【50代の小柄さんコーデ術】すっきり見える“円錐形コーデ”おすすめ3スタイル

コートもボトムも厚みのある素材、しかも長く大きめのフォルムが流行中。身長150cmの小柄な人は特に、量感のある冬スタイルをどう着こなすかがポイントに。今回は、どんな体型の人も“すっきり見え”する円錐形コーデを、自身も小柄なライター・宮崎桃代さんがご紹介。
エディター 宮崎桃代

エディター 宮崎桃代

小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。

“小柄さん”におすすめ円錐形スタイル3

すそ広がりのワイドパンツで長方形コーデのアドリアナ

すその広がるワイドパンツはたっぷり長い丈をキープ

アイテム自体が円錐形シルエットなら簡単に全身バランスが整うのでおすすめ。センターシームがハイウエスト位置から始まる、視線キャッチ力もある一石二鳥のパンツ。明るいブルーもトーンアップ効果でのびやかに見せてくれるポイント。上半身をしなやかなシャツで小さくまとめて、パンツのシルエットを印象づけて。「靴はフラットにして、すそを地面に近くすると、顔との距離がより広がります」。

シャツ¥31,000/トレメッツォ(バグッタ) パンツ¥52,000/ストラスブルゴ(ポステレガント) サングラス¥36,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス(片耳)¥30,000/プライマル バッグ¥109,091/スマイソン 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)

Aラインでロングのシャツワンピースを着こなすアドリアナ

シャツワンピースはロングのAラインを選ぶ

「胸ポケットの位置が下にずれてしまい、小柄には不得手なアイテムだと思っていた」という思い込みをくつがえすシャツワンピース。Aラインの広がるシルエット&ロング丈なら、体全体が円錐形になり、小柄にうってつけの着こなしに。タートルネックとレイヤードすれば、首まわりもキュッと詰まっていっそう好バランスに。

シャツワンピース¥35,000/プルミエ アロンディスモン ニット¥24,000/スローン ピアス¥30,000/アパルトモン 青山店(アグメス) ネックレス¥16,000・リング¥9,000/アダワットトゥアレグ バッグ¥32,000/ウィム ガゼット 青山店(マルコ マージ) 靴¥37,000/プレインピープル青山(プレインピープル)

ベルト位置の調整でガウンコートを着こなすアドリアナ

ガウンコートはちょい高めにベルトをキュッと締めるべし

ウエスト位置からすそへの広がりを演出すると円錐形の効果が。ベルテッドコートはフレアタイプを選ぶのがおすすめ。「実際のウエストより指2本分上の位置でベルトをキュッと。やり過ぎにならないことが肝心。ゆったりめのコートが多い今、シルエットも丈もベルトで調整するのが小柄になじませるコツです」。

コート¥160,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ニット¥14,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥21,000/サードマガジン ピアス¥27,000・ネックレス¥34,000/ストローラーPR(リューク) バッグ¥143,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/リエート(サントーニ)

What's New

Feature
Ranking