カジュアル、辛口、女らしい!アラフィーの新しい女性像 五選

2017年9月1日
年齢を重ねることで、さらに輝きを増すアラウンド50。そのリアルなスタイルを、エクラの3人のスタイリストと検証してみた。アラフィー=Jマダムのおしゃれはますます軽やかに、みずみずしく磨かれ続けている!

1.トレンドの色使い、素材使いでひと味違う大人カジュアル

「今のエクラ世代は、そばで見ていて思わずワクワクさせられるほど、カジュアルスタイルが素敵で上手。少ないアイテムで構成するカジュアルスタイルは、実は素材のクオリティの高さ、配色の妙、何を加えたかというところに、その人のセンスまでもが浮き彫りになるもの。ミニマルなスタイリングゆえ、かえってほのかに漂う大人ならではの気品や、どこか余裕あるムードが生まれるのでしょう」(スタイリスト 福田亜矢子さん)。
発色の美しいパープルのカシミヤウール素材のニット。太うねでカジュアル度の高いコーデュロイパンツと足もとはローファーを合わせて、今年らしいどこかクラシカルなムードを加えて。旬のハイライズのワイドシルエットパンツは、こっくり素材のネイビーカラーで大人のムードを加速。
ニット¥64,000・パンツ¥52,000(ともにブラミンク)・靴¥90,000(ジェイエムウエストン)/以上ブラミンク バングル¥15,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店(メゾン ボワネ) バッグ¥429,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング