バッグは守り・攻め・遊びの3品をワードローブに加えて!【スタイリスト大草直子の「おしゃれ塾」】

スタイリスト・大草直子さんによる「アラフィーのおしゃれの基盤の見直し」。今回は小物編としてアラフィーが持つべき「バッグ」を提案。数は少なくていいので「守り」「攻め」「遊び」のあるアイテムがワードローブにあることが大事。ぜひ一度、自分なりに仕分けしてみて!
スタイリスト 大草直子さん

スタイリスト 大草直子さん

おおくさ なおこ●スタイリングの提案にとどまらず、私設メディアの開催、ブランドとの商品開発、トークイベント、執筆などエネルギッシュに活動中。5回目となる本誌でのお悩み相談企画も毎度大好評。
Instagram:naokookusa

バッグの場合

《守り》のバッグ

アライアのバック

「一週間で一番使うものでもいいと思います。服が真新しくてモードすぎたなと思ったときに落ち着かせてくれたり。私の場合はほどよい大きさの可憐な黒バッグで“抑え役”的なイメージ」
バッグ(H19×W19×D11cm)¥244,200/リシュモン ジャパン(アライア)

《攻め》のバッグ

ロジェ ヴィヴィエのバッグ

「パシッと決めてきたなと思わせたい日や、ガツンといきたい!ときに選ぶことが多いのが《攻め》。相手を意識したり、自分の中の憧れや理想を色やデザインで表現したバッグです」

バッグ(H14.5×W16×D12cm)¥152,900/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ)

《遊び》のバッグ

ガリャルダガランテのバッグ

「ぱーっと自分の気持ちを解放してくれるもの。ワクワクする気持ちや、喜びに直結するものが《遊び》です。私の場合は、『わ、これかわいい!』と夢中になったストラップつきのこのカゴバッグ」
バッグ(H17×W20×D14.5cm)¥19,800/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)

What's New

Feature
Ranking
Instagram