春の肌作りが上手くいく「50代のファンデーション選び」

気合いを入れた装いには「きちんと肌」、リラックスした装いには「抜け感肌」。賢い大人なら、装いで使い分けている「肌選び」。新しく取り入れるべき最新のファンデーションとその使い方のコツを徹底調査!

 

大人の肌選び「きちんと肌」と「抜け感肌」の作り方

松本千登世(まつもとちとせ)

松本千登世(まつもとちとせ)

エディター・ライター。航空会社、広告代理店、出版社勤務を経てフリーランスに。雑誌やwebなどで美容記事、インタビュー記事、エッセーの執筆を中心に活動。近著『顔は言葉でできている!』(講談社)ほか著書多数。
\私が一緒に解説します/
ヘア&メイクアップ アーティスト 岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップ アーティスト 岡野瑞恵さん

大手化粧品メーカーのヘア&メイクを経て独立。数多くの女優から指名が絶えず、雑誌・広告・テレビなど多方面で活躍。大人のナチュラルな美しさを引き出すメイクに定評がある。

大人の肌の「装い方」とは?

作り込みすぎない「きちんと肌」

美容エディター・松本千登世 作り込みすぎない「きちんと肌」

手抜きに見えない「抜け感肌」

美容エディター・松本千登世 手抜きに見えない「抜け感肌」 

大人の洗練は、肌選びの「更新」から

ひと目惚れをして買ったメンズライクなダークネイビーのセットアップを、どきどきしながら初めて纏ったとき。さあ出かけようと、姿見に映った自分を見て、「えっ!?」と驚きました。一方、今日は気の置けない仲間とビストロで食事だからと、シンプルなニットにブラックデニム、スニーカーを合わせて出かけたときも、店に到着してすぐ、偶然、鏡に映り込んだ自分を見て、同じようにはっとして……。

その原因は、どちらも「肌」にありました。前者はきちんとしたシーンだから肌もきちんと作らなくちゃ、と力が入りすぎていて、冠婚葬祭のような正装感が漂い、後者はカジュアルなシーンだから肌もカジュアルでなくちゃ、と力が抜けすぎていて、まるで近所のコンビニに行くかのような、いかにも手抜きムードで、「あれっ? こんなはずじゃなかった」。全体で見たときの印象が、イメージとかけ離れていて、どちらも自分が思う印象年齢以上に老けて見えたからでした。

じつはここのところ、肌づくりに関して、「迷路」に入り込んだのを感じていました。肌も装いの一部だから、ファッションやシーンに合わせて肌も着替えるべきと、知らぬ間に作り上げていた、きちんとしたシーンには「カバー&マット」の肌、カジュアルなシーンには「軽く薄く&ツヤ」の肌というルール。なのに、狙ったはずの効果は得られていなくて、それどころかむしろ、裏目に出ているのを目(ま)の当たりにして、愕然としたのです。きちんと⇔カジュアル、マット⇔ツヤといった単純なベクトルでは、大人の肌づくりは上手くいかない、そう痛感させられました。

まわりの大人たちに、こんな私の本音をぶつけてみたところ「わかる、わかる!」「どうしたらいいの?」「正解を知りたい」の声、声、声……。皆、年齢と共に生じる「肌づくり」「肌選び」の違和感に、少なからず気づいていたのです。

そこで、洗練された大人美を提案し続けているヘア&メイクアップ アーティストの岡野瑞恵さんに、大人世代を代表して私の「もやもや」をぶつけてみました。「大人の2つの肌、どう装ったらいいですか?」。そこで見えてきたのは、「逆転の発想」。作り込みすぎない「きちんと肌」は、メリハリのあるツヤで。手抜きに見えない「抜け感肌」は、透けるマットで。思い込みとは逆の肌づくりをマスターすることで、トータルの洒落(しゃれ)感がぐっと際立つというのです。

私たちの今を輝かせる「きちんと肌」と「抜け感肌」。それを装うためには正しいファンデーション選びとちょっとしたひと工夫が大事。さあ、今こそ大人の肌選びのルールを、賢く更新しましょう。

「きちんと肌」向きファンデーション

きちんとした装いこそ、躍動感を宿した肌で軽やかに着こなすのが今の気分。「肌ノイズを覆い隠すのではなく、飛ばす」、上質なツヤをたたえたファンデーションに更新を。

“ていねいにスキンケアしたあとのような、上質でアライブなツヤでつくるのが大人肌の「きちんと感」”

“ていねいにスキンケアしたあとのような、上質でアライブなツヤでつくるのが大人肌の「きちんと感」”

顔の曲線を美しく見せるツヤの効果で、生命感と品を

松本 粗をカバーして「きちんと肌」にしようとするとどうしてもマットに白く浮いて、古くさい印象に……。

 

