自然に溶け込むリトリート『ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts』が鷹峯三山のふもとにオープン

京都の洛北、鷹峯三山のふもとに広がる1万2000㎡余りの広大な敷地『ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts』が9月16日に開業。ヒルトンのラグジュアリーブランドであるLXRホテルズ&リゾーツのアジア初進出となるホテルだ。

『ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts』

一帯はかつて琳派の発祥の地であり数々の芸術家を輩出してきたことから、インテリアには唐紙、漆、竹、陶器などの京都らしいアートワークが施されている。施設の真ん中には水盤がゆったりと広がっているのが印象的。屋外にある天然温泉を利用したサーマルプールは、通年で利用することができる。天神川に面したレストランでは、四季折々の自然を眺められるテラスも人気。陶芸や茶道の体験などのアクティビティも豊富にあり、自然と文化に親しめる上質なリトリートだ。

長さ25mのサーマルプール

「THE ROKU SPA」内にある長さ25mのサーマルプール。森を眺めながらリラックスしてみたい

100㎡のROKUスイート

リビングからも寝室からも天神川沿いに山並みを望める100㎡のROKUスイート。唐紙や西陣織のアートワークを配した内装

レストラン「TENJIN」のオールデイダイニング

光が心地よいレストラン「TENJIN」のオールデイダイニング

エントランスを抜けると、自然の景観を映し込む大きな水盤が広がる
エントランスを抜けると、自然の景観を映し込む大きな水盤が広がる。浮島には北山で伝統的に仕立てられてきた北山杉を配しているのが特徴
「TENJIN」には、季節の特別メニューを味わえるシェフズテーブルも用意

「TENJIN」には、季節の特別メニューを味わえるシェフズテーブルも用意されている

京都府京都市北区衣笠鏡石町44の1
☎075・320・0111
全114室 ¥103,730〜
(1室料金、宿泊税・入湯税別)
www.rokukyoto.com

  • レンガ倉庫を北欧テイストのホテルに改築『NIPPONIA HOTEL 函館 港町』

    夜景の美しさで知られ、異国情緒ある港町として繁栄したかつての面影を今に残す北海道・函館。4月にオープンした『NIPPONIA HOTEL 函館 港町』は、重要伝統的建造物群保存地区内の赤レンガ倉庫群地区に位置しながら、これまで活用されてこなかったレンガ倉庫を改築。2階建ての建物に、9室のみの客室を備えたブティックホテルとして再生した。

What's New

Feature
Ranking
Instagram