大自然の湯と美味を楽しむ 器の宝庫・鹿児島の旅スポット五選

2017年2月25日
大自然の湯を満喫できる名宿や伝統の技が光る薩摩焼の窯元、最先端の美食に出会えるガストロノミー……。鹿児島を訪れた際に是非足を運んで欲しいお立ち寄りスポットをご紹介。

2.沈壽官窯(ちんじゅかんがま)

エレガントな「青釉菊型湯呑」1客¥4,500。薩摩焼を牽引してきた窯の技術が作り上げる繊細で見事なフォルム

伝統の技と気品が漂う薩摩焼

端正で透明感のある地肌に細かな貫入が入り、優雅な姿が魅力の「白薩摩」。『沈壽官窯』は島津藩の御用窯として白物を焼き続けてきた。現在、十五代沈壽官がその歴史を受け継ぐ。「品質向上を目ざして歴代が生み出してきた技術を基本に、"今"を取り入れていくことが私の役目です」。伝統に培われた確かな技が気品のあるフォルムと質感を作リ上げる。一方、民陶として焼かれてきた「黒薩摩」も。温かみのあるふだん使いの器としての魅力をたたえる。
  • 精巧緻密でエレガントな「透かし彫り」。その美しさにほれぼれ
  • 「煎茶器」。これに湯冷ましがついたセット¥38,000。春は桜模様。四季それぞれの模様がある
  • 左から「黒丸皿小」「青釉丸皿小」各¥3,000
  • 十五代ご当主。イタリア留学経験もあり、時代に合った薩摩焼をと、作品を作り続ける
薩摩焼の里・美山で、美しい門構え、隅々まで掃除された庭が迎えてくれる。ふだん使いの器から十五代が作る作品までそろうギャラリー、沈家伝世品収蔵庫もあり、薩摩焼のすべてを見られる。今春にカフェをオープン予定。さらに楽しみが。
鹿児島県日置市東市来町美山1715
☎099・274・2358
9:00〜17:00
休第1・3月曜

What's New新着記事

  • グレージュの名手が「グレージュ」を愛する理由 五選

    グレージュを使った素敵なコーディネートがエクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。「さりげない存在感があり、おしゃれさを高める優秀さはとても重宝します」という森さんが、グレージュの魅力と注目アイテムをレコメンド。

    eclat五選

    2018年12月12日

  • 思いきり食べて盛り上がろう! サルボ恭子の「優雅な低糖質レシピ」 五選

    糖質を控えている人が多い昨今。実は糖質コントール中でも、食事を十分楽しめる! 糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたもの。タンパク質、脂質、食物繊維はOKなので、使える食材は意外に豊富。ローカーボ(低糖質)とはいえ、味も量もボリューム感があって、彩り豊かでおいしい! そんなおしゃれメニューを料理研究家・サルボ恭子さんに習った。

    eclat五選

    2018年12月12日

  • 50代のこれからはもっと美しく。肌運命が変わる最高の逸品 五選

    この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。

    eclat五選

    2018年12月11日

  • 旬のフローリストがつくる、センスの良い手みやげブーケ 五選

    スイーツにお酒……と手みやげに頭を悩ますこの季節。今年は世界にひとつのブーケはいかが? エクラスタッフやおしゃれなかたたちが「ここぞ」というときに頼りにしているとっておきの人気フローリストをご紹介。予算は¥8,000。シャンパン1本分の予算で、こんなにドラマチックで素敵な手みやげに。

    eclat五選

    2018年12月9日

  • 冬の女子会の主役は「豪華お取り寄せ鍋」! 五選

    鯛、ふぐ、松阪牛……豪華食材の鍋があれば、温かな湯気とともに盛り上がること間違いなし! 名料亭や名宿なら味はお墨付き! その中から厳選してご紹介。

    eclat五選

    2018年12月7日

FEATURE
ランキング