岡野 大人は顔色の悪さを気にしてファンデーションでトーンアップをねらいがち。だから、実際の肌より白っぽい色を選ぶうえに欠点を隠そうとマットにつくる傾向にありますよね。でも実は上品なツヤ肌を合わせるほうが適度な軽やかさが生まれて今っぽく、若々しく見えるんですよ。

 

松本 「常識」が覆される思いです。

 

岡野 とはいえ、顔全体をギラギラしたツヤで覆うと、キメの乱れが目立ったり、顔が大きく見えたり。だから顔の曲線を美しくきわだたせる上品なツヤかげん、というのが重要です。

 

松本 ぼやけた顔のラインも光で掘り起こされるし、顔色も明るくなって生命感と品が同時に宿る気が。

 

岡野 だから大人の「きちんと肌」に選びたいのは、塗っただけで肌の粗を自然にカバーしつつ、上品なツヤをまとわせるもの。上質でこなれた肌印象につながります。

肌のノイズをツヤでカバーする「きちんと肌ファンデーション」

肌のノイズをツヤでカバーする「きちんと肌ファンデーション」

1.カバーマーク スキンケア ジェリー ファンデーション

“みずみずしくほどけて溶け込むとぷるんと弾むユニークなジェリー”

美容成分たっぷりのジェリーが心地よくなじんだ途端、奥行きある均一な膜となって色ムラや凹凸をカバーし、ツヤとハリのある肌に。落としたあとまで続くスキンケア効果も大人向き。

SPF16・PA+ 全2色 各30g ¥16,500

 

2.資生堂 インウイ リキッドファンデーション

“内側から発光するような血色感。みずみずしいツヤが個性をきわだたせる”

軽やかなテクスチャーが肌にするするとのび広がり、肌や顔だちと一体化。セカンドスキン感覚で自然なツヤ肌に。スキンケア成分70%配合で仕上がりも心地よさも持続。

SPF50+・PA++++ 全5色 各30㎖ ¥8,800

 

3.ボビイ ブラウン インテンシブ セラム クリーム ファンデーション

“体温でとろける! スキンケア成分87%の濃密美容液クリーム”

世界三大漢方のひとつと呼ばれ「冬虫夏草」と「高麗人参」を配合した革新的なファンデーション。とろけるように肌と一体化し、極上の輝きで覆いながら、スキンケア効果を発揮。内側からいきいきとしたツヤとハリで満たす。

SPF25・PA++ 全5色 各30㎖ ¥11,550

肌のノイズをツヤでカバーする「きちんと肌ファンデーション」

1.アディクション ビューティ ザ ファンデーション リフトグロウ

“たったひと塗りで高い部分に光が集まり、リフト&グロウ!”

肌とシンクロする極薄の膜であらゆるノイズを自然にカバー。まるでハイライトのように顔の高い部分に光を集めて立体感を強調、洗練された肌印象に。美容液成分83%配合で、保湿力も抜群。

SPF20・PA++ 全11色 各30㎖ ¥6,600

 

2.ポール&ジョー ボーテ シースルー ヴェール コンパクト

“下地×ファンデーション×スキンケア、素肌がつやめくオールインワン”
美容液成分約90%配合で、スキンケアをしているかのようなみずみずしいつけ心地。プライマー以上ファンデーション未満の絶妙な補整効果を発揮しながら、つるんとなめらかなツヤをキープ。SPF25・PA++ 全2色 各¥6,050(セット価格)

 

3.プラダ ビューティ リヴィール スキン ファンデーション

“ふんわりとベールをかけたような自然なツヤが、スタイリッシュ!”

つけていることを忘れさせる心地よさでありながら、瞬時にキメを整え、光を拡散させて美肌フィルターをかけたように肌ノイズをオフ。スキンケア成分配合で、つけるたび、透明感や輝きが増すよう。

全8色 各30㎖(3/20発売)¥10,450

「抜け感肌」向きファンデーション

カジュアルスタイルをワンマイルウエアにしない肌こそ、大人の「抜け感肌」。更新すべきは"マット"の認識が変わる「奥に光を秘めた透けるマット」をかなえるファンデーション。

“上質な肌にパウダーをまとっただけ? と錯覚させるシースルーマットの絶妙抜け感”

“上質な肌にパウダーをまとっただけ? と錯覚させるシースルーマットの絶妙抜け感”

大人の肌は、柔らかく入れ込むことが秘訣!

