“一生もの”に出会える 東京のインテリアショップ 五選

2017年7月30日
eclat8月号では、大人な北欧インテリアや、一点もののアンティーク小物などあなた好みの"一生もの" に出会える都内のインテリアショップを厳選してご紹介。

大人向きの北欧家具、ユニークなアンティーク品を探すならこの5店

ナチュラルよりも、モダンで洗練された印象に仕上げる大人の北欧インテリアや、一点もののアンティーク小物まで。自分らしいインテリアに仕上げるためにおすすめのショップ。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.『HIKE』ハイク
洗練された北欧ヴィンテージ家具がそろう

’50~’60年代の主にデンマークやスウェーデンの家具を中心に、それらに合う日本やイタリア製の照明、ラグ、北欧のヴィンテージ食器などを扱う。加えてソファやスツールなどのオリジナル家具の販売と、テレビボードなどのオーダー家具の製作も行い、静謐で洗練された大人の北欧スタイルがトータルで実現。毎週替わるディスプレイも必見だ。

東京都目黒区東山1の10の11 ☎03・5768・7180 11:00~18:00 ㊡火・水曜 http://www.hike-shop.com/
2.『greeniche 代官山』グリニッチ ダイカンヤマ
新旧の北欧家具とオリジナルが見られる

状態のよい’50~’70年代の北欧ヴィンテージ家具が比較的リーズナブルに手に入り、無垢材のぬくもりのあるオリジナル家具も好評。また総代理店を務めるデンマーク、FDBモブラーの家具と、スウェーデンの壁かけウォールシステム、ストリングも見られる。家具製作とリペア専門の職人を抱えており、取り扱う品の確かなクオリティが評判。

東京都渋谷区猿楽町29の10 HILLSIDETERRACE
代官山C 棟 ☎03・6416・5650 11:00~19:00 ㊡水曜 http://www.greeniche.jp/
3.『桜ショップ 銀座店』
木の魅力を生かした家具が再注目

ジョージ・ナカシマの家具をはじめ、木のもつ個性、美しさを最大限生かした家具でおなじみの桜製作所のショップ。やぼったくなりがちな無垢材の家具を軽やかに仕上げ、モダンな空間にもすんなりなじむデザインが魅力だ。存在感のある一点もののテーブルは、北米産ウォルナット材や国産カバ材など、選りすぐりの板でオーダーできる。

東京都中央区銀座3の10の7 ヒューリック銀座三丁目ビル1F ☎03・3547・8118 11:00~18:30 ㊡夏季・年末年始 http://www.sakurashop.co.jp/
4.『COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY』コンプレックス ユニバーサル ファニチャー
NYで話題の照明やタイルも扱う

さまざまな国のミッドセンチュリーデザインからインスピレーションを得たオリジナル家具、特に椅子が豊富なショップ。また、どこか懐かしくスタイリッシュなNYの注目ブランド、アパラタスの照明や、NYの地下鉄の修復工事で実際に使われているハンドメイドのサブウェイセラミックスのタイルなど、ここでしか見られない輸入アイテムも。

東京都目黒区三田2の10の35 1F ☎03・3760・0111 11:00~19:00(月~金) 12:00~18:00(土・日曜) ㊡祝日 http://www.complex-jp.net/
5.『antiques tamiser』アンティークス タミゼ
オーナーの美意識が行き渡るアンティーク店

店名の「tamiser」とは、フランス語でふるいにかけること。その名のとおり、ヨーロッパをはじめ日本国内をめぐって、店主自らが選びぬいた味わい深い食器や個性豊かな生活道具、用途不明のオブジェなどが独特の世界観の中、自然光のあふれる店内に並べられている。古いもののほかに、オリジナルの復刻スツールやアメリカ人作家、ピーター・アイビーのガラス器や照明も扱っている。

東京都渋谷区恵比寿3の22の1 ☎03・6277・2085 12:00~19:00 ㊡月曜 htttp://tamiser.com/

What's New新着記事

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

  • お盆を過ぎたら「辛口ドラマティックカーキ」 五選

    まだまだ暑い日々が続くとはいえ、どことなく秋の訪れを意識しはじめるのがお盆を過ぎた8月中旬〜下旬にかけて。夏の空気感にも秋の気配にも似合う辛口カーキで、おしゃれがむずかしい、季節の変わり目をのりきって!

    eclat五選

    2017年8月17日

  • 代々受け継がれたことや手法 “絶対に持ち帰りたい盛岡の手みやげ”

    代々受け継がれたこと、守り続けた手法が今へ、次の世代へ。eclat9月号では、思い出とともにバッグに入れて持ち帰りたい、目をかけ手をつくした端正な品々をご紹介。

    eclat五選

    2017年8月16日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

ランキング