ドレスアップスタイル【ブレンダ、大人のおしゃれ&暮らし、進行形vol.7】

ハワイからお届けするブレンダの連載、第7回目のテーマは「ドレスアップスタイル」。ブレンダにとってドレスアップする楽しみは、「ひとつひとつのプロセス」だそう。特別な日に選ぶブレンダの着こなしとは?
ターコイズブルーのリネンドレスのブレンダ

目をひく美しい色が主役。リネン素材で抜け感を
ターコイズブルーのリネンドレスは、リゾートライクなドレスアップを楽しみたいときの定番。ドレスの軽やかなニュアンスに、ビーズのネックレスで自分らしさをプラスするのがこだわり。
ドレス/MYLAN ネックレス/kisiwa Designs サンダル/Marc Jacobs バッグ/kate spade その他/ブレンダ私物

マーメードシルエットのニットドレスのブレンダ

背中とサイドの肌見せで女らしさを楽しむニットドレス
マーメードシルエットで体のラインを美しく演出しつつ、ニット素材でほどよいカジュアル感も残るロングドレス。ビビッドなパンプスで遊び心を添えて。
ドレス$595/VICTOR GLEMAUD(WE ARE ICONIC) 靴/Brian Atwood その他/ブレンダ私物
 

たまのディナーや少人数の友人との集まりを除いては、めっきり本気のドレスアップをする理由がなくなってしまった今日このごろ。

今回、「ドレスアップスタイル」のテーマをやることに決まったときは、うれしくて次の日、買い物に出かけてしまいました。

撮影は、スタイリッシュなインテリアと楽しい雰囲気で知られるアロヒラニ・ホテルで行うことに。それなら自分のバケーションも兼ねて一緒に楽しんでしまえ、とホテルを数泊予約。撮影後に、数人の友人を招待して、ちょっとしたイベントを企画しました。

全員でドレスアップして、ホテルのラウンジで少しの間だけでもカクテルを楽しんだら、毎日の悩みなんてどこかにいってしまったわ。  

私にとってドレスアップする一番の楽しみは、そのひとつひとつのプロセス。ワードローブ選びから始まり、ヘアとメイクにも時間をかけ、その世界観を楽しむ……すべてが楽しくて、日常からの素敵なエスケープ。誰だってそんな時間が必要でしょ? 私みたいに出不精になってしまっていたら、なおさらのこと。

若いころ、私にとってドレスアップとは胸もとを強調したタイトな短いドレスを着ることでした。それは、着こなしを見せるというよりは、体の線を見せるというほうが正しかったかもしれない。

でも今の私は、ロングドレスや、シルエットに特徴があるワイドパンツやボックスジャケットに惹かれるのです。ボディラインを見せることより、ファッションを楽しみたい。

今回の撮影で着たドレスのひとつは、マーメードシルエットが美しいニットのマキシドレス。サイドのスリットのディテールがトレンドのセクシーさを加えています。ヘアはストレートにして、ダークめの口紅を選びました。まだ仕事が終わらないうちから、早くこの姿で遊びにいきたい気分だった!

ラッキーなことに、友だちは私を待っていてくれて、撮影が終わった瞬間にこのまま出かけていったわ、人気のアロヒラニ・ホテルの5階にね。最高の夜でした、そして私にはそんな夜が必要だということを思い出させてくれました。みんな、パーティシーズンを楽しんでね!

Private photos..

 一番お気に入りのパーティドレスのブレンダ

一番お気に入りのパーティドレスです。結婚式に着ていくためにヴィンテージムームードレスを買いました。クロゼットにあるだけでも愛おしい(まるで美しいアートが壁にかけてあるみたいに)

パーティルックのブレンダ

素敵なマニキュアとシャンパンでパーティルックが完成

ドレッシーな服にフラットな靴のブレンダ

ドレッシーな服にフラットな靴は選ばなかったのだけど、今は逆にそれが服にスタイリッシュさを加えてくれる気がする

 背中を見せるドレスのブレンダ

背中を見せるドレスって本当にセクシーだと思う

真ん中分けでゆるやかなウェーブのブレンダ

真ん中分けでゆるやかなウェーブ。お出かけのときの、好きなヘアスタイル

ジーンズでドレスアップのブレンダ

ジーンズだってすばらしいドレスアップアイテムになるの。素敵なトップスかジャケットと合わせればいいだけ。きっとこれが私のドレスアップスタイルの定番

ブレンダ

ブレンダ

ぶれんだ●ハワイ州出身。17歳でモデルデビューして以来、『JJ』『MORE』『BAILA』『Marisol』など数々の日本の女性誌の表紙を飾るほか、CMや広告、デザイナーとしても活躍。自身も大のファッション好きで、エクラでは’21年7月号よりこの連載がスタート!

What's New

Feature
Ranking
Instagram