松本 抜け感=リラックス感と思い込み、カジュアルな装いには透け透けのツヤ肌を合わせてきたけれど、薄化粧風すぎて手抜きのナチュラルメイクに見えたのか「メイクしてる?」「疲れてる?」「寝てないの?」といわれたこともしばしばで……。

 

岡野 カジュアルなシーンも逆転の発想をしてマットな肌を合わせると、俄然、しゃれ感が増しますよ。ただ、大人におすすめしたいのは、ツヤ肌よりもずっとずっと軽くつくるマット。もともとの肌がもつ光を帯びたヘルシーさが透けて見えるような「シースルーマット」なんです。

 

松本 するすると薄くのび広がってさらっととどまり、肌の質感が美しく整う、ここ数年で出てきている新感覚のマットファンデーションの質感ですね。もともと上質な素肌をもつ人が、気になるポイントだけをコンシーラーでささっとカバーして、極上のパウダーを薄く均一にまとったような、洗練された肌になれるよう。

 

岡野 下地やコンシーラー、パウダーをプラスすれば、さらにナチュラルとスタイリッシュをかけ合わせたような肌ができあがります。こんな「抜け感肌」なら、アイラインで遊んだり、リップでインパクトをもたせたりしても、品よく仕上がるはず。

肌の奥に光を感じる「抜け感肌ファンデーション」

肌の奥に光を感じる「抜け感肌ファンデーション」

1.アルビオン エクシア リキッドファンデーション

“光のコントロールでカバーもかなえ、美肌にカムフラージュするリキッド”

伸縮性に優れたネット上の極薄化粧膜が、肌と一体化してぴたりとフィット。美しくカバーしながら表情の動きとともに自在に伸縮し、つけたての透明感、立体感、素肌感が持続。

SPF28・PA+++ 全4色 各30g(3/17発売)¥8,800

 

2.TOERI クッションファンデーション

“ナチュラルでいてハイカバー、時間がたつほどなじむクッション”

厚みはないのに、光を拡散させて気になる部分をカバー。下地いらず、コンシーラーいらずでフィルターをかけたような肌に整え、落とすまでくすみのないつけたてトーンをキープ。

SPF46・PA+++ 全2色 各¥4,620(セット価格)/モデラート

 

3.THREE スムースオペレーター ハイパフォーマンスクリーム

“「魅せる」も「守る」もひと塗りでかなえるUVティンティドクリーム”

スキンケア感覚でさっとのばすだけで、凹凸や毛穴を瞬時に目立たなくしてトーンアップ。肌質を選ばず、紫外線対策も色補整もケアもかなえるマルチタイプ。

SPF50+・PA++++ 全3色 各30g(3/13発売)¥4,620

肌の奥に光を感じる「抜け感肌ファンデーション」

1.アルマーニ ビューティ デザイナー グロー ファンデーション

“まるで、肌を仕立て直したようにピュアでヘルシーな輝きが透ける”

つけた瞬間、ノイズが消え、くすみが晴れて思わず息をのむ、透明感満ちる肌へ。スキンケア成分配合で、内側から光を放つように透けるツヤと長時間続く潤いや心地よさを実現。

SPF15・PA+++ 全10色 各30㎖ ¥9,790

 

2.ルナソル クラリティフロウリクイド

“軽やかに毛穴や色ムラをカムフラージュするフォギーグロウ質感”

美容液のような潤いをたたえながら、肌にさらりと溶け込んで、仕上がりはつけていることを忘れるほど軽やか。水のようなツヤを奥の奥に秘めたシースルーマットが瞬時に。

SPF30・PA++ 全6色 各30㎖(3/8発売)¥6,930/カネボウ化粧品

 

3.パルファム・ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕プリズム・リーブル クッション ファンデーション

“立体感と透明感を瞬時にかなえる、すきのないフローレス仕上がり”

みずみずしいテクスチャーが軽やかに広がり、肌と一体化するや否や極上の光に包まれたような立体感と透明感を演出。スキンケア成分89%で心地よさが長時間持続。

SPF45・PA+++ 全6色 各¥9,240(セット価格)

大人に必須のプラスワンアイテム

「つくり込みすぎない」「手抜きに見えない」ための、効果的なひと手間も知っておきたい。下地などの"下支え"やパウダーなどの"上乗せ"で、肌の印象がより自然かつ軽やかに。

簡単なテクニックで印象がフレッシュに

松本 「きちんと感」「抜け感」という大人に必要な2つの肌もつくり方の発想転換でイメージや放つ雰囲気がこんなにも変わるのに驚き。さらにその「精度」を上げるコツは?

 

岡野 まず、ツヤで「きちんと感」を上げるポイントは、異なるツヤを重ねて立体感をつくり、顔の曲線を自然に見せること。下地のツヤ、パウダーのツヤ、ハイライトのツヤ、とファンデーションのツヤと重なってつくる陰影が洗練を生むんですね。

 

松本 表情が動くたび、光が揺れたり流れたり。すると不思議なことに、肌の粗もより気にならなくなる!

 

岡野 そしてマットの「抜け感肌」をより“こなれさせる”コツはヘルシーな血色感と立体感を仕込み、肌奥のツヤを透けさせること。そして気になる点はコンシーラーでピンポイントにカバーしたり、キメがすっと整うパウダーをさらりとまとわせるのも上質な素肌印象づくりに有効です。

 

松本 カバー感を見せずに、ヘルシーで上質な肌印象をアップさせるということですね。なるほど!

