軽井沢の一軒家ビストロ『Bistro Forest Vale』で、仲間と楽しい時間を

軽井沢在住者が太鼓判を押すグルメ、今回は関根千園さん、高橋美智子さん、ファーガソン千春さんが推薦する『Bistro Forest Vale』をご紹介。軽井沢らしい環境と地元食材を使った洗練の味を楽しめる。

ブランドPR 関根千園さん、美容ジャーナリスト 高橋美智子さん、主婦 ファーガソン千春さん推薦

『Bistro Forest Vale』

ランチからディナーまで、仲間と楽しめる緑陰のビストロ
緑豊かな林の中の一軒家。昼はスパイスカレーやサーモンサンドが大人気。実は夜のビストロメニューも相当におすすめ。シェフの目利きで仕入れた素材や地産野菜を定番の味に仕立てている。魚介類はカルパッチョやアクアパッツァに。肉はかたまりでグリエ、ロースト。それも安定のおいしさ。「軽井沢らしい環境と地元食材を使った洗練の味を楽しめます」(関根さん)。昼でもディナーコースの予約可。家族と、友人と、気兼ねなく楽しめるアドレス。覚えておきたい。

鰹

魚介にも力を入れ、他県の市場から取り寄せる。「鰹のカルパッチョ」

メバル

「メバルのアクアパッツァ」

黒毛和種

「黒毛和種カドワキ牛 ランプのグリエ」。赤身の部位をていねいな火入れでジューシーに。焼き野菜のココットが添えられる。夜は予約制の「メインを選べるビストロシェアコース」のみ

料理長とマダム

蓬莱智之料理長とサービス担当のマダムの浩子さん

Bistro Forest Vale

Information

長野県北佐久郡軽井沢町大字追分1505の22

☎090・5651・0750 ※夜は完全予約制

11:30〜13:00LO、18:30〜21:00

定休日 月曜夜、水曜 不定休あり

ランチ(日替わり)¥1,800〜、ディナー¥6,000〜

教えてくれたのは

ブランドPR 関根千園さん

「ドリス ヴァン ノッテン」や「マリーエレーヌ ドゥ タイヤック」等のPRを手がける。’09年、旅で訪れた軽井沢で家の購入を即決。以来、東京との二拠点生活を送る。

美容ジャーナリスト 高橋美智子さん

雑誌社勤務を経て、フリーに。現在は『MAQUIA』のビューティ ディレクターも務める。’06年から都心との二拠点生活を始め、リモートワーク中心の今は軽井沢が基盤に。

主婦 ファーガソン千春さん

キャビンアテンダントとしてロンドン勤務時代に英国人のご主人と結婚し、帰国。’19年より東京と軽井沢のデュアルライフを送り、通訳、お菓子・刺繡教室の活動も。

What's New

Feature
Ranking