チャウヌ (ASTRO) インタビューこぼれ話をお届け!【Web eclat限定版インタビュー後編】

現在発売中のエクラ8月号では、歌手として、俳優として大活躍中のチャウヌさんにリモートインタビュー。本誌には書き切れなかったこぼれ話を2回(前編・後編)にわたって、撮り下ろし未掲載カットとともに大公開!
チャウヌ (ASTRO) インタビューこぼれ話をお届け!【Web eclat限定版インタビュー後編】 _1_1
 ソウルのとあるスタジオにて行われた今回の撮影。次から次へと仕事をこなすチャウヌさんですが、疲れた表情を一切見せないのはもちろんのこと、撮影スタッフ全員にコーヒーを振る舞うなどの気遣いもパーフェクト。
 ということで、顔天才チャウヌさんの、本誌インタビューのこぼれ話を、新たなビジュアルとともにご紹介。
チャウヌ (ASTRO) 写真1
チャウヌ (ASTRO) 写真2

Q.チャウヌさんが主演している、ドラマ『女神降臨(原題)』が日本でも話題です。容姿端麗・文武両道のパーフェクト男子イ・スホというのがチャウヌさんの役どころですが、演じていて、難しかった部分はありますか?

スホは完璧な男子ではありますが、過去のトラウマをもっていたり、亡くなった母親の辛い思いを背負っていたり、父親から受けた重い傷をもっていたり、いろいろ複雑な想いを抱えています。後に、その全てを爆発させるシーンもあるのですが、そういったスホの感情をリアルに切実に表現できるよう力を入れました。

Q.『女神降臨(原題)』の一番の見どころは?

イ・スホ!!!(笑) もちろん、僕がスホの持つ内在的な悲しみをどう表現したかを一番に観てほしいですが、それだけでなく、学園モノとしての楽しさや、自分たちの悩みに真剣に向かい合うディープな部分、そして、アクションなど、いろいろ見どころ満載です。観れば観るほど魅力的な部分がたくさん出てくる見ごたえある作品なので、ぜひ、観てほしいですね。

Q.ドラマ『新米史官ク・ヘリョン』では初時代劇で初主演。時代劇のチャウヌさん的魅力って?

全体的に時代劇ならではの独特なムードがありますよね。コスチュームもセットもビジュアル的に現代ものでは味わえない雰囲気を楽しめる面白さがあると思います。自分としては、時代劇を演じることで、歴史の勉強もできるし、時代的な背景もいろいろ学ぶことができて楽しいです。歴史を理解しながら観ると、より面白く楽しめると思いますよ。僕もまた時代劇を演じたいですね。武士もやりたいし、王様もやりたいし、庶民もやりたいし、アクションもやりたい。

チャウヌ (ASTRO) 写真3
チャウヌ (ASTRO) 写真4

Q.現在は海外での活動がなかなか難しい情勢ですが、今度、日本に来ることができたら、何をやってみたい?

時間があれば、1ヵ月住んでみたいですね。もちろん、いろんなことをやってみたいですが、今、韓国で日本語を勉強しており、でも、なかなか上達しないんです。日本に滞在して生活して、日本語がもっともっと上達したらいいなと思います。

Q.最後に日本のファンにメッセージを。

今日はエクラの撮影ができて、本当に楽しかったです。状況がよくなったら、すぐにでもファンミーティングなり、ライブなり日本に必ず飛んでいくので、ぜひ、お待ちください。そして、みなさまが幸せで笑いが絶えない毎日が送れるよう祈っています。そして、ウヌのことを思ってくださいね。
この一言を最後に、次の現場へと向かったウヌさんでした。日本滞在、ぜひぜひ! お待ちしてま〜〜す。
*8月号本誌インタビューには、チャウヌ サイン入りポラロイド写真プレゼント(抽選で3名様)の応募券もついてますのでお見逃しなく!
チャウヌ
1997年3月30日生まれの満24歳。身長183センチ。6人組ボーイズグループASTROのメンバー。'18年『私のIDはカンナム美人』でドラマ初主演。'19年の初時代劇『新米史官ク・ヘリョン』で地上波初主演。最新作は'20年に韓国で放送されたドラマ『女神降臨(原題)』。

What's New

Feature
Ranking
Instagram