 

岡野 そして、「きちんと肌」も「抜け感肌」もファンデーションは最小限に抑えるのが成功の秘訣。そのうえでひと手間加えれば、より自然で軽やかな肌を演出できますよ。

つやめき肌の「きちんと感」にプラスワン

つやめき肌の「きちんと感」にプラスワン

1.SHISEIDO エッセンス スキングロウ プライマー

“ファンデーションの前に潤いを仕込んでなめらかに整え、ツヤ映えする肌に”

「潤いで満たして毛穴や小ジワを目立たせなくしておくと、ファンデーションのツヤがきわだって、なめらかな曲線が生まれます」(岡野さん)。美容液レベルのスキンケア成分で、瞬時に上質肌に。

SPF25・PA++ 30g ¥5,280

 

2.アディクション ビューティ スキンリフレクト セッティングパウダー

“研ぎすましたツヤのトップコートで、顔に美しいメリハリを”

「繊細に光をとらえるパウダーを薄く薄くまとわせることで、ツヤの中に陰影が生まれ、きゅっと引き締まった印象に」(岡野さん)。繊細なパウダーが軽やかなタッチで広がり、スムースで光沢感のある肌へ。

001 ¥4,620

 

3.シャネル ボーム エサンシエル リラ

“顔の高い位置に、フレッシュなツヤ・オン・ツヤで小顔印象に”

「ツヤ印象にポイントでぬれたようなツヤをプラスすることで光が集まり、立体感と透明感がアップ。頰の高い位置や眉骨の下などに加えるのが効果的」(岡野さん)。シアーなライラックカラーが上品な印象。

¥6,600

シースルーマット肌の「抜け感」にプラスワン

シースルーマット肌の「抜け感」にプラスワン

1.パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン フォーエヴァー グロウ マキシマイザー

“ぬれたように繊細なハイライトで、シースルーマットに透明感と立体感を”

「絶妙なパールが肌に溶け込むリキッドハイライターで光を加えれば、シースルーマットがフラットな印象になりません」(岡野さん)。つけたことを忘れるほど薄づき。下地やチークにも使えるマルチな一本。

ピーチー ¥5,940

 

2.パルファン・クリスチャン・ディオール ディオールスキン トーンアップ グロウ クッション

“カジュアルなシーンには奥に血色感と生命感をしのばせ、ヘルシーに”

「シースルーマットを堅苦しい印象にしないために下地で血色感と生命感を仕込み、ヘルシーさを感じさせること」(岡野さん)。アプリコットカラーが大人の味方。

SPF45・PA++ 01 ¥10,560(セット価格・ケースのみ限定発売)

 

3.コスメデコルテ ルース パウダー

“極薄パウダーで光をまとわせ、シースルーにさらなる奥行きを”

「ほのかな輝きを秘めた上質なパウダーで、めぐる光をプラス。ヘルシーなシースルーマットに上品な奥行きが生まれます」(岡野さん)。心地よさにうっとりするシルクタッチで溶け込み、華やかな光のベールに。

01 ¥6,050

 

4.セルヴォーク シームレス フェイスパレット

“厚みのないコンシーラーで、肌のノイズをカムフラージュ”

「厚みも浮きもなくカバーしたように見えないのに、肌のノイズが目立たなく。ファンデーションを最小限に抑えることができます」(岡野さん)。6種のカラー設計で、シミから毛穴の目立ちまでカムフラージュ。

01 ¥6,490

「50代のなりたい肌」実現の秋冬ファンデーション

その人の印象を決める肌、あなたはどう魅せる? 頼りになるのは進化しつづけるファンデーション。例年以上に秀作豊富な今季の新作ラインナップから、美のプロが乗り換え指名した名作ファンデーションを一挙公開!

抜群のカバー力【SUQQU】

美容ジャーナリスト 齋藤 薫さんが指名

【SUQQU ザ ファンデーション】

SUQQU

吸い付く密着感と端正な薄膜。塗ることが億劫でなくなるクリームファンデーション革命の一品

クリームタイプが苦手だった人まで、次々“クリーム派”にしてしまう伝説のファンデーションがまた進化して、いよいよ完成形へ。一言で言って、化粧感がないのに欠点がちゃんとカバーされる、不思議なくらいの“消えるカバー力”に驚きしかない。ただ素肌感というより、程よい正装感が生まれて、それが疲れた肌には嬉しいのだ。もちろんSUQQUだからツヤの描き方は見事。大人肌にツヤがありすぎると、逆に疲れて見えるのを知っている上品なツヤ。ともかく吸い付く密着感と端正な薄膜のなせる技で、クリームファンデーションを塗ることが億劫でも気重でもなくなるのは明らかに革命だと思う。

大人から絶大な支持を集めるクリームファンデーションが進化。とろみのあるオイル配合で、心地よさも上質なツヤもより長時間持続。すべて日本産という美容エキスを13種も贅沢にイン。SPF25~30・PA++〜+++ 全24色 各30g¥14,300

