【草笛光子さんの“美を積み重ねる”秘訣】86歳の奇跡の美肌。その審美眼が選んだ“20年愛用”のコスメとは?

PR
透明感にあふれ、表情とともにいきいきと輝く。女優、草笛光子さんは、まさにエクラ世代が「こんな素敵な女性になりたい」と思う憧れの存在。年齢を重ねてもなお美しく。失われないその美の秘訣を聞いた。

“肌には生き様や覚悟が表れる。いつも素顔で勝負できる自分でいたいわね”

草笛光子さん

MITSUKO KUSABUE
くさぶえ みつこ●’33年、神奈川県生まれ。女優。日本ミュージカル界の草分け的存在で、数多くの映画やドラマで大活躍。最新作『老後の資金がありません!』(2021年公開予定)では、浪費家の姑を熱演。

カーディガン¥43,000/スローン ワンピース¥38,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) リング¥9,546・バングル(手首側から)¥3,928・¥4,391/アビステ イヤリング/本人私物

年齢を重ねても肌の透明感は守る。それが私の美容哲学

きわだつ透明感と内側から輝きを放つ肌をもつ草笛さん。実は、特別なことは何もしていないのだそう。「放ったらかしにはしていないわよ(笑)。メイクや汚れはしっかり落としているし、日焼け止めをつけずに出かけることはありません。でもやりすぎない。女優だからというのもあるけれど、人生がにじみ出る顔じゃないとつまらないと思うの。いくらきれいでも、年齢を重ねた肌が、卵みたいにツルツルしてたらおかしいじゃない。基本のケアはするけれど、きちんと生き様が表れるような顔がかっこいいなと思うから」。 
 

そんな草笛さんの長年の“肌の相棒”がトランスダーマの美容液。「自分らしく、素肌で勝負したいという気持ちに寄り添ってくれる化粧品。仕事でも日々さまざまなチャレンジがありますが、それを後押ししてくれる存在ですね」。寝て、食べて、体を動かすのが一番の美肌法という草笛さん。「それができなかったとしても、些細なことにとらわれない。しわも自分の人生と思って逆手にとって磨けば、案外魅力になっていくものなのよ」。
 

草笛光子さんの長年の“肌の相棒”がトランスダーマの美容液

草笛さんの美肌を支える2つの「トランスダーマ」

発売されてから20年間、草笛さんが毎日欠かさず使っているのが、ビタミンC配合のプレ美容液「トランスダーマC」。水や油、着色料は不使用。ほとんどピュアなビタミンCのみで構成されるこの美容液は、肌の透明感やハリ感をまっすぐにサポート。発売時から口コミで話題となり、「一度使ったら手放せなくなる」と、今もベストセラーを続ける。
 

この秋、シリーズに加わったばかりのアイクリームは、効果をまっすぐに届けるというトランスダーマのDNAそのままに、新規成分「ピセアタンノール」とビタミンAをプラスし、深く沈んだ目もとにアプローチ。スッと引き上がったまぶたをかなえる。

【草笛光子さんの“美を積み重ねる”秘訣】86歳の奇跡の美肌。その審美眼が選んだ“20年愛用”のコスメとは?_1_3

2020年誕生
トランスダーマ ジ アイクリーム(右)

ポリフェノールの一種である「ピセアタンノール」をぶどうの7300倍含む新規成分「パッションフルーツ種子エキス」と「ビタミンA(パルミチン酸レチノール)」のコンビネーションを、初めて化粧品に採用。滞りがちな血流を促進し、すっきり持ち上がったハリのある目もとへ。

10㎖ ¥6,000

発売20周年
トランスダーマC(左)

水、油をいっさい含まず、ピュアなビタミンC(アスコルビン酸)のパワーを肌にまっすぐに届ける美容液。いきいきとしたツヤとハリを与えながら、毛穴やキメを整え、透明感と輝きあふれる肌へと導く。洗顔後すぐの肌に使うタイプ。無香料・無着色・防腐剤無添加。30㎖ ¥16,000

※整肌成分

問い合わせ/アルロン・ジャパン ■0120・57・9012(10:00 〜17:30 土・日曜、祝日を除く)

What's New

Feature
Ranking
Instagram