今したいのは自分のためのおしゃれ。花柄スカートでおうち時間をご機嫌に

withコロナのなか再注目されている「誰のためでもない、自分自身のためのおしゃれをする」ということ。今回はおうち時間も心華やぐ、花柄スカートのコーデをご紹介。ゆったりした着心地もマストです。

花柄の揺れるスカートとネイルの色に元気をもらおう

花柄の揺れるスカートとネイルの色に元気をもらおう

今の気分は、家で過ごす日も気持ちが上がる服を身につけていたいということ。ホワイトニットの模様編みも、動くたびにスイングするノスタルジックな花柄のロングスカートも、約束のある日ではなく自分のために。もちろんニットのサイズはほどよくゆったりしたもの、スカートのウエストはゴム仕様と、リラックスした着心地も優先させて。

ニット¥31,000/スローン スカート¥36,000/ガリャルダガランテ 表参道店(メドモアゼル) ネックレス¥18,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)

  • 【50代 週末カジュアル】パートナーと心穏やかに過ごす週末スタイル

    家を中心とした近場での過ごし方があたりまえになっている昨今、週末のカジュアルスタイルも少しずつ変化の兆しが。パートナーを意識した女らしさや快適な着心地はもちろん、相手も自分も心穏やかになれる優しげなものを選びたい。パートナーと過ごす50代の週末カジュアルコーデを紹介。

What's New

Feature
Ranking