじむ髪型をつくるための大切なポイント。前髪は分け目をつくらず下ろしたり、流したりできるフォルムに。やや太めにハイライトカラーを入れることで、表面に動きが出てふんわり立体的に。2つの仕込みで自然なボリュームヘアに見せてくれます」。

【side】やや長めの襟足を取り入れ、トレンド感のあるソフトウルフに

ショートヘアのような丸みシルエットに、襟足はやや長めのソフトウルフ。「’90年代に一世を風靡したウルフが今、リバイバルでトレンドヘアに。エクラ世代がチャレンジするなら、襟足をスカスカにしないように注意して! ボリュームがなく寂しい印象に見せないために、後頭部や襟足に厚みを残すように気をつけています。耳を隠せばソフトウルフに、耳にかければショートヘアっぽく。簡単に印象変えができるんです」。

【Back】髪をパサつかせず動きを出す、計算された丸み後頭部

「後頭部はふんわりと丸くなるようにカットで調整しています。表面は重めに見せて品がよい印象に。内側で少し毛量調整をして、束感や立体的なフォルムになるようにしているんです。何かで『大人の清潔感は髪に宿る』という言葉を目にしたことがあり、確かにそうだな、と納得したんです。それ以来、髪がパサついたり寂しく見えないよう、フォルムにもディテールにも細心の注意を払うようになりました」

What's New新着記事

FEATURE
ランキング