仕上がりの美しさが圧巻【カバーマーク】

美容ジャーナリスト 倉田真由美さんが指名

【カバーマーク スキンケア ジェリーファンデーション】

美容ジャーナリスト 倉田真由美さんが指名【カバーマーク スキンケア ジェリーファンデーション】

使い方斬新! 仕上がり圧巻! 今までの常識を覆す形状復元ファンデーション

クリームでもバームでもない、ぷるんとしたジェリー形状にまずびっくり。指の腹と手のひらを使ってジェリーをほぐすようにのせ広げる使い方も初めてで、最初はとまどったものの、仕上がりの自然な美しさは圧巻! 肌の上にピタッと密着するのに“メイクしている感”がなく、“みずみずしくなめらかな美肌”といった印象。ノイズのようなキメの乱れや小ジワを内側から目立たなくしてくれるのが特にすばらしく、つるんとしたハリのあるツヤ肌が誕生。下地もフェイスパウダーもいらない“オールインワンベースメイク”は、忙しいけどきれいになりたい私たちの頼れる味方であることは間違いない。

 

形状記憶型ジェリーがベース。色ムラをカバーするというより、厚みのある若々しい皮膚そのものを再現する発想も画期的。ヨレにくく色うつりもしにくく、つやめく肌が長時間続く。SPF16・PA+ 全2色 各30g ¥16,500

スキンケアもかなう【パルファム ジバンシイ】

美容ジャーナリスト 安倍佐和子さんが指名

【パルファム ジバンシイ 〔LVMHフレグランスブランズ〕 ソワン ノワール セラム ファンデーション】

美容ジャーナリスト 安倍佐和子さんが指名【パルファム ジバンシイ 〔LVMHフレグランスブランズ〕 ソワン ノワール セラム ファンデーション】

ハイスペックな配合成分、洗練された仕上がりと香り。疲れやすい大人肌を救うのはコレ

ジバンシイのプレミアムスキンケアライン「ソワン ノワール」独自のパワフルな海洋植物成分を贅沢に配合しただけでなく、こだわりの微粒子パウダーやタヒチ産のブラックパールを配合するなど、プロフィールは至高の美容液ファンデーションといえるほどハイスペック。重さゼロ、スムーズなのびとみずみずしく鮮度のあるツヤ感で、洗練された仕上がりに。付属のブラシで仕上げれば、印象はさらにランクアップ。肌からふわりと匂い立つ香りも高揚感をサポートしてくれるよう。疲れている日やがんばりたい日、一日をご機嫌で過ごしたい日には迷わずコレ。へたれやすい大人の肌を救ってくれるはず。

 

スキンケアと共通の有用成分をはじめ、バリア機能を整えるマリンプランクトンエキスなどケア効果に優れる成分を贅沢配合。さらにブラックパールを用いた独自の新処方でケア効果も仕上がりの美しさも持続。付属のブラシも秀逸と評判。全4色 各30㎖ ¥16,610

デイリーメイクの傑作【SHISEIDO】

美容コラムニスト 近藤須雅子さんが指名

【SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション】

美容コラムニスト 近藤須雅子さんが指名【SHISEIDO エッセンス スキングロウ ファンデーション】

メイク効果もケア効果もハイレベル。美意識が高い大人に応えるデイリーメイクの傑作

洗練されたメイク効果と美容液級のケア効果を兼ね備え、いずれもがハイレベル。そのうえ、ささっとのびてムラにならず、簡単きれいに使いこなせるデイリーメイクの傑作。仕上がりは、いきいきとつややかだけど不自然に光りすぎず、色ムラや毛穴をふわりとカムフラージュしてくれるけど能面のようにつるつるじゃない……という絶妙さ。素肌感を生かしながら、弱点は自然にやわらげたツヤ肌仕立てで、大人の高い美意識に応えてくれる。さらにメイクオフ後のふっくらみずみずしい肌に、優秀ケア成分てんこ盛りのトリートメント力を実感。

 

ナイアシンアミドとケフィア発酵エキスGL配合のリキッドはメイクもスキンケアも同レベルに満足させる新体験型。みずみずしく軽く、仕上がりも素肌も生命感あふれるツヤ肌に。SPF30・PA+++ 全12色 各30㎖ ¥7,590

素肌がきれいに見える【ベアミネラル】

美容ジャーナリスト 小田ユイコさんが指名

【ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッション】

美容ジャーナリスト 小田ユイコさんが指名【ベアミネラル オリジナル ピュア セラム カバーアップ クッション】

表情までゴキゲンに見える! メイクもお直しもこんなに心地よくできると毎日感動中

装うのではなく、肌そのものがキメ、ツヤ、ハリで満ち足りるクッション。どう見ても素肌がきれいとしかいえないところが稀有だし、ファンデーションをつけただけなのに表情までゴキゲンに見えるから不思議。気になるシミや毛穴は見えなくなるけれど、重苦しさはいっさいなく、カバーしているというよりはスキンケアしている感覚。メイクすること、メイクを直すことがこんなに心地いいなんて、と毎日感動中。ノンケミカルなのにSPF40・PA++++と日常紫外線からもしっかり守ってくれるので、秋冬のうっかり焼け防止にも。スリムで軽いコンパクトなので、バッグやポーチの中でもかさばらない。

