【2021秋冬最新ニット】着丈の前後差×旬のデザインでおしゃれに体型カバー

体のラインを拾わないゆったり感が人気の半面、着膨れが心配な人も多いゆるニット。今季は、前後差のある着丈で腰からヒップを自然にカバーしながら、旬のディテールを取り入れたおしゃれなニットが豊富!

mizuiro ind(ミズイロインド)

ミズイロインドのニットを着こなす田沢美亜

Aラインシルエットによる立体的なドレープでこなれる
なめらかな薄手の素材感がすそにかけて広がり流れるようなドレープに。気になるヒップやおなかまわりをナチュラルにカバーしてくれる。ニット¥10,780/マーコート(ミズイロインド) スカート¥29,700/カオス丸の内(カオス) ジャケット¥35,200/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ) サングラス¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) 2重にしたネックレス¥70,400/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥121,000/八木通商(ザンケッティ)

CINOH(チノ)

チノの浅めVネックニット

フロントが少し短くなるよう計算された前後差フォルムと浅めのVネックは、シャツなどのインナーをあえて出す重ね着にもちょうどいい。ニット¥37,400/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ)

SAYAKA DAVIS(サヤカ デイヴィス)

サヤカ デイヴィスのタートルニット

後ろ下がりのカーヴィなヘムラインがヒップを自然とカバーしてくれる。しっかりと高さのあるタートルネックやボリュームのある袖など、体型をカバーしながらも今らしいディテールを満喫できる一枚。ニット¥74,800/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス)

What's New

Feature
Ranking
Instagram