齋藤薫&倉田真由美が2019年の美白を語る! 期待のハイスペック美白【実感できる美白コスメ】

アラフィー世代の女性が、肌悩みの筆頭にあげることの多い、シミやくすみ。「化粧品でシミやくすみが本当に改善されるの?」という疑問に、美容歴30年以上のプロたちがズバリ回答!

美白歴30年以上のふたりが2019年の美白を語る!

齋藤薫&倉田真由美が2019年の美白を語る!  期待のハイスペック美白【実感できる美白コスメ】_1_1
(右)美容ジャーナリスト・倉田真由美さん
美容をはじめ、エイジングケアや美容医療など、幅広い取材をもとに、女性誌や新聞などに記事を執筆。本誌「数字が語る美の力」を連載中。

(左)美容ジャーナリスト・齋藤 薫さん
美容のみならず、女性の生き方や精神性にまつわる記事をさまざまなメディアで発信。近著の『“一生美人”力』(朝日新聞出版)ほか、著書多数。

新しい美白の考え方が台頭。肌全体のトーンアップが可能に

倉田 今日は、最新の美白コスメについてお聞きしたいのですが、薫さんは、相変わらず肌が白いですね。

齋藤 私は、家に引きこもっていることが多いから(笑)。それでもシミはできるし、肌色がくすんできました。

倉田 そうなんです。日に当たっていないのにシミが濃くなる、という声をよく聞きます。以前は、シミは紫外線の影響によりできると考えられていたけど、年を重ねてくるとそれだけではないような感じがしませんか?

齋藤 そうそう! 体調とかいろいろ。単純なくすみではないのよね。

倉田 同感です! でも今年の美白コスメは、私たち大人が期待できるものばかりだと思っています。

齋藤 新しい美白の考え方が出てきたといえます。美白とエイジングケア、美白とUVカット、美白とファンデーションなど、いくつかの機能が合わさったものが、まず気になります。資生堂HAKUの「美白美容液ファンデ」は、感触もいいので愛用してます。昼の間も真剣な美白ケアができる!

倉田 シミができる原因は、昼も夜もあるのだから、24時間のケアで、隙のないアプローチができますね。

齋藤 シミの原因というとメラニン、あるいはメラニンをつくるメラノサイトだけど、そこからちょっと離れ、俯瞰で肌を見つめた製品が出てきた。

倉田 「カネボウ イルミネイティングセラム」の細胞ひとつひとつの形を整える、というアプローチが気になりました。大人になってくると、細胞そのものが、ひしゃげたりゆがんだりしてくるから、肌色が曇ってくるって…。

齋藤 日ごろ、私たちは細胞の存在を意識することはないけど、実は細胞って見えているのよね。細胞の状態が、肌色をつくっているのは揺るぎのない事実。大人の肌は、影だらけ(苦笑)。

倉田 しわやキメ、毛穴によっても影ができるけど、内側にも影!? シミやくすみって、実は複合的な肌の老化ととらえたほうがいいようですね。

齋藤 もはやメラニンケアだけじゃ、もの足りない。コンシーラーの性能がよくなったから、シミはそれで隠し、肌全体の状態を根本からよくすることに徹したほうがいいといえるかも。

倉田 その点、ポーラの「ホワイトショット RXS」は、“暑さヤケ”にも対応。夏の暑さや不快感によってもシミが増えるって、なるほど〜と思いました。つまり、あらゆる刺激に対して過敏になり、シミやくすみになるってこと。年を重ねると、ますますその傾向が顕著になると実感しています。

齋藤 あらゆる“影”をなくすための総合的な美白が必要ですね。
※お2人のトークで紹介したコスメは後日公開! お楽しみに!

期待のハイスペック美白

原因は、メラニンやメラノサイトだけではなかった! エクラ世代の肌に起こっている“若いころとは違う細胞の変調”を正し、矯正するようにサポート。シミや色ムラ、くすみが、根本から明るく晴れていく感動を得よう!
美白コスメ

(右)エイジングによる表皮細胞の型くずれを正して、透明感を引き出す

メラニンの生成を抑えることに加え、細胞骨格のゆがみや劣化を防ぎ、正しい配列に整える新アプローチ。光を駆けめぐらせ“肌ノイズ”の原因を取り除くことで、内側から明るく輝く印象に。ほどよいオイル分を含んだなめらかな使用感。

カネボウ イルミネイティング セラム 50㎖(医薬部外品)¥20,000/カネボウインターナショナルDiv.

(中)シミもくすみも。色素幹細胞のストッパーをはずしてもとから明るく

幹細胞研究のエキスパートならではの最新美白。色素幹細胞がメチル化されるとDNAのストッパーになり、シミがつくられなくなることを発見! 新成分・カガミグサ根エキスが、DNAを再メチル化して正常な状態に戻し、定着したシミを根本から消す。

フェアルーセント 薬用ホワイトセラム 100㎖(医薬部外品・4/21発売)¥10,000/メナード

(左)夏の熱ダメージが肌をくすませる。「暑さヤケ」を防いで、 セルフクリア機能を強化

気温の上昇によってメラニンの生成量が増えることを突き止め、時計遺伝子のひとつ、DEC1に着目したハイスペック美白。肌の夏バテを防ぎ、皮脂の遊離脂肪酸からの炎症を抑え、セルフクリア機能をアップ。みずみずしい“スプラッシュショット感触”も気持ちいい!

ホワイトショット RXS50g(医薬部外品・5/1発売)¥12,000/ポーラ

What's New新着記事

FEATURE
ランキング