村山佳世子さん厳選の「最旬の10着」をクローズアップ!

あくまでもコンサバ(=ベーシック)でありつつも、どこかモード(=トレンド)の香りがする。スタイリスト・村山佳世子さんがていねいに選んだ、着回し力の高い「最旬の10着」を一挙公開!
スタイリスト 村山佳世子

スタイリスト 村山佳世子

『エクラ』をはじめとするファッション雑誌や、広告、カタログ等で活躍するエクラ世代の大人気スタイリスト。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が、6刷5万部の大ヒットに!

「アイテム選びがうまくいけば、実はコーディネートって簡単なんです」

大人のおしゃれは、一枚一枚、ていねいに服を選ぶことから始まると思っています。そう。文字どおり、量より質。ただ、その“質”というのが意外に複雑で、単純に、“いい服”であればいいというわけではありません。時代の空気感を備えていること、そして、ワードローブ全体のバランスがとれていることが大切です。それさえうまくいけば、実はコーディネートは全然むずかしくないはず。今季おすすめしたい10着を厳選しました。この最旬10着から、皆さんのおしゃれに役立つヒントを見つけていただけたら幸いです。

着回し力を備えた最旬アウター《ショートスリーブコート》

ブラミンクのショートスリーブコート

「ジレのようでもありポンチョのようでもある、深いサイドスリットが特徴的なショートスリーブコート。一見、難易度が高そうに見えて、実は着こなしやすい一枚です。ベルトでウエストマークすれば、スタイルアップもかないます」
コート(共布ベルトつき)¥231,000/ブラミンク

中途半端な丈感が今っぽさの決め手《ナイロンブルゾン》

ハイクのナイロンブルゾン

「ワードローブの中に対照的なアウターが2枚あると、着こなしの幅がぐっと広がります。今季おすすめしたい2枚目は、中途半端な丈感がとびきり今年顔のナイロンブルゾン。こういったスポーティなアウターは、きれいめ派の人にこそおすすめです」
ブルゾン¥96,800/ボウルズ(ハイク)

上質なカシミヤ素材だから上品に《きれい色ニット》

ブラミンクのきれい色ニット

「顔色をパッと明るく見せてくれるトマトレッドは、ベーシックカラーと相性のよい色です。 上質なカシミヤ素材がベースなので、発色が本当にきれいです。シンプルなデザインを選ぶと、強い色にも挑戦しやすいと思います」
ニット¥88,000/ブラミンク

着こなしに女らしいツヤを添える《サテンパンツ》

アンスクリアのサテンパンツ

「以前だったら春夏素材と呼ばれていたサテンパンツ、今はシーズンレスのアイテムになりました。ニットや布帛(ふはく)のコートが主役になる秋冬の着こなしに、女らしいツヤ感を添えてくれます。個人的にも、秋冬の稼働率が高いアイテムです」
パンツ¥39,600/アマン(アンスクリア)

大人に似合うモードな甘さ《透け感ブラウス》

アクネ ストゥディオズの透け感ブラウス

「フェミニンさとモード感を備えた、透け感が美しい黒のブラウス。ボトムにアウトで着たときにおしりがすっぽり隠れる丈感も、エクラ世代にはうれしいポイントです。タックインの流行が少し落ち着き、アウトで着るバランスが戻ってきました」
ブラウス¥52,800/アクネ ストゥディオズ アオヤマ(アクネ ストゥディオズ)

今季らしい長すぎないロング丈《レザースカート》

ラシュモンのレザースカート

「リアルなのかエコなのか、パッと見ではわからないほどその差がなくなってきたレザーアイテム。これはエコレザーを使用した一枚です。今季のスカートは、マキシすぎないロング丈が増えています。旬のブーツとの相性もいい丈感です」
スカート¥50,600/アペリア(ラシュモン)

今までの概念をくつがえす新しさ《ツインニット》

アンスクリアのツインニット

「これまでのツインニットといえば、カーディガンとプルオーバーのアンサンブルが常識でした。マフラーのようにも使用できるロングスリーブのショートボレロと、ノースリーブのタートルニットのツイン。なんて新しくて、なんておしゃれ!」
ツインニット¥53,900/アマン(アンスクリア)

ウールパンツがわりに旬の一本を《ニットパンツ》

チノのニットパンツ

「ウールの細身パンツのかわりに、今季トライしてほしいのが、レギンスのような細身のニットパンツ。ヒップが隠れるトップスを合わせれば、スタイルアップをねらえます。すそのほどよいフレア感がいい。足もとにポイントをもってくるのが、今のトレンドです」
パンツ¥23,100/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(チノ)

ベーシックな服こそ旬に敏感に《白シャツ》

コキュカの白シャツ

「昨年のこの企画でも10着の中に選んでいた白シャツ。たった一年で旬のシルエットが変化しました。今季は丈も身幅もオーバーサイズすぎない、ゆったりめのサイズ感が気分。ベーシックな服こそ旬に更新してみると、着こなしや見栄えが格段に変わるはず」
シャツ¥28,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ)

トラッド育ちのマストハブアイテム《チェック柄ワンピース》

ハイクのチェック柄ワンピース

「実は個人的には、柄ものの服があまり得意ではありません。慎重に選んでも、なぜか失敗してしまうことが多い。でもチェック柄だけは別。成功率が高いアイテムです。エクラ世代はトラッド育ちです。トラッドのDNAがチェック柄を引き寄せるのでしょう」
ワンピース¥60,500/ボウルズ(ハイク)

  • 50代スタイル美人!"ラクしてきれい"がかなう秋の最旬アイテム

    ラクちんな夏の装いにすっかり慣れてしまった今日このごろ。着心地はラクなのにすっきりと見せてくれて、手持ちの夏ものにも合わせやすく、さらに秋本番までフル活用できる、といいことずくめの「ほど薄スウェット」「渋色パンツ」「額縁ジャケット」の魅力を徹底的にレクチャー!

What's New

Feature
Ranking
Instagram