50代女性のホンネ:私の隣の”イタイ人”

2017年7月22日
Jマダムのみなさんは、人づきあいに関しても上級者。ただ、女性同士、関係がこじれるところまでいかなくても、うんざり、げんなりしてしまうこともあるのでは? そこで「周りに『イタイ』と感じる人はいますか?」と聞いてみると……。
もっとも多かった回答は「ムリのある若作り」! 「自分に似合っていない若い子の流行を取り入れすぎで、若作りするのはイタイ」(M・50歳)、たしかに。流行遅れに見られるのはイヤだけれど、似合ってもないもないトレンドを取り入れ過ぎるのは禁物なのだ。もちろん、イタイと感じるのはそんな外見だけではなく、「いまだにやたら男性に対してだけオーバーリアクションで触って、イャだぁ〜とか言っている人。男子だけに媚びる感じはもう気持ち悪いから、やめたほうがいいんじゃないかと」(A・54歳)、「考え方や発言が幼い人」(K・49歳)。ああ、素敵に見える「若々しい」とイタイ「過度の若作り、幼い」の違いを今一度、しっかり心得なければ。
次に多かったのが「自慢話をする人」、「上から目線の人」。「夫や子どもの自慢をやたらする人……自分に何かコンプレックスがあるのかな? と感じます」(F・52歳)、「普通に会話をしている時、なにかと”自分のほうが上”アピールをする人」(H・52歳)。これはひょっとすると「幼さ」の裏返し? 
では、みんな、イタイ人にはどう対応している? 「近づきません(笑)」(S・43歳)。たしかに、君子危うきに近寄らず。あとは「すいません、ただ失笑です」(A・54歳)するしかなかったり。ただ、イタイ人とも付き合わなくてはいけない場合も。そんな時は「同意をしたくなく、話を続けたくないため、相づちだけ打つ」(K・49歳)、「軽く流して、話題を変える」(H・52歳)。さすが、大人の反応。さらにこんな声も。「家に帰って鏡を見て、あの人のことをイタイと思っているアナタはどう? と問いかける」(E・53歳)。わお、人のふりみて我がふり直せ? えらいっ!

What's New新着記事

  • 実は女性以上に大変!? 夫の更年期・対策編 【日常生活や夫婦の対応法】

    男性ホルモンは徐々に減少することや、ストレスなどで大きく減ってしまう場合もあることを知り、対策を考えることが必要。日常生活で男性ホルモンを増やす方法や、夫婦の時間の持ち方で気をつけたいことをご紹介します。

    50代のお悩み

    2018年8月18日

  • 大人にとっての「美肌の鉄則」を小林ひろ美が指南! 五選

    「今のエクラ世代は、若いときからいろんな美容を試してきた世代。知識はあるのですが、その「なんでも知っている」という自信が逆に思い込みを招いたり、きれいのリニューアルを妨げていることも」と話す、美容家の小林ひろ美さん。不要なものを捨て、肌をめぐらせ、必要なものを取り込む。スキンケアの「いる」美容はいたってシンプル。特別なケアは必要なく、基本はこの3本柱。続けることで美肌力は高まる!

    eclat五選

    2018年8月18日

  • 等身大のおしゃれヒントが満載! アラフィーのリアルスタイルスナップ【関東編】

    暑さが厳しい日々でも涼しくてきれい見えするアラフィー女性たちの着こなしを関東、関西別にお届け! 流行と自分らしさを組み合わせたアラフィースタイルは必見です。

    ファッション

    2018年8月18日

  • 頼れる「美パンプス」は、この一足! 五選

    若いころのように、ハイヒールで一日中仕事をすることができないアラフィー女性のために、履き心地抜群でしかもデザイン性にも優れた、才色兼備な逸品をピックアップ!「パンプスなのに走れる」と巷で噂のロックポートや、絶妙なフィット感が得られると評判の、日本人デザイナーが日本人女性のために作った靴をご紹介。

    eclat五選

    2018年8月18日

  • ベストセラー&話題の本から今の時代をズバッと読み解く! 五選

    売れた本には、時代の気分が反映されているもの。本誌書評連載でも鋭い視点でおなじみの文芸評論家・斎藤美奈子さんが、この一年の本の傾向に切り込む!

    eclat五選

    2018年8月17日

FEATURE
ランキング