おしゃれな大人のひとつ結びをつくる、大切なコツを伝授 五選

髪を結ぶ機会が増える夏。一番手軽なひとつ結びを、もっとおしゃれに見せられたら素敵! 「結び方を教えて」と大人のお客さまからいつも頼まれるという、代官山のヘアサロン『roraima』鎗田さんに、その極意を聞いた。
教えてくれたのは…
ヘアアーティスト 鎗田美樹さん
代官山のヘアサロン『roraima』を主宰。旬を取り入れ、おしゃれ映えさせるセンスと、その人を受け入れて輝かせる包容力で、多くのモデル、女優などにもファン多数。

2.毛先のニュアンスは絶対に必要!

 おしゃれな大人のひとつ結びをつくる、大切なコツを伝授 五選_2_1
パーマなしなら、必ず毛先全体をざっと内巻きに。仕上げの雰囲気のため、毛先の動きはどうしても必要なので、暑さに負けずがんばって。余裕があれば、トップや顔まわりも巻くとよりよい。スタイリング剤で髪のまとまり感を出すこともお忘れなく。

ホールド力あるワックスをヘアピンがわりに多め使用!

 おしゃれな大人のひとつ結びをつくる、大切なコツを伝授 五選_2_2
ヘアピン多用はオバさんぽい。髪をホールドするヘアワックスをかわりに使って。ダウンスタイル時よりもやや多め、がポイント。パール1.5〜2粒程度のバーム状ワックスに、のびをよくするためにオイルを4〜5滴混ぜ、中間から毛先に。髪の方向性を決めるほか、ランダムな毛束感ができておしゃれに。

What's New

Feature
Ranking