海外旅行

  • 東南アジアで、今一番行きたい国「ラオス」の魅力あふれる宿や食 五選

    eclat(エクラ)5月号では、世界遺産の街ルアンパバーンと首都のヴィエンチャンを食いしんぼうライター桂まりが探訪。フレンチコロニアルのリゾートホテル『ソフィテル ルアン パバーン』、優しいスープの米麺・カオソーイの店や、鴨のラープの店、聖なる仏塔タートルアン、クアンシーの滝をご紹介。

    eclat五選

    2018年4月27日

  • 隠れ家の趣き タイ チェンマイのラーンナースタイルホテル 5選

    東南アジアで一番人気を誇る観光国タイは、4つの地域に分けられる。ビーチリゾートに恵まれた南部タイ、首都バンコクを含む中部タイ、イーサンと呼ばれる東北部タイ、そしてチェンマイを中心とする北部タイ。クメールやモン文化の影響を受けている他の3つの地域とは異なり、北部タイには13世紀末から16世紀の中頃まで断続的に続いたラーンナー王朝の影響が色濃く残されている。ラーンナー王朝は、チェンマイを首都に定め、豊かな土壌に恵まれて米作が盛んになり、仏教を信仰して多くの寺院を建立した。なだらかなカーブを描く大きな屋根を特徴とする寺院建築や、独特のテキスタイル、クラフトなど、その総称がラーンナー文化と呼ばれている。1995年、このラーンナースタイルの寺院建築をホテルデザインに取り入れたフォーシーズンズ チェンマイがオープン。これが起爆剤となり、次々にラーンナースタイルのホテルや、西洋建築と融合したラーンナーコロニアルのホテルが誕生した。いまやその数50軒を越えるが、そのなかから、隠れ家の趣きがある、ゲストたちに好評な5軒をセレクトした。

    eclat五選

    2018年1月15日

  • タイビーチのビーチを楽しむ、離島のホテル5選(リペ/クラダン/サメット/パンガン/チャン) 

    白砂のビーチに拡がる蒼い海、居心地のいいホテル。タヒチやモルジブにも、ひけをとらないパラダイスが、タイのアンダマン海やシャム湾に点在する小さな島々のリゾートだ。あまりにも海がきれいなので、それだけで、心も体もリフレッシュ。日本からの直行便はないが、コネクションもよくなってきているし、離島のホテルはコストパフォーマスがいいので、おトク感がいっぱい。なかでもエクラ世代が納得できるグレードのホテルを5つセレクトしました。4泊6日以上のゆったりしたスケジュールを組んでのお出かけを、おススメ。

    eclat五選

    2017年12月26日

  • “ウェルネス観光25選”を旅する、 ソウルと近郊、美容旅②

    渡韓歴20回以上のライターKが体感した”ウェルネス観光25選”のリストには、ソウル市内のスパや韓方カフェも。信頼のできる噂のエステ巡り、ランチは見目麗しい精進料理を選んで、おしゃれなカフェの韓方茶で一息つく。そんな美容に特化した贅沢な過ごし方も、冬のソウル旅にぴったりです。

    ライフスタイル

    2017年12月17日

  • “ウェルネス観光25選”を旅する、 ソウルと近郊、美容旅①

    次のソウル旅、3泊4日で韓国美容をたっぷり吸収しにいきませんか?渡韓歴20回を越す、ライターKが見つけたのが、2017年に完成した”ウェルネス観光25選”という、健康と癒しが目的の観光スポットリスト。このリストを頼りに美容旅を計画してみました。まずは、ソウルから車で1時間ほどのウェルビーイングリゾートへ。おこもりデトックスならここ!

    ライフスタイル

    2017年12月16日

  • ベトナム料理は本場で満喫、ホーチミン2泊3日食べ歩き!day2

    2日目も、街歩き。街がコンパクトなのもホーチミンのいいところ。ライターKのおいしいホーチミンアドレス帳と、毎日通ってしまう仕立屋さん、刺繍小物の店もリストアップ。

    ライフスタイル

    2017年12月14日

  • ベトナム料理は本場で満喫、ホーチミン2泊3日食べ歩き!day1

    野菜がたくさんいただける、と、流行りのベトナム料理。3年ぶりのホーチミンで、食いしん坊ライターKが、ハーブたっぷり、フルーツもたっぷりの本場ならではのグルメに舌鼓!深夜便で羽田から飛べば、早朝到着。帰りも深夜便早朝着なので、2泊でもじゅうぶん楽しめます!

    ライフスタイル

    2017年12月13日

  • タイのビーチを楽しむ、ラグジュアリーな隠れ家リゾート5選

    寒い日本を離れ、この冬はアジアンリゾートで休日を過ごしたい。そんな方にお薦めなのはタイの島々。いま北東モンスーンの季節にあたるタイは、蒸し暑くなくとても心地よい。でも、プーケット、サムイ、クラビなどの有名なリゾートエリアは、あまりにたくさんのホテルがあるので、どこを選べば良いのか迷いそう。そこで、ビーチの美しさやスパのメニュー、レストランの料理など全てがエクラ世代のニーズをクリアしているラグジュアリーなホテルをチョイスしてみました。メジャーなリゾートとは思えない隠れ家的なブライベート空間が、最高の休日を、約束してくれます。

    eclat五選

    2017年12月1日

FEATURE
ランキング