 

“つけないよりも肌にいい”というコンセプトで美のプロにも人気のブランドから、初のクッションタイプが登場。ビタミンCをはじめ96%のスキンケア成分が素肌を満たしつつ、美肌仕上げもナチュラルにして完璧。SPF40・PA++++ 全4色 各11g ¥6,820

マイナス5歳肌【イヴ・サンローラン・ボーテ】

美容エディター 巽 香さんが指名

【イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポールクッションN】

美容エディター 巽 香さんが指名【イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポールクッションN】

密着感もツヤ感も快適さも、くずれにくさもマイナス5歳肌も。だから、毎日思わず手がのびる

YSLがいう「パーフェクトなリアル肌の実現」がついに真実になったと肌で体感。独自のBIOベースのネットワークが、肌になりすますようにピタピタッと密着。肌質感のカバー力はピカイチで、ひと塗りでくしゅっと萎んだキメの乱れも毛穴もするんとなめらかに整う。ナチュラルなツヤ感のあんばいも絶妙で、約94%が自然由来、約78%がスキンケア成分。よくぞこれをかなえてくれた! どんな環境下でも、ずっと肌は快適で、夜になってもほとんどくずれもくすみもなし。これを使うだけでマイナス5歳はいけそうなので、思わず毎日手がのびる。

 

YSLベストセラーのクッションが進化。YSL史上最大量の自然由来成分を配合し、仕上がり&フィット感、スキンケア効果がさらにパワーアップ。かぎりなくリアルで美しい肌仕上げに。SPF23・PA++ 新6色 ¥9,900

若々しいツヤ肌【アディクション】

美容エディター 藤井優美さんが指名

【アディクション ビューティ ザ ファンデーション リフトグロウ】

美容エディター 藤井優美さんが指名【アディクション ビューティ ザ ファンデーション リフトグロウ】

ピンとリフトアップされた若々しいツヤ肌を体感! スポンジの水使用も絶品仕上げに

厚塗り感はいっさいないのに、気になる肌のアラはするんと隠し、それでいて、まるでスキンケア後のようなフレッシュな印象の肌に。なによりすばらしいのが、顔を動かすたびに追従するツヤ。パールなどの人工感がなく、いかにも素肌から放たれているよう。しかも、ツヤが頰骨の高いところに集まるから、ピンとリフトアップしたようにも。このリキッド用に開発されたスポンジに水を含ませ、固く絞ってから使うと、フィット感とナチュラルさがよりアップし、肌もシャキッ。この仕上がりの美しさを一度味わったら使わない手はありません。

 

ストレッチリフトテクノロジーとトリプルグロウオイルのなせるツヤ感は、立体感まで操り、フレッシュな顔だちまで可能に。肌と一体化する快適薄膜でカバーの好みも自在。SPF20・PA++ 全11色 各30㎖ ¥6,600

下地と一体のオールインワン【ポール & ジョー ボーテ】

美容エディター 山崎敦子さんが指名

【ポール & ジョー ボーテ シースルー ヴェール コンパクト】

美容エディター 山崎敦子さんが指名【ポール & ジョー ボーテ シースルー ヴェール コンパクト】

オフだけでなくオンの日もヘビロテしたくなる、軽やかなオールインワンクッション

「下地とファンデーションが一体となった、シースルーなオールインワンクッション」と聞けば、カバー力は大丈夫?と思いがちだけど、見事なまでのフィット感。ポンポンとタッチしていくほどに軽やかにアラを覆い隠していく使い心地は目を見張るほど。仕上がりはというと、抜け感のあるナチュラルさで素肌そのものが美しい印象。90%が美容液成分というスキンケア効果も秀逸で、夕方になっても疲れ知らずの肌。クッションという手軽さで、朝のベースメイクもお直しも楽々だから、オフの日はもちろん、オンの日もこればかりに頼りきっている。

 

ソフトフォーカス効果のあるスクレジェル採用で、抜け感はありつつ毛穴や凹凸(おうとつ)をふんわりぼかす自然なカバースキルが優秀。5種の植物成分と3種のヒアルロン酸も配合。SPF25・PA++ 全2色 各12g ¥6,050

セミマット仕上げ【RMK Division】

美容エディター 中島 彩さんが指名

【RMK Division ラスティング ジェルクリーミィ ファンデーション】

美容エディター 中島 彩さんが指名【RMK Division ラスティング ジェルクリーミィ ファンデーション】

軽やかさ、保湿力、しゃれ感のあるセミマット仕上げ。手放せないポイントが満載

大人は抜け感や透明感は欲しいけれど、頼れるカバー力も欲しいのが正直なところ。それをかなえてくれるのがコレ! 今っぽい肌感に仕上げつつ、クリアスムージングジェルや光拡散効果の高いパウダー搭載で機能派な一面も。ジェル膜がゆるんだ肌を引き上げるようにピタッと寄り添って、シミをはじめ、毛穴やくすみなどのあらゆる悩みをほわんとカムフラージュしてくれる。しかも、ジェルならではの軽やかな気持ちよさとクリームならではの保湿力の高さ、ほどよいしゃれ感のあるセミマットな仕上がり、さらに持ちの秀逸さまで。手放せない!

