あなたの肌不調の原因は?アラフィーの「ゆらぎ肌」診断

季節の変わり目で、肌の不調を感じている人は多いはず。それを放っておくと、不調をいつまでも引きずり、本格的なゆらぎ肌に発展し、エイジングを加速させることに。まずは、自分の肌不調の原因を診断し、正しいケアを知ることからスタートして!

教えてくれたのは…

美容ジャーナリスト 小田ユイコさん

美容ジャーナリスト 小田ユイコさん

幼少期はアトピー性皮膚炎に苦しみ、社会人になってからは肌不調と常に隣合わせのゆらぎ肌に。しかし美容記者としてスキンケアの取材をするうちにゆらぎ肌脱出のケア法を習得。今は通年ゆらがない肌をキープしている。

≪ゆらぎ肌診断≫あなたの肌不調の原因は?一番チェックの多いタイプの見直しを!

【原則1】一番の大敵は肌の摩擦。

クレンジング&洗顔を見直し!

・いつも同じところから洗いはじめていない?

・洗う手指がつっぱっていない?

・いつまでもヌルつくものを使っていない?

クレンジングと洗顔を摩擦レスにすれば8割立て直せる

ゆらぎ症状が現れている部分は、実はクレンジング&洗顔時に洗いすぎていたり、摩擦がかかりすぎている部分。ヌルつきすぎて洗い流しに時間がかかるものも負担に。

【原則2】思い込みも我慢もNG!

保湿を見直し!

・「肌に優しい=何もしない」と思ってない?

・あれこれ重ねづけしすぎていない?

・しみたり赤くなるコスメを我慢していない?

炎症・鎮静&エイジングケア、W効果のある保湿がマスト

ゆらぎ肌に保湿はマスト。しかし、肌が炎症を起こしているので、与える成分によっては火種が大きくなりかねない。コスメを吟味し、シンプルかつ十分な保湿を。

【原則3】丸腰は絶対にダメ!

防御レスを見直し!

・肌に負担そうと日焼け止めを避けていない?

・紫外線だけの防御にとどまっていない?

・天気の悪い日はつけるのをやめていない?

負のスパイラルを断ち切る日焼け止めでしっかり防御!

ゆらぎ肌のボヤ火事を炎上させる紫外線からは、鉄壁の防御を。敏感肌でも使える日焼け止めなら、肌に負担をかけない。大気汚染物質まで防いでくれるものを。

「その“なんとなく”肌不調こそが、ゆらぎです!」

上のような肌不調がデフォルトに? あたりまえのようになっているその症状こそが、実はゆらぎ! 放っておけば定着し、シミ、くすみ、しわ、たるみなど、エイジングの引き金に。
あたりまえのようになっているその症状こそが実はゆらぎ

アラフィーの肌不調はケアを見直せばまだまだ逆転できる

「なんとなくの肌不調」、以前は私も抱えていましたが克服。今では「本当に元敏感肌?」と疑われるほどにゆらぎ知らずです。ゆらぎ肌を脱出したことでよかったのは、シミ、くすみ、しわ、たるみなどの老け見え症状が減ったこと。ゆらぎの正体は、肌への負担が引き起こした炎症。炎症があると肌は危険シグナルを発信し、エイジングへと向かっていきます。「私は敏感肌ではないから、関係ない」と侮ることなかれ。エクラ世代になるともともと敏感肌でなくても、季節の変わり目には肌不調が現れるように。それは加齢や寝不足、体調不良や、日々のスキンケアによる摩擦刺激や、肌に合わないコスメを無理して使っていることが原因。むしろ肌の丈夫さに自信がある人のほうが不調を放置し、エイジングを招きがちなので要注意です。ゆらぎ肌は、お手入れを見直せば意外なほど簡単に改善。ハリや透明感が復活して目を見張るほどにいきいきとした美肌に逆転できますよ。

What's New

Feature
Ranking