カジュアルときれいめのバランスが大事!富岡佳子さんのおしゃれポイント【富岡佳子、私のおしゃれの現在地】

2022年という新しい年を迎えた今、富岡佳子さんのおしゃれフィロソフィーはどう進化しているのだろう。「着こなしの出発点は足もとから」という富岡さんのおしゃれのポイントについて聞いた。

着こなしの出発点は足もとから。

軸があると、すべてのバランスが決まります

今の私にとっては、“足もとの心地よさ”が、最もゆずれないおしゃれのポイントです。なのでほぼ毎日が、スニーカーかフラット靴。ブーツ級のパワーをもつスニーカーなら、大人としてのクラス感を保てると感じています。足もとがカジュアルなぶん、パンツならセンタープレス入りなどのきれいめを選ぶことできちんと感をキープ。“カジュアルときれいめのバランス”は、私にとって、永遠のおしゃれフィロソフィーなのです。

着こなしの出発点は足もとから。 軸があると、すべてのバランスが 決まります

ハイブランド発の最新スニーカーは、足もとにブーツと同等の威力を添えるベストチョイスのひとつ。「シンプルなニットにセンタープレスパンツを合わせたこのコーディネートは、ふだんの日のバランスです。もっときちんと感が必要なシーンでは、シャツやワンピースなどを合わせたりして、カジュアル感ときちんと感の全身バランスを調整します」。

COAT:DIOR

KNIT:AURALEE

PANTS:JIL SANDER

EARRINGS:SOPHIE BUHAI

EAR CUFF:Gabriela Artigas

STOLE:HERMÈS

BAG:LOEWE

SHOES:DIOR

What's New

Feature
Ranking
Instagram