収納容器は変えないで、親の手元にあるものを【知っておきたい「実家の片づけ」の新真実】

実家の片づけで親とモメないコツを、片づけヘルパーの永井美穂さんがアドバイス! 収納用品は、新しく買いそろえるより、どこに何がしまってあるかを親本人がわかりやすいものにして。
片づけヘルパー 永井美穂さん

片づけヘルパー 永井美穂さん

介護福祉士として在宅介護に携わった経験から、高齢者が健康で安全に暮らせる環境づくりと、片づけの実施を提案。‘09年から日本初の片づけヘルパーとして活動。著書に『親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房)がある。

https://www.mie-style.com/


実家の片づけの新真実④ 収納用品は新しく買いそろえなくていい。

収納用品は 新しく買いそろえなくていい。
「両親が書類や文房具などのこまごましたものを、色や形がバラバラな空き缶や空き箱にしまっていても、入れ物を変えようとしないことです。子供は『このほうがスッキリ見えるから』と、色や形が同じ収納容器で新しく買いそろえようとしがち。ところが親は、どこに何がしまってあるかを容器の色や形で覚えているため、とまどってしまうのです。収納はスッキリがいい、とはかぎらないことを心にとめておきましょう」(永井さん)

What's New

Feature
Ranking
Instagram