50代の洗顔は、肌状況に合ったアイテムを選ぶことが美肌への近道【脱・なんとなく洗顔】

エクラ読者の自己流クレンジング&洗顔を、皮膚科医の髙瀬聡子先生とトータルビューティアドバイザーの水井真理子さんがチェック。洗顔料やクレンジングがアップデートされていないと肌に負担をかけていることも。現在の肌に最適なアイテムを選んで。
皮膚科医 髙瀬聡子先生

皮膚科医 髙瀬聡子先生

ウォブクリニック中目黒総院長。スキンケア化粧品「アンプルール」の開発にも携わる。的確なケアの指南も好評。
トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー 水井真理子さん

肌だけでなく、体の内側や精神などトータルでアプローチする美容を提案。わかりやすいカウンセリングも人気。

【夜の洗顔編】

クレンジングだけ? 洗顔だけ? 常にW洗顔? どれも不正解。大人ほど、その日の肌を見ながらの「洗い分け」を。

1.「洗顔アイテムは10代の娘と共用しています」

×50代の肌に合った、落としすぎないアイテムを使って
「落とすのはなんでもいいという考えはNG。娘世代に合った洗顔料は大人が使うと潤いのとりすぎになる場合も。エイジングケアもしながら落とせる、年齢に則した洗顔料を取り入れて」(水井さん)。

2.「10年以上、クレンジングはオイルと決めています」

△その日の肌状態に合わせて、タイプ違いのものを2〜3種用意が理想
「クレンジング料はタイプによって洗浄力が違います。できれば2〜3種常備しておいて、例えばメイクの濃い日は洗浄力が強いオイル、週末ていねいに落としたいときはマイルドなクリームというように、メイクの濃さやその日の状態に合わせて使い分けて」(髙瀬先生)。
「大人は基本的には油分の多いクリームがおすすめですが、生活様式や好み、肌状態などに合わせて選んで、毎日の洗顔タイムを少しでも負担なく楽しいものにするのはいいことだと思います」(水井さん)。

「オイルは洗い流すときに水やぬるま湯をなじませ、一度乳化させてからすすぐ。クリームとミルクはティッシュオフしてから洗い流すのがベター。バームは手のひらでゆるめてから肌へ。ジェルは乳化させずにそのまま流してOK。ローションはコットンにたっぷり含ませることが大事」(髙瀬先生)。
ニュートリ クレンジング オイル

オイル
ニュートリ クレンジング オイル 400㎖ ¥8,800/エスティ ローダー

ヴィアルム ザ クレンジング クリーム

クリーム
ヴィアルム ザ クレンジング クリーム 125g ¥11,000/SUQQU

 プレステージ ル バーム デマキヤント

バーム

プレステージ ル バーム デマキヤント 150㎖ ¥11,550/パルファン・クリスチャン・ディオール

ファミュ コンフォート クレンジングミルク

ミルク
ファミュ コンフォート クレンジングミルク 120㎖ ¥4,620/アリエルトレーディング

 イドラクラリティ トリートメント ジェルウォッシュ

ジェル
イドラクラリティ トリートメント ジェルウォッシュ 150g ¥3,520/コスメデコルテ

オー ミセラー

ローション
オー ミセラー 150㎖ ¥5,720/シャネル

「洗浄力の強さは、オイル→クリーム→バーム→ミルク→ジェル→ローションの順です」(髙瀬先生)。

What's New

Feature
Ranking