片づけの心得②施設に入った親も納得の片づけ方法とは?【知っておきたい「実家の片づけ」の新真実】

片づけヘルパーの永井美穂さんが「実家の片づけ」の心得を4大お困りケース別に解説。今回は「親が施設に入り、空き家に」というケースについて。 
教えてくれた人
片づけヘルパー 永井美穂さん

片づけヘルパー 永井美穂さん

介護福祉士として在宅介護に携わった経験から、高齢者が健康で安全に暮らせる環境づくりと、片づけの実施を提案。‘09年から日本初の片づけヘルパーとして活動。著書に『親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房)がある。

https://www.mie-style.com/


【Case2】親が施設に入り、空き家に

撮った写真を見せながら判断を。実家に戻れないなら処分してOK

撮った写真を見せながら判断を。
施設に入った親が自宅に戻らないと決めたら、売却するにせよ、賃貸に出すにせよ、実家を空っぽにする必要がある。「施設はスペースに限りがあるので、家具や家電、洋服、装飾品の多くが不要になります。また、施設内は一年中、快適な温度が保たれていて、衣替えの必要もありません。ほとんどのモノを処分することになりますが、捨てる前に必ず両親の意向を確認しましょう。家に残したモノの写真を撮って、いる・いらないを確かめるのもいいでしょう」(永井さん)。

親が元気で実家と施設が近ければ、親と一緒に定期的に実家に通って片づけるのもひとつの手。親はスッキリした場所で暮らしているので、心に余裕をもって片づけに取り組むことができる。
  • どう受け止める?いつか必ずくる”親との別れ”人それぞれの別れ方

    どう受け止める?いつか必ずくる”親との別れ”人それぞれの別れ方

    アラフィー世代にとって、「親の死」は決して遠いものではない。"その時"を、冷静に、穏やかな気持ちで迎えられるかと聞かれると、答えに窮する人も多いのでは?避けることができない親との別れ、それをどう受け止めればいいのか。親を見送った人の体験談や看取りの専門家のアドバイスをもとに、一緒に考えてみませんか。

What's New

Feature
Ranking
Instagram