【50代、パートナーとの新しい形】卒婚、週末婚など夫と別居したいときの5つのポイント

パートナーとの関係を見直すアラフィー世代が増えている。今回は、卒婚、週末婚など夫と別居したいときに考えておきたい5つのポイントを、弁護士の後藤千絵さんが解説&アドバイス。衝動的に行動しないようにしたい。
教えてくれたのは…
弁護士 後藤千絵さん

弁護士 後藤千絵さん

フェリーチェ法律事務所を設立。著書に『誰も教えてくれなかった「離婚」しないための「結婚」の基本 女性弁護士が3000人の離婚相談で見つけた「パートナー選び」の絶対法則』(KADOKAWA)がある。

1.衝動的に無計画で進めない

とにかく自由になりたい!と無計画に進めると、卒婚したものの、夫には不満があって最終的に離婚になるケースも。

2.今までの夫の妻への依存度を考える

夫の身のまわりのケアをほとんどしていたという場合、卒婚は破綻しやすい。夫の自立を促しながら計画を立てることも必要。
別居したいとき

3.別居時、夫からの生活費以外の収入を確保する

卒婚を経て離婚にいたるケースは少なくない。夫からの生活費ではなく、仕事をもち自立した経済力を確保しておくべき。

4.別居前に預貯金、保険、不動産など資産を把握しておく

別居している間に、夫が資産を勝手に動かす可能性も。それを避けるためにも現時点での資産を把握しておくことも大事。

5.夫の気持ちを無視しない

妻は卒婚に乗り気、でも夫の本音は別というケースは多い。夫の本音の確認は重要。急な離婚申し立てをされるケースも。

What's New

Feature
Ranking