 

クリアスムージングジェルを採用。毛穴をスムーズに整えつつ、ライトディフュージョンパウダーが光を拡散し、洗練されたフロストマットな仕上がりに。潤いながら表面サラリ。SPF19〜23・PA++ 全9色 各30g ¥6,050

絶妙リキッド【カネボウインターナショナルDiv.】

美容エディター 入江信子さんが指名

【カネボウインターナショナルDiv. カネボウ コンフォートスキン ウェア】

美容エディター 入江信子さんが指名【カネボウインターナショナルDiv. カネボウ コンフォートスキン ウェア】

肌のなりきりぶりが巧妙すぎる! アラフィーの肌の現実を理想に変える絶妙リキッド

肌になりきりつつ美しく見せる、今どきのファンデーション。でも、そのなりきりぶりがこんなに巧妙なリキッドがあっただろうか。塗った途端、「もとからここが私の居場所です」といわんばかりに肌に寄り添い、仕上がりはほぼ素肌。でありながら、見た目は確実にランクアップ。表面を光がふわんと走り、キメの乱れや色ムラもカバーされ、美肌に張り替えられたかのよう。だけど、「肌そのもの」という空気感はくずさないのだ。また夕方になると、肌との一体感が増してくるところもすばらしい。大人の肌の理想と現実の間(はざま)を埋めてくれる一本だ。

 

新技術のスキンコンフォートテクノロジーを搭載。ファンデーション膜がしなやかにフィットして、肌の凹凸に均一に密着、ふんわり明るい肌に。肌の潤いもキープ。SPF20〜26・PA++〜+++ 全8色 各30㎖ ¥6,930

光による立体感【資生堂】

美容エディター 松本千登世さんが指名

【資生堂 インウイ クリームファンデーション】

美容エディター 松本千登世さんが指名【資生堂 インウイ クリームファンデーション】

骨格や輪郭がきわだち、質感が研ぎすまされていく。この高揚を味わってほしい

高級クリームのようになめらかなテクスチャーがすーっと広がり、いつの間にか肌そのものに。顔の角度や表情が変わって、動くたびに光が映え、影が寄り添い、「えっ、私の顔?」と驚くほどの立体感と生命感があふれる。「肌を作る」のではなく骨格や輪郭をきわだたせ、質感を研ぎすまして「顔を創る」という印象なのだ。この出会いによって、ファンデーションが「メイクの始まり」から「スキンケアの仕上げ」の位置づけに。まとうたびにこれが私自身の素顔、と自信をくれ、未来に希望をくれるから。すべての大人にこの高揚を味わってほしい。

 

おしゃれ感度の高い女性が支持するインウイが20年以上の時を経て新生。2種のツヤ成分配合で、本来もつ骨格や血色感、肌の質感を引き立て、洗練され生命感ある仕上がりに。ケア成分も70%以上配合。ツヤ&潤いが持続。SPF30・PA++ 全5色 各30g¥8,800

美しい肌作りのためのサブアイテム

エクラ美容班が指名

下地にコンシーラー、ハイライト。優秀な脇役も豊富な今季のラインナップ。よりリアルに、より美しく完成度を上げる3つの傑作をエクラ美容班が激推し!
【50代がなりたい肌を実現】肌づくりの完成度を上げるコスメサブアイテム3選

副編集長Sが指名

【コスメデコルテ フローレススキン グロウライザー】

光を操りあらゆる悩みを消去。日々肌状態が定まらないアラフィーが頼るべきプライマー

ナチュラルなベージュカラーなのに、肌にのせた瞬間、ぱっと明るくなるのに感動!光を操り、毛穴や小ジワなどあらゆる悩みを飛ばしてくれるので、昨日はくすみ、今日は赤み……と、日々肌状態が定まらないアラフィーにとって頼りがいのある存在。内から発光する上品なツヤとふっくら感も持続。だから、一日中、幸せも持続。

 

独自の技術、スキンフュージョン グロウフィルターを搭載。内からにじみ出るツヤ感を演出しながら、色ムラ悩みも凹凸悩みも瞬時にカバーし、透明感をかなえるプライマー。保湿成分も豊富でスキンケア後のような肌に。SPF20・PA++ 30g ¥4,950

エクラ美容エディター ハラチノが指名

【ポーラ B.A 3D コンシーラー】

10代から悩み続けた“年期入りぐま”を簡単になきものに!

01のベージュを目のまわり全体に塗ってから、02のオレンジをくまの部分に重ねるだけで、瞬時に影も曇りもない冴え冴えの目もとに。毎日せっせと使っていたら、メイクオフ後の目もとのお疲れ感が日に日に払拭されていて、スキンケア効果もお見事。悩み続けていた“年期ぐま”をこんなに簡単に“なきもの”にできるなんて!

 

B.Aのアイゾーン研究から生まれたコンシーラー。独自新開発の3Dイルミネイト設計を搭載。光効果と均一膜のフィット、ケア効果、ハリ感テクスチャーが、色ムラカバーだけでなくくぼみやたるみによる影も払拭。全2色 各12g ¥6,930

エクラ美容担当Nが指名

【シャネル サブリマージュ ル コンサントレ ルミエール】

主張しすぎず存在感ある光沢感。まとうオーラは50代にこそふさわしい

ゴールドのジュエリーを身につけたときのようなつやめき、輝き、そして高揚感まで手に入る。主張しすぎず、でも存在感ある絶妙な光沢感は、50代の肌にこそふさわしい。表情の動きに合わせていきいきと光を放ち、“つい目で追ってしまう”ようなオーラをまとえる。サブリマージュならではのスキンケア効果も大人にはうれしい。

 

80%が水分のリキッドハイライター。大小の多彩なピグメントをちりばめたシャンパンカラーの軽いテクスチャーが肌に瞬時に溶け込むと、即座に最高峰のツヤが。ヴァニラ プラニフォリアなどケア成分も贅沢に配合。15㎖(10月27日発売)¥14,850

▼こちらの記事もチェック
  • 50代くすみ知らず!透明感をつくる「ベースメイクの極意」

    50代くすみ知らず!透明感をつくる「ベースメイクの極意」

    肌の透明感は、清潔感と生命力のある美しさの象徴。だけど、アラフィー世代はその透明感を失い、肌がくすみがち。ヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんが、くすみを払って大人肌に透明感を呼び起こす、肌づくりの極意をレクチャー。

  • 50代の肌はもっと輝く「透明感のある肌」の育て方

    50代の肌はもっと輝く「透明感のある肌」の育て方

    大人になるにつれて失われていく最も大切な印象は"透明感"にある。凛としたたたずまいも、思わず惹きつけられる肌の美しさも 透明感なくしては語れない。だからこそ、大人はどう育て、どう愛していくかが重要。その手立てを松本千登世さんと考える。

What's New

  • 【2024年上半期ベストコスメ大賞】 50代の肌に自信と艶を与える“名品コスメ”を発表!

    年齢を重ねるにつれてますますアクティブな日常を謳歌するエクラ世代。そんな女性をキラキラと輝かせ、余裕のある美しさを磨き上げる、新名品コスメが続々と登場した2024年上半期。数多くのコスメを使い、とことん吟味した選考委員が、これぞ大人に自信を与え「アラフィーの今」を花開かせる「ベストコスメ」と太鼓判を押す化粧品を発表。大人の肌にこそ、真剣に投資したくなる逸品がずらりと勢ぞろい!

    ビューティ特集

    2024年7月11日

  • 脱・疲れ顔!50代からの“幸せ顔”メイクまとめ

    「やせた?」「疲れてる?」と聞かれる頻度が高くなってきた。それは顔がこけてくぼみが出現し影を落としているのが原因かも!? エクラ世代の“3大くぼ地”をなかったことにする、超簡単テクを指南。

    ビューティ特集

    2024年6月14日

  • 【涼やかな鼻<まとめ>】顔の中心にはいつだって「涼やかな鼻」がいてほしい!

    最近、鼻まわりの質感も形もなんだか“暑苦しい”気がする……年齢とともに鼻の変化を感じている人は多いもの。そこで、美の達人がすっきり涼やかな鼻を手に入れるテクニックを伝授。スキンケアで、マッサージで、美鼻印象にチェンジ!

    ビューティ特集

    2024年5月29日

  • 結果重視!50代が頼るべき「4つの美容成分」徹底ガイド

    肌悩みが重層化、化粧品の効きすら鈍くなったと嘆くアラフィー世代に、シワやシミなど目の前のエイジングサインはもちろん、未来への投資にもなる美容成分を徹底ガイド。効果効能を知ることで、美肌へのBETは負けなしだ!

    ビューティ特集

    2024年5月28日

  • 50代にこの逸品!上質な透明感が肌に宿る“よどみ一掃”スキンケア

    エクラ世代にとって、くすみ以上に重くのしかかる「よどみ」。停滞したままのよどんだ印象を、いかにいきいきと澄みきったコンディションへ立て直すか。「面でとらえ、深く攻め込み」最新のブライトニングコスメで、よどみ一掃、透明感に悔いなき夏を!

    ビューティ特集

    2024年4月25日

Feature
Ranking